スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お知らせ 

お知らせ
明日10/1~営業時間が変更になります。
4月~9月までの営業時間は9:00~18:30(最終入園17:45)
明日10月1日~3月31日までの営業時間は9:00~17:00(最終入園16:15)
になります。お間違いの無いようお願い致します。


ここ最近は日中が過ごしやすい日が続いています。
外の芝生広場で行われるファルコンショーも好調です。

1930.jpg
セーカーハヤブサもハリスホークも気持ち良さそうに空を舞ってくれます。

2930.jpg
お昼からご来園の場合は、13:00にゴリちゃんショー、13:30にファルコンショー、14:00にペンギンの散歩、14:30にペリカンの餌付け、15:00にフクロウショー、というコースで見ていただくのがおすすめです。

山の散歩もいいですが、園内を回廊にそってゆっくり歩くのも気持ち良いですよ。

スポンサーサイト

水鳥池 

今日は水鳥池の様子を撮影しました。


コクチョウの鳴き声です。
二羽が首を上下に揺らしながら近づき、お互いを呼び合ってるかのような様子でした。

同じかも池にてペリカンの餌付けも行われています。
肩乗りペリカンのゴリちゃんでお馴染みのモモイロペリカンや、ブログのほうで何度か
紹介したコシベニペリカンなどもいます。


手前の大きい3羽がモモイロペリカンです。
この大きなペリカン達が、大きな口で迫力あるエサのキャッチを見せてくれますよ。
こちらのペリカンの餌付けは・・・
午前10:45~と午後14:30~の1日2回行っております。

ペンギンが抱卵しています。 

1928.jpg
そば亭『不昧庵』横のペンギンプールで1羽のケープペンギンが抱卵をしています。


エサの時間になり、他のペンギンがまっしぐらにバードスタッフのもとへ駆け寄る中、じっと卵を温め続けている母ペンギンです。
通常ケープペンギンは2個の卵を産みます、スタッフが確認した所まだ一個しかなかったので数日中にはもう一個生むだろうとのことです。


この中にお父さんペンギンもいますが、食事が終わると母ペンギンの前に立ち、しっかりと見張りをしています。

2928.jpg
こちらが母ペンギンの前で見張る父ペンギンです。右の大きなお腹のペンギンは、今年の2月にこの母ペンギンが産んだ子供です。お父さんと一緒に見張りをしているんでしょうかね。
園内におとずれた際には、優しく見守ってあげて下さいね。


渡り鳥第一号 

水鳥の池に渡り鳥のホシハジロが確認できました。


今年最初の渡り鳥です。動画のズームで撮ってみました。

2927.jpg
もうちょっと慣れたら近くまでエサをもらいに来るのですが、今日はこの距離を保ってこちらの様子を見ていました。

3927.jpg
(昨年の画像)
ホシハジロは、潜水の得意な中型のカモです。この画像はオス

1927.jpg
(昨年の画像)
水鳥池は、冬が一番賑わっています。ホシハジロの他に、キンクロハジロも多くやってきます。たくさんの渡り鳥達が宍道湖よりもここを気に入ってくれてるみたいです。今年も楽しみです。

アヒル 

昨日から一羽のアヒルが水鳥温室で暮らしています。

1926.jpg
この子は水鳥池で怪我をして、バードスタッフの手によって治療を受けていたそうです。
傷はすっかり良くなりましたが、とても良く慣れているアヒルなので、水鳥池には戻さず水鳥温室でふれあい鳥として活躍してもらうことになりました。


インドクジャクとなにやら話し込んでる見たいですね。2羽の後姿がかわいいです。

2926.jpg
クビワコガモのメスにもご挨拶。

モモイロぺリカンのゴリちゃんがいる温室にいますので会いに来てくださいね。

水の上を走る!? 

