スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の水鳥ゾーンの様子 

1630.jpg
 ゴリちゃんを囲むように、6種類の鳥たちが集まっています。
まるでゴリちゃん先生が、「はい、みんな黒板に注目っ!」と言っている様ですね。

実際はショウジョウトキのエサの時間に、たまたま近くを散歩中のゴリちゃんでした。

今日は、上の写真の右の方に写っているピンク色の鳥を紹介します。
4630.jpg
 名前を、ベニヘラサギといいます。
一番の特徴はクチバシ。まるでしゃもじがついてるみたいなクチバシをしているのでヘラサギと呼ばれています。英名では、Roseate Spoonbill。やっぱりこの形からスプーンとついてますね。
エサの探し方も変わっていて、クチバシを地面すれすれで左右に振りながら歩き、その触感でエサを認識します。

5630.jpg
 当園には、1羽しかいないのでこんな感じでポツーンといることが多いですが、エサの時間になるとショウジョウトキに混じって飛んできます。
こちらは、ちょっと前に撮った写真ですので、後ろに生まれて間もない頃のコブハクチョウのヒナが、写っています。

スポンサーサイト

コシベニペリカンのヒナ。生後29日目です。 

1629.jpg
 熱帯系バードゾーン(トロピカルエイビアリー)で展示中のコシベニペリカンのヒナの様子です。

下に敷きつめられている木々は、ペリカンのために飼育スタッフがつくった巣です。
水鳥池でペリカンの親鳥が作っていたような、丸く木々が組み合わされている巣をイメージして作ってあります。
人から見ると硬くて居心地が悪そうですが、ヒナは居心地よさそうに腰をすえていました。

ペリカンのヒナというと、黒かったゴリちゃん(モモイロペリカン)のイメージが強かったので、真っ白なコシベニペリカンのヒナは、好感度高めです。

・・・ちなみに、生後1ヶ月頃のゴリちゃんは。。。
4629.jpg
・・・こんな黒い姿でした。。。

毎日の体重が、ボードに掲示してあります。
2629.jpg
9日前の前回のブログでは、1.34kgでした。
どんどん成長しているのが分かります。

3629.jpg
こちらは少し羽を広げていたのですが、こちらもゴリちゃんのヒナの時と比べると大きい感じがします。
それに、鳥っぽい姿です。。。

ヒナの成長はとても早いので、またブログの方でご紹介していきます。

コブハクチョウのヒナは元気 

1626.jpg

今日のコブハクチョウの様子です。
大きくなりましたね。首が長くなってりりしくなったような気がします。

2626.jpg

日中はほとんどの時間を水上で過ごしているようですね。
あいかわらず、親鳥のガードが固く、近づくと親鳥がカメラ前に来て「シャーッ」と鳴きます。

今後の成長も楽しみですね。



3626.jpg

こちらはパラダイスホールにいるオウカンエボシドリのペアです。
鳥とふれあいができるパラダイスコーナーの中ではオオハシ類が人気ですが、ちょっと大きいくちばしがこわいな、という方にはエボシドリがオススメ。
是非、手乗り体験してみてくださいね。

ふれあい体験の様子 

こちらはふくろうの手乗せ体験の様子です。

IMG_8322.jpg

この手に乗せているフクロウはミナミアフリカオオコノハズクの『このみ』です。
小さくて可愛らしくお子様の手にも乗る小型のフクロウです。
手に乗せてやさしくさわる事もできますので、ご来園した際には是非体験してみて下さい。

こちらの体験は15:00のフクロウショー終わりに行っております。
※お一人様1回200円となっております。



そしてこちらはペンギンのふれあい体験の様子です。

DSC_1200.jpg

こちらはペンギンをひざに乗せての記念撮影の様子です。
ペンギンのさわり心地を是非とも味わっていただきたいです。

ここで少しペンギンのふれあい体験に登場するペンギンの紹介を
させていただきます。

しずく

こちらが『しずく』です。
穏やかな性格の女の子、ちょっぴり怖がりやさんみたいです。

ななみ

こちらが『ななみ』です。
甘えん坊な女の子、物怖じしない子です。

尚、ペンギンのふれあい体験は土日祝日の16:00~16:30までとなっております。
※1回200円となっております。

鳥たちも皆様のお越しをおまちしております。


こゆきは夏季休暇に入ります。 

3623.jpg

いつもクールフェイスなシロフクロウの「こゆき」。そんな、こゆきにも1つ苦手なものがあります。それは「暑さ」です。北極圏に住んでいるシロフクロウは寒い所は得意ですが、暑い所は苦手です。

