スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とっとり花回廊からお友達が来てくれました。 

ピロロとポロロ のコピー

今日は、とっとり花回廊の大人気マスコット ピロロ(右)とポロロ(左)が当園に遊びに来てくれました。かわいいマスコットの登場に小さいお子様は大はしゃぎでした。

ピロロとポロロ のコピー2

じゃんけん大会やサイコロゲームで盛り上がっていました。チューリップの苗やフクロウのヌイグルミ、花の種が景品として配られ、ご家族揃って楽しんでもらえました。



先月から始まった、園芸講座の第2回目を開催しました。
今回は、ゼラニウム講座です。

ゼラニウムが日本へ渡来したのは、江戸時代末期で、「天竺葵」と呼ばれていました。
一般にゼラニウムと呼ばれている植物は、学術分類上は、フウロソウ科ペラルゴニウム属の植物です。分類上は、ペラルゴニウムと呼ぶのが正しいのですが、日本では園芸上、ゼラニウムと呼ばれています。
主に南アフリカ原産で、約270種の原種があるといわれています。

当園で展示しているのは、交配品種がほとんどですが、約100種が展示されています。

DSC_1755.jpg

Pelargonium 'Garten Director Herman'
大きな丸い白色の下部花弁と、紫色の上部花弁の品種です。
ごく最近から、展示を始めました。ちょっと珍しいかも。

スプラッシュ

Pelargonium Exotica 'Happy White'
星咲で、白い花弁に絵の具が飛び散ったような色が入る品種です。
こういった模様は、ペイントボックス(絵の具箱)と呼ばれています。

手入れ

今回の講座では、当園での手入れの体験や、挿し木での増やし方、植替えなどを体験していただきました。


挿し穂調整

挿し木は、展示品から気に入った花の枝を採集してもらいました。
その枝を、挿し木用に調整してもらっている様子です。

そのほかに、アイビーゼラニウムの挿し木や、ポット苗の植替えの体験などを行いました。
今回も体験していただいた鉢は、ご自宅にお持ち帰りです。

次回、第3回「春のフクシア講座」は、5月25日(日)に開催されます。


スポンサーサイト

桜とハリスホーク 

桜とタカ6
今日は、ファルコンショーを撮影に行きました。芝生広場で13:30から行われています。(天候によりセンターハウスで行われる場合あり)この広場には約20本の桜の樹が植えられています。植樹してからまだ数年と、小さい株ですが、花は満開でした。

桜とタカ4

天気が良く、タカも張り切って飛んでいるように見えました。

桜とタカ3-95

タカと桜、ありそうで無かったこの組み合わせ、予想以上にかっこよかったです。


エボシのヒナ 

前回紹介したリビングストンエボシドリのヒナが順調に育っています。
2008.3.30リビングヒナ0

現在、体重は126g。まだ飛ぶことは出来ませんが、足どりはしっかりしています。食欲も旺盛で、スタッフが近づくと鳴いてエサをおねだりします。

2008.3.27リビングヒナ1

こちらは生後17日頃(5日前)の画像です。成長の早さにビックリさせられます。


2008.3.27リビングヒナ3

生後17日頃の羽です。産毛の下からサヤに包まれた羽が伸びだしてきて、今では立派な羽になっています。



2008.3.30しずく1

こちらは、そば亭横のペンギンプールです。2月25日に2羽のペンギンが誕生しました。そのうち1羽を人工飼育しています。

2008.3.30しずく

人工飼育中のペンギンです。名前を「しずく」と付けました。昨年11月末に誕生した「ななみ」、「コジロウ」の兄妹です。現在の体重は1200gで、主にアジの切り身を与えています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。