今日は久々にフラミンゴの様子です。
まずは下の写真をご覧下さい。
1925B.jpg
なんだかバシャバシャと水の音が聞こえてきたので、カメラを向けると…!?
写真を見ていただくとわかるかと思いますが、水上を走っていました。
後ろに見える水しぶきが物語っていますが結構な速さで走っていました。
2925B.jpg
右足が沈む前に左足を、左足が沈む前に右足をっとかなりすばやい動きで水上を
走っていました。

3925B.jpg
かなりの早業で中々うまくカメラに収めれませんでした。

4925B.jpg
そうこうしているうちに陸地に上がって一息ついていました。
さすがに疲れた様子で、なんだか前足を顔に近づけて額の汗を拭っているようにみえました。
※良い子のみんなは真似をしないでね。

ふれあいに出てたあのカモ達は今!? 

ブログのほうで何度かご紹介した、ふれあいに出ていたアヒルとアイガモのヒナ達です。
大きくなってきたのでふれあい会場のウォーターフォールエイビアリー(水鳥温室)を後にして、今度は水鳥池で皆さんの御来園をお迎えする事になりました。
今日は、その『もと』ヒナ達の様子をお届けします。

1923a.jpg
今は一旦別の場所に移動して待機中です。
これから水鳥池に放されるのは約2週間後。

2923a.jpg
体格は大きくなりましたが、羽根はまだ生え変わっていきます。

3923a.jpg
ついこの前までは『ピヨピヨ』っと可愛らしい声で鳴いていたように思いますが、ヒナの成長は早いものですね。
アヒルの羽色はまだまだ黄色っぽいですが、すっかり形は大人びてきています。
一方のアイガモは真っ黒や首が白いものなど様々な特徴を持っています。
また、水鳥池に放す様子もこちらでご紹介しますので次回をお待ちくださいね。

フラワーオークション 

今日はフラワーオークションが園内でありましたので、その様子をお伝えします。
ちなみに10月19日と11月9日にも開催しますので、ぜひご参加下さい。

1923.jpg


2923.jpg
出品されるのは、普段花売店には並ばないような大鉢から、額に飾った鳥の羽根など。


3923.jpg
オークションに出展される中には100円からスタートする物もあります。
高値がつくと会場では『おぉ~』っといった驚きの声があがったりしていました。

4923.jpg
こちらのお子様も笑顔満点で落札してくれました。
何を落札してくれたのかな?

5923.jpg
メンフクロウの羽を落札しました。

次回、フラワーオークションは…

 平成20年10月19日(日) と 平成20年11月9日(日)
 時間 11:30~
 場所 センターハウス(ピアノ周辺です。) 


を予定しています。

どなたでも参加できます(入園料別途)。
あなたのお気に入りの一品が格安で買えるかも知れませんよ。
ぜひご来園下さい。お待ちしています。

お引越し 

昨日に引き続きホオジロカンムリヅルの話題です。

1922.jpg
水鳥温室(ウォーターフォールエイビアリー)にいたホオジロカンムリヅルが数羽ほど引越しとなりました。場所は動く歩道の入口脇です。

2922.jpg
一番の特徴である冠、かっこいいですよね。

3922.jpg
シロクジャクも同居しています。
オスが1羽、メスが1羽、常に仲良く移動しています。

4922.jpg
もう環境にはなれたようで、求愛のポーズをしていました。
オスとメスは見た目は同じですが、メスのほうが体格が小さいそうです。(写真は右がオス 左がメス)

ホオジロカンムリヅル 

仲良しなホオジロカンムリヅル 
今日は二羽の仲良しなカンムリヅルの様子。

1920.jpg
なにやら二羽が互いに顔をちかづけていました。
毛づくろいでもするのかと思いそのままカメラを持ったまま見ていた所…

2920.jpg
カメラを構えてるこちらが、少し恥ずかしくなる様な光景でした。

3920.jpg
そのままカメラを持って待ち構えていると…

4920.jpg
さすがにこちらに気が付いたようすで…

5920.jpg
そのまま木陰に隠れていきました。
その先は二羽だけの世界がまっているんでしょうかね?
そんなホオジロカンムリヅルの姿を見かけたらどうか静かに見守ってあげて下さいね。

ゴリちゃんのおかしな食べ方 

ゴリちゃんの変わった食事の仕方??