7623.jpg

最近は暑くなり、ショーの間に大きく口を開けて羽をおろし、「ハアハア」と息をしています。
そこで、こゆきに涼しい季節になるまでショーを休んでもらうことになりました。
こゆきにとっての少し早い夏休みといったところでしょうか。

4623.jpg

今期最後のショー出演、見事なフライトにお客様の歓声も大きかったです。

6623.jpg

また涼しくなってからのショーデビューをお待ち下さい。

8623.jpg

「涼しくなるまで待っててね!」



掛川花鳥園よりやってきたメンフクロウ
0623.jpg
掛川花鳥園から新しくメンフクロウが仲間入りしました。ちょっと怒りんぼうのメンフクロウです。名前はまだ無いので、「カオジロ君」と呼ばれてます。
掛川では兄弟がいましたが、その兄弟は富士花鳥園に行ってしまいました。

1623.jpg

ハイポーズ、背中の綿毛がまだ可愛らしく残っています。

2623.jpg

それにしても見事なハート型のお顔。
これからたくさん練習して、フクロウショーにデビューする予定です。
みなさんもうしばらくお待ち下さい。

ふれあいコーナー新設!! 

水鳥ゾーン(ウォーターフォールエイビアリー)にアヒルとアイガモのヒナふれあいコーナーができました。

0620.jpg

生後1週間のヒナ達。元気に動き回っています。

1620.jpg

ふれあいはどなたでもしていただけます。モモイロペリカンのゴリちゃんがいる温室を目指してください。

2620.jpg

どうです?可愛いですよね。お客様もにっこりです。

3620.jpg

ここで大きくなったヒナたちは、水鳥池に放す予定になっています。

みなさんふれあいに来てくださいね。

コシベニペリカンのヒナ 

1619.jpg

現在コシベニペリカンのヒナは熱帯系バードゾーンにて公開しています。
今日が孵化後20日目で、体重は1.34kg。昨日は1.2kgだったので、一日で140gも増えています。
すごい成長速度ですね。

2619.jpg

公開場所は、展示室の中ですので普段は大人しく寝ていますが、撮影に行ったときはちょうど飼育員がいたので手に乗せた状態で撮らせてもらいました。
順調に育ってほしいですね。

コブハクチョウのヒナ 

コブハクチョウのヒナは、順調に育っています。
8618.jpg
どうですか?大きくなりましたよね。
一羽は脚をもちあげて、くつろぎポーズしています。

7618.jpg
ヒナたちは、もうここになれた感じなんですが、親鳥の方はまだ警戒ムードたっぷりで、撮影のために近づきすぎると靴をかまれます。



1618.jpg
今日は、曇り空で蒸し暑い一日でした。ファルコンショーは今日も快調!!

2618.jpg
ハヤブサに負けじとフクロウ達もがんばってます。

4618.jpg
疑似餌をキャッチ!
以前の疑似餌と違い、拾い集めたカモの羽で作った大きい疑似餌になっていました。
空中で豪快にキャッチする様はお客様の歓声を呼びます。


5618.jpg
「捕まえたぞーっ。」

6618.jpg
「エッヘン!!」 
そんな感じです。

3618.jpg

ファルコンショーの花形、セーカーハヤブサはやっぱりかっこいいですね。

アイガモとアヒルのヒナ仲間入り 

ahirumagamo1.jpg

 アヒルとアイガモのヒナが仲間入りしました。
まだ、病気やケガをしていないかなどの検査中のため見ることは出来ませんが、今週の金曜(20日)からウォーターフォールエイビアリーにてふれあい体験を行う予定です。

ahirumagamo2.jpg

 左の黄色い方がアヒル、右のちょっと黒っぽい方がアイガモです。
ふれあい体験が始まったら、実際に見てさわって違いを確認してみてください。



 数日前に山陰地方も梅雨入りしたとニュースでありましたが、ここ数日は天気もよく、気温も涼しくすごしやすいです。

syo-1.jpg

 昨日のフクロウショーの様子です。
フクロウの迫力にお客さんも思わずのけぞってしまいます。

syo-5.jpg


syo-6.jpg


syo-3.jpg

 フクロウショー後の写真撮影です。フクロウにジッと見つめられて子供さんもちょっとたじたじです。
左端に写っている新人(鳥?)の「もみじ」も、活躍しています。

大賀蓮 

 ファルコンショー会場(芝生広場)から熱帯系バードゾーン(トロピカルエイビアリー)へと向かう歩廊の右脇に、直径約20mの池があります。
 この池には、大賀蓮が植わっています。
hasu1.jpg

