スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

園芸講座 第1回・球根ベゴニア講座 

 松江フォーゲルパークでは、今年から初めての企画として、園芸講座をはじめました。
今年は、年8回開催致します。
約2時間の予定で、植物の解説や、当園での管理方法などの説明の後、実際に植替えや、挿し木などの作業を体験していただけます。

第1回となる今回は、「球根ベゴニア講座」です。

DSC_1002.jpg

まずは、センターハウスに設けた会場で、球根ベゴニアの成り立ちや、その他のベゴニアなどについてお話しました。

DSC_1024_s.jpg

実際に展示されているスタンドタイプの球根ベゴニアを使って、球根の様子を説明しているところです。

ちょっとわかりにくいですが、右下の受け皿に入っているのが、掘り出した球根(塊茎)です。
皆さん熱心に覗き込んだり、メモを取ったりしながら聞いておられました。

DSC_1019.jpg

ちょっと場所を移して、球根ベゴニアの成長をご説明。


DSC_1091.jpg

前の写真ではお客様の影になっていますが、ベゴニアの成長過程の展示です。
種から、発芽、開花までの各ステージの鉢が、左から順に並んでいます。
約6ヶ月で播種したものが展示サイズにまで大きくなります。

よく、お客様から「ここまで育てるのに何年かかりますか?」と、ご質問いただきますが、
この展示の様に、大変成長の早い植物です。


DSC_1025.jpg

次は、普段は一般のお客様には非公開としている生産温室に場所を移して、当園での生産の様子などを見学していただきました。

当園で展示している植物は、すべてこの場所で育てたものです。

DSC_1040_s.jpg

そして、最後は実際に球根ベゴニアの植替え作業を体験していただきました。
気に入ったまだツボミのポット苗を、植え替えてもらいました。

写真には写っていませんが、もう一株ずつ作業を行ってもらっています。

ご自分の植え替えた鉢は、お持ち帰りです。

どんな花が咲くのかな?

次回、第2回は、4月13日「ゼラニウム講座」です。
好評につき定員はいっぱいなのですが、センターハウスでの講義の様子は御覧頂けます。
午前10:30からセンターハウスの会場にて開催します。



桜の開花も間近なこの時期、園内の花も一番の見頃を迎えています。
気温が高くなりすぎないので、花もふわっと大きく咲いています。

DSC_1068_sb_C_Red.jpg

その中から一枚。
ダリアのようなポンポン咲きの球根ベゴニアです。
カーネーションタイプに入ると思いますが、ここまで丸く花弁が詰まっているものは珍しいです。

DSC_1081_sb_ruf_y.jpg

いろんな色や形の花が咲いていますので、ぜひお気に入りのものを探してみてください。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。