今日は、ちょっと変ったゴリちゃんがエサを食べる様子をご紹介します。
ちょうどショーが終わった頃に、エサを食べていたゴリちゃんです。
1935.jpg
下に落ちたエサを食べるうちに、ゴリちゃんの顔がだんだん横向きに・・・
2935.jpg

3935.jpg
顔が右へ左へと代わる代わるエサを食べようとしていました。

4935.jpg
少し顔をアップで撮ってみるとこれが少し面白く、顔は横向きなのに対して
目線はなぜかカメラにくれました。
5935.jpg
同じ位置から続けて撮ると、顔が動かずにクチバシだけが動いていますね。

6935.jpg
飼育スタッフに聞いてみると捕食の練習をしているんだよ っとの事。
肩乗りだけでなく色々な一面を見せてくれるゴリちゃんでした。

マガモ 

                    マガモ。 
このマガモは、ウォーターフォールエイビアリー(水鳥温室)にいます。
このマガモ最近は人に慣れてきた様子で、今日はそんな様子を撮りにいきました。
1919.jpg
人が近くに寄って行くとエサがもらえるかと思って近づいてきます。

2919.jpg
手を差し出してみるとカプッとかんできました。
そんな仕草がちょっと可愛らしいんです。


動画でもとってみました。
エサがないのが分かると一旦は引き返すのですが、また手を差し出して待っていると
寄ってきてくれます。

3919.jpg
オマケの一枚。
少しピントがずれてしまいましたが…
水中に頭をもぐらせての様子ですが。。。
これはまさに頭隠して尻隠さずっといったところの一枚でしょうか。

ペンギンプールの様子 

今日はそば亭横のペンギンプールの様子です。
1918.jpg

バードスタッフの口笛に猛ダッシュ(?)でやってきます。
走ってくる子や、プールに飛び込んで近道してくる子もいます。

2918.jpg
気づいたら大きい岩の上に「ミドピン」が登ってます。結構高さのある岩なのにどうやって登ったんでしょうか?撮り損ねました。
高いところからみんなを見てご機嫌な顔してますね。

3918.jpg
すると何かの拍子に一斉にプールの中へ!!「みんなー、俺につづけーっ」

4918.jpg
みんなで一緒の行動をするので見ていて面白いですね。
ビュンビュンと飛ぶように泳いでいきます。

インドクジャク 

1917.jpg
今日紹介するのは、水鳥温室のインドクジャクです。
普段、鳥の撮影に行くと人の通りから離れた奥のほうにいるんですが今日はかなり間近に来てくれました。
最近はじめた、ふれあいえさやりコーナーのおかげでしょうか?


手からもエサを食べてくれますが、これが出雲弁で言うところの「はばしい」。上手く一個づつ食べるというよりも勢い良く頭ごとエサのカップの中に突っ込んできます。


2917.jpg
クジャクといえば見事な尾羽なんですが、今はこのように生えてくる途中のようです。

3917.jpg
メスのインドクジャクもどんどん前へ出てきます。以前は壁際の植物の後ろでじっとしていることが多かったので、いざ撮影しようとすると探すのが大変でした。

水鳥温室の鳥たちは、ますます人に慣れてきてとても楽しいですよ。



昨日から掛川花鳥園・神戸花鳥園・富士花鳥園からスタッフが情報交換をかねて研修に来ています。

4917.jpg
さすが!!高度な2羽乗せ!!後ろに写っているのは掛川花鳥園のギャリーさんです。ギャリーさんからは、各園のスタッフがファルコンショーの指導を受けていました。


遠方からのお客様にふれあい温室の鳥たちもうれしそうでした。

池のほとりで和む水鳥 

今日は少し遅い時間に水鳥池を撮りにいきました。
すると手すりでカモたちが、毛づくろいをしていました。
1933.jpg
まずは遠くから一枚。
一生懸命毛づくろいをしているのかな?っと思いもう少し近づいてみると…