大賀蓮とは?
1951年に大賀博士によって、今からおよそ2000年前(弥生時代)の地層から発見された種から発芽した蓮です。
博士の名にちなみ「大賀蓮」と名づけられました。

hasu2.jpg

毎日、池を見に行ってはいたのですが、今日ふと見るとつぼみがあることに気が付き、しかも数えるのに両手指が必要なくらいありました。
花は6月下旬から8月上旬頃まで見ることができます。



さて、こちらは温室内のスイレンです。
hasu3.jpg
‘Joey Tomocik’ 1993年 Strawn作

熱帯系バードゾーン内で咲く熱帯性スイレンです。
お気づきの方もいるかもしれませんが、この品種の花色は透明感のある薄い黄色なんですが、写真でとったら白い花になってしまいました、すいません。

いつもは温室の花に目がいきがちですが、ゆっくりと歩いていくと温室の外にも色々な花や植物があることに気が付かれる事と思います。
まだ来園されてない方も来園された方も少し足をとめてみてください。

コシベニペリカンのヒナ成長記録 

6月1日に紹介したコシベニペリカンのヒナ、2羽孵化していたのですが親鳥がまだ子育てが下手なため1羽は残念ながら落鳥しました。もう一羽も心配だったため、保護し人工飼育に切り替えました。

612kosibeni1.jpg

現在体重は455g、食後だったみたいですが、まだおねだりしていました。

612kosibeni2.jpg

ゴリちゃんを育てた飼育スタッフによって今回も愛情がいっぱいそそがれています。

612kosibeni3.jpg

エサはゴリちゃんのときと同じようにドジョウを与えています。大きさが15cm~20cmのドジョウを、今日は6匹食べたそうです。約150グラムも食べていますのでかなりの大食いですね。

612kosibeni4.jpg

元気に育ってほしいものです。
これからも成長の様子を随時更新できたらな、と思います。

松江フォーゲルパークの原点 

9日、10日と当松江フォーゲルパークのグループ園の加茂花菖蒲園(静岡県掛川市)に行って参りました。
グループ園と言いましてもココが原点で、ココから始まったのです。

kamosou1.jpg

加茂花菖蒲園の庄屋屋敷にある池です。
植物があり、鳥がいる、この画を拡大したのが富士花鳥園・松江フォーゲルパーク・掛川花鳥園・神戸花鳥園となっていきました。

kamosou2.jpg

花菖蒲園は、今が開花の最盛期です。
先にお断りしておきますが、写真の何倍もキレイです。
是非加茂花菖蒲園公式ブログもチェックしてください。

kamosou5.jpg


kamosou6.jpg


kamosou7.jpg

10日はとても天気がよく、団体バス、個人ともに多くのお客様にご来園いただけたようです。
カメラマンも多く、賑わっていました。




gyari-1.jpg

先ほどの加茂花菖蒲園からクルマで約20分の所にある掛川花鳥園です。
ギャリーさんによるファルコンショーを見てきました。
写真に収めることが出来なかったのですが、ハクトウワシのショーも迫力がありました。
ハクトウワシのショーは日本でギャリーさんしかしていません。ぜひおススメします。

fuji.jpg

コチラは富士花鳥園です。
天気が良ければ園のバックには富士山が見れるのですが、この日は曇り空で見ることはできませんでした。

各園ともに、それぞれの良さがあり、鳥・花・人の調和が感じられました。松江フォーゲルパークも古い歴史のある松江に調和する園にしたいです。

祝 ゴリちゃんのお誕生日 

ゴリちゃんの誕生会の様子をお送りします。
今回は肩に乗るのがお得意のモモイロペリカンのゴリちゃんは、6月2日で満一歳を迎えました。

まずはじめにゴリちゃんの登場シーンから

ゴリ登場

「ゴリちゃ~ん」っと呼ぶと会場まで駆け寄っての登場です。
歩いてくるペリカンというのも愛嬌があって可愛いです。

ゴリ台車にのってお披露目

そして台車にのせてもらって皆さんにご挨拶。
ゴリちゃん専用車です。

会場はお客さんでいっぱい

会場はお客様でいっぱいでした。

口を開けての

さっそく皆さんに肩に乗ってのエサのキャッチをお披露目。

ナイスキャッチ

お口を開けてナイスキャッチ!!
ちなみにエサはアジをたべてます。

クス玉を割ってオメデトウ

そしてゴリちゃんが自分でクス玉をわると・・・
中には「お誕生日おめでとう」っと書かれた垂れ幕が!
っといってもこの写真からではわかりずらかったですね。

プレゼントは鯛

そしてお誕生日を迎えたゴリちゃんにプレゼントを・・・
お誕生日でオメデタイっということで本物のをプレゼント。
ちなみに下に敷いてある氷の中には、冷凍したアジがたっぷりとはいってます。
とってもグルメなゴリちゃんですね。

