スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とっとり花回廊からお友達が来てくれました。 

ピロロとポロロ のコピー

今日は、とっとり花回廊の大人気マスコット ピロロ(右)とポロロ(左)が当園に遊びに来てくれました。かわいいマスコットの登場に小さいお子様は大はしゃぎでした。

ピロロとポロロ のコピー2

じゃんけん大会やサイコロゲームで盛り上がっていました。チューリップの苗やフクロウのヌイグルミ、花の種が景品として配られ、ご家族揃って楽しんでもらえました。



先月から始まった、園芸講座の第2回目を開催しました。
今回は、ゼラニウム講座です。

ゼラニウムが日本へ渡来したのは、江戸時代末期で、「天竺葵」と呼ばれていました。
一般にゼラニウムと呼ばれている植物は、学術分類上は、フウロソウ科ペラルゴニウム属の植物です。分類上は、ペラルゴニウムと呼ぶのが正しいのですが、日本では園芸上、ゼラニウムと呼ばれています。
主に南アフリカ原産で、約270種の原種があるといわれています。

当園で展示しているのは、交配品種がほとんどですが、約100種が展示されています。

DSC_1755.jpg

Pelargonium 'Garten Director Herman'
大きな丸い白色の下部花弁と、紫色の上部花弁の品種です。
ごく最近から、展示を始めました。ちょっと珍しいかも。

スプラッシュ

Pelargonium Exotica 'Happy White'
星咲で、白い花弁に絵の具が飛び散ったような色が入る品種です。
こういった模様は、ペイントボックス(絵の具箱)と呼ばれています。

手入れ

今回の講座では、当園での手入れの体験や、挿し木での増やし方、植替えなどを体験していただきました。


挿し穂調整

挿し木は、展示品から気に入った花の枝を採集してもらいました。
その枝を、挿し木用に調整してもらっている様子です。

そのほかに、アイビーゼラニウムの挿し木や、ポット苗の植替えの体験などを行いました。
今回も体験していただいた鉢は、ご自宅にお持ち帰りです。

次回、第3回「春のフクシア講座」は、5月25日(日)に開催されます。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。