2933.jpg
やっぱり毛づくろいに夢中みたいでした。

3933.jpg
もう少し近づいてもう一枚。
ん~なんだか井戸端会議みたいで面白い構図です。

右『最近どう?』

中『ん~ぼちぼち…ボリボリ(毛づくろい)』

左『っていうか、秋だね~…』
っというような他愛もない会話でもしていたんでしょうかねぇ?
普段は池の中で見られる水鳥たちもたまにはこんな気が抜ける時間もあるのでしょうか。
そんな風に考えるとなんんだかほのぼのした様子にみえたカモ達でした。

今日の様子 

今日は園内の様子をご紹介します。
三連休の最終日、たくさんのお客様にご来園いただきました。

1915.jpg
こちらはもはや名コンビの佐藤君とゴリちゃん。
ゴリちゃんの迫力に皆さん大喜びでした。

2915.jpg
ファルコンショーです。
すっきりしない曇り空でしたが雨は無く、芝生広場がたくさんのお客様で賑わいました。

3915.jpg
水鳥池の様子。


4915.jpg
最近、名前の付いたメンフクロウの「しん」も大勢のお客様を前に堂々と演技できるようになりました。
頼もしいですね。

5915.jpg
ペンギンのお散歩は始まる前からこの人だかり。可愛さ人気はペンギンが一番のようですね。

夏休みに戻ったかのような子供たちの元気な声に、とってもにぎやかな園内でした。

園内の鳥で一番名前が・・・ 

             園内の鳥達の名前(和名)で一番…  

ふとした疑問ですが、ここ松江フォーゲルパークで一番名前が長い鳥、あるいは名前が短い鳥って
なんだろう?っと思い立ちここでご紹介しようと思います。

園内の鳥たちで一番名前が短い鳥は…
この鳥です。
1914.jpg


名前はレアです。二文字でとっても覚えやすいですね。
このレアは園内に入って動く歩道の手前にて見ていただけます。


逆に一番名前が長いのは?
なんでしょうか?
2914.jpg
答えはこのフクロウでした。

3914.jpg
みなさんも目にしたことがあるかもしれません。
答えはこのミナミアフリカオオコノハズクです。文字数は14文字と園内では一番長い名前でした。
姉妹園の掛川花鳥園のポポちゃんが有名ですね。
あの細くなったりするフクロウです。

オマケの一枚。。。。
4914.jpg
ミナミアフリカオオコノハズクの目線がなんだか遠く、個人的には好きな一枚です。

久々にゴリちゃんです。 

                ゴリちゃんの撮影
今日は先日ゴリちゃんを花の中での撮影した様子のご紹介。

1913.jpg
始めは少し落ち着かない様子のゴリちゃん。
が、やはりTV出演などもこなしているのですっかり慣れっこになっているのか写真を撮っている内にすっかりモデルさん?ですね。花鳥っと言う言葉が、しっくりとくるんではないでしょうか。

2913.jpg
お客様にも人気のお花のトンネルです。ゴリちゃんの差し出した羽に彼女の肩があればもっといい画になりそうな…。

3913.jpg
スタンドベゴニアのひな壇の前で大きな口を開けての一枚です。
めったにセンターハウス(花の温室)には連れてこないので、貴重な一枚ですよ。

4913.jpg
そして羽を広げるゴリちゃん、とってもかっこいいのですが乗せてるバードスタッフは必死です。

花のスタッフには悪いのですが、大輪のベゴニアがゴリちゃんの大きさのせいで小さく見えちゃいますね。花が小さいのではありません、ゴリが大きいのです。
花の大きさをわかってもらうにはゴリちゃんは少し大きすぎましたね。
ちなみにゴリちゃん、翼を広げると約3mで、物に例えるならば乗用車の長さにあたります。
※普段、ゴリちゃんはウォーターフォールエイビアリー(水鳥温室)にいますので、
 お間違いの無いようお願い致します。

美しい音色が聞こえてきました。 

                     耳をすませば
今日は少し耳を澄ましてみて下さい。

スタンドベゴニアの脇から秋らしい聞き覚えのある音色が聞こえてきます。

どんなのが音の主なんでしょうか?


答えはこの虫です。鈴虫です。
なんとも涼しげな音色ですが、この鈴虫の音色は鈴虫がお相手を探しているんです。
そう考えるといつもは涼しそうな音色ですが、少しいつもより情熱的に聞こえてきます。
外はまだ少し暑い日々が続いていますが、少しずつ秋の装いも始まっているようです。


石見神楽  大蛇 

昨晩行われた夜間パーティーにて石見神楽が披露されましたのでその様子をご覧下さい。
1910.jpg
演目は石見神楽でも代表的な、八岐大蛇。会場は普段フクロウショーに使われている所です。
私自身このように本格的な神楽は見たことないので楽しみでした。
8匹の大蛇の登場にみなさん釘付けでした。

2910.jpg
8匹の大蛇が渦を巻くようにからみあっているシーンです。あまりの迫力に会場全体から拍手が送られていました。

約110名のお客様の半数は外国の方ということで、伝統的な神楽に大変満足されていました。

鳥達の休息 

                            鳥達の休息
普段じっと止まり木に止まっていて疲れてそうですが、しっかり休息を
とっている時もあります。
5982.jpg
こちらはリビングストンエボシドリです。
普段こんな感じで、木に止まっているのはよく見かけます。

3982.jpg
この様子をみるとお腹を木に乗せてます。
これ実はリラックスしてるんです。

1982.jpg
こちらはオウカンエボシドリです。

2982.jpg
このモフッとした感じのお腹がなんだかとても私的に好きなんですが…。
もちろん他の鳥たちでも見受けられる光景です。
長屋門にいるフクロウ達でもときおりそんな光景を見れます。


動画でも撮ってみました。

4982.jpg
オマケの一枚。こちらはカンムリエボシドリ。
カメラを構えると、こちらに目線をくれてます。
ん~なんだか挑戦的?な感じがしますね。
まだまだ色々と紹介しきれない鳥たちの姿もありますので、次回もこうご期待!

好評でしたので… 

ペリカンとヨウムのふれあい体験

前回、ペリカンのイブキを散歩に出したところ、お客様に好評でしたのでふれあい体験をすることになりました。時間は15:30から16:00までです。
199.jpg
場所は、熱帯鳥温室(トロピカルエイビアリー)のペンギンプール横です。
ペンギンたちも大注目の新人君です。

299.jpg
ゴリちゃんに比べて小型のペリカンですのでお客様の中には「ゴリちゃんの子供ですか?」と聞く方もおられます。

399.jpg
カメラの前で翼を広げるポーズ!!サービス精神も旺盛です。



599.jpg
ヨウムの手乗せも人気です。
同じく熱帯鳥温室(トロピカルエイビアリー)のペンギンプールの横で15:30~16:00です。

699.jpg
ヨウムのヒヨちゃんは、誰の腕でも乗ってきます。
私も乗せてみたのですが、鳥の体温の高さをじかに感じることが出来ました。

799.jpg

小さなお子様でも安全なのでご来園の際にはぜひ体験してみて下さい。

コフラミンゴはこんな鳴き声 


ブーッブーッといいますか、グーッグーッと聞こえますね。
近づいて撮影を試みた私への威嚇の鳴き声のようです。田舎者の私にはウシガエルの鳴き声に似ているように思えます。

198.jpg細長ーい足で首をかいてます。

298.jpg動画を撮る際に威嚇されましたので、今度は望遠カメラで狙ってみたのですが、しっかり目線はこっちに向いてますね。
まだ緊張気味なコフラミンゴですが、こんどはぜひ翼を広げている姿など撮って見たいですね。

仲良しなインコ 

                        仲良しなインコ

熱帯系バードゾーンには仲良しな鳥たちが見られます。
今日はそんな二羽の様子。
297.jpg
この鳥はモモイロインコという鳥です。
熱帯系バードゾーンに入ってすぐそばの展示室にいる鳥です。

197.jpg
翼をのばしてリラックス、リラックス…。

かと、思いきやお隣の二羽があまりにもリラックスしすぎで…。

撮影しながらも、個人的にはすこし直視しずらい気が…。
もうすっかり二羽だけの世界に入っていますね。
これも鳥の愛情表現なんでしょうね。
なにはともあれ、仲良しな事はとってもいいことですよね。

ツクシガモのアップ 

水鳥ゾーンに新たなふれあい用のエサ(ふれあい料金100円)が設置されました。
園のオープン当初は人が来ると木の上に逃げていた鳥たちでしたが、今ではとても慣れていて餌を持つとあっという間に寄ってきます。
196.jpg
真っ先によってくるのがツクシガモですが、ショウジョウトキが大群で来ると端に追いやられています。


カメラのまん前にエサを置いてみました。エサを狙っているのは、ショウジョウトキ・ツクシガモ・アカツクシガモ、果たしてどの鳥が食べに来るのか?


今回はわざとカメラを置いて撮影してみましたが、なかなかおもしろい画像が録れました。テクテクと駆け寄ってくる姿がとてもかわいいです。


動画に入っているのはアカツクシガモの鳴き声です。アカツクシガモはこの温室一の暴れん坊で、エサを独り占めするためにこの鳴き声で威嚇しています。

ウォーターフォールエイビアリーはゴリちゃん以外の魅力もたくさん増えました。
ぜひ、鳥たちとお友達になって下さい。

イブキ ミーツ ペンギン 

皆さん、はじめまして。今日ご紹介するのは、皆さんからのご応募で、先日名前が決まった『イブキ』です。
飼育員と一緒に、初めてケージの外をお散歩していました。

195.jpg
するとイブキ、なにかが気になってしかたがない様子です。
何を気にしているのかな・・・?

295.jpg
イブキの視線の先に居たのは、緑のリボンをつけたペンギンのコジロウです。
コジロウは、ちょうどお散歩帰りだったようです。
お互いに、なにやら気になって仕方がない様子・・・

395.jpg
お互い(ペンギンとペリカン)初めて出会った状況ですが、コジロウは意外にも落ち着いています。
一方のイブキは、なんだかオドオドした様子。
イブキの方が体は大きいのに、中はまだまだ子供なんですね。

495.jpg
コジロウは、颯爽とイブキを後にして去っていきました。
堂々としています。
そんなコジロウの後ろ姿を、じっと目で追いかけていたイブキでした。
仲良しになれたのかな・・・?
ともあれ、お散歩と一緒に、ご近所への挨拶回りも無事に終えたみたいですね。

くにびき展望台で写真展 

194.jpg
現在、くにびき展望台の1階フロアーにて「山陰花めぐり写真展」を行っています。
山陰の花の施設が協力して何か出来ないかと話し合い、今回の写真展が実現しました。
今後、とっとり花回廊、出雲花の郷、由志園の写真展も開催予定しています。

294.jpg
第1回目は松江イングリッシュガーデンの写真を展示しています。

394.jpg
それぞれの花の施設の魅力をぜひご覧ください。
お待ちしています。

かわいい盛り 

今日はかわいい盛りの子たちの紹介。
ウォーターフォールエイビアリーに一角にいる今が一番かわいい盛りの子達がいます。

193.jpg
以前にも紹介したアヒルとアイガモのヒナたちです。



動画での様子。
カメラがきになって何度かつついてきました。
この『ピヨピヨ、ピヨピヨ』っという声に、とても癒されます。
ヒナたちを手に持っていただくとわかるのですが、毛がやわらかくて気持ちいいです。
手に持ち上げると少しバタつきますが、それもご愛嬌っといったところです。
フォーゲルパークにきたらそんなふれあいも楽しんでみてくださいね。

リーガル 

今日はセンターハウスから、ビックリするフクシアをご紹