鯛を食べるゴリ

すっかり気に入ってくれたのかおいしそうに一飲みでゴックンと食べてくれました。
ちゃんとノドにウロコなどがひっかからないように頭から食べるんですね。

終了

皆さんにお祝いしていただき、楽しい誕生会を迎えることが出来ました。
ゴリちゃんに代わりましてここでお礼申しあげます。
会場まで足を運んでいただいた皆様ありがとうございました。

これからもゴリちゃんの活躍にご期待ください。

サスケの換羽終了後… 

kanugo1.jpg

 先日ご紹介した、換羽中だったケープペンギンのサスケです。
今日写真を撮りに行ったところ、換羽も終わってキレイな姿になっていました♪
プールで待機中のサスケ、ちょっと眠そうです。

kanugo2.jpg

サスケ、換羽中はプールで留守番でしたが、今日から散歩にも参加です。
赤いリボンがサスケ、緑のリボンは新たに加わったコジロウです。

kanugo5.jpg

全員揃ったところでしゅっぱーつ!!

コジロウもお兄ちゃん、おねえちゃんについていきます。
コジロウは小さい頃からお客さんとのふれあいをしてきましたので、一番人懐っこいかもしれません。

kanugo3.jpg

それにしてもちょっとこのお腹は…

kanugo6.jpg

毎日2回の散歩でサスケのおなかも引っ込むことでしょう。
皆さんも一緒に散歩に参加してくださいね。

ペンギンの散歩  毎日 10:30~  14:00~

ゴリちゃんは1才になりました。 

ゴリ若い頃1

6月2日はモモイロペリカンのゴリちゃんの誕生日でした。これから紹介する画像は、お客様から提供して頂いたゴリちゃんの若い頃の画像です。羽根色が黒いですね。

ゴリ若い頃2

横になって寝てますね。

ゴリ若い頃3

飼育員が置いたかぼちゃで遊んでいます。

ゴリ若い頃4

初めてウォーターフォールエイビアリーに来たときのゴリちゃん。戸惑っているようですね、かしこまってます。

ゴリ若い頃5

「はじめまして、モモイロペリカンのゴリです。」といった感じでしょうか。

ゴリ現在

こちらは今日のゴリちゃんの画像です。
食事中のショウジョウトキ・アフリカクロトキ・ハゲトキの所へ、遊んでほしかったのかゴリちゃんが近づいていきました。

が・・・

皆に逃げられてしまいました。

ゴリ現在2

産まれてほんの1年で体がこんなに大きくなりました。
まだまだ遊びたい盛りの子供です。

肩乗りペリカンのゴリちゃんショーは、毎日13:00から行われていますが、ゴリちゃんは水鳥の温室にいつでもいます。普段のゴリちゃんも見ていてけっこうおもしろいですよ。
見に来てね。


コシベニペリカンのヒナ誕生 

コシベニ抱卵

今回はコシベニペリカンのヒナ誕生ということで、まずは抱卵の様子です。普段は近くまで近寄ると逃げてしまうみたいですが、卵を温めているのでなかなか離れませんでした。

コシベニ孵化前

またまた少しお邪魔させてもらいました。毎度毎度申し訳ない気がしますが・・・。
卵の様子を見させてもらいました。

コシベニヒナ&はしうち

そして昨日卵を温めていたコシベニペリカンの様子をみにいったところ・・・
もうすでにヒナが誕生していました。
元気な様子でしっかりと鳴き声も聞こえました。
左に見えるのは卵ですがもうすでにはしうちを始めていました。もう少しだ。がんばれ!っと心の中で応援してしまいますね。

コシベニヒナ&卵

ペリカンのヒナは個人的には、あまりかわいいものでもないきが・・・。などと思ってしまいましたが、これが自然の姿です。これからのペリカンの成長をまた追いかけて皆さんにご紹介できればと思いますので、次回のペリカンの姿を想像しつつお待ち下さい。



コブハク毛繕い1

今日のコブハクチョウの親子は、毛づくろいの練習でしょうか?
親子揃っての毛ずくろい。やはり親が見本となって子を育ててるんですね。

コブハク毛繕い2

もう一つオマケに毛ずくろいの画をどうぞ。

コブハク毛繕い3

日に日に大きくなっていきますね。
すこし会話を想像してみました。
(左)『まだ眠たいよ~。』(右)『はやく遊ぼうよ!』
っという会話をしているように見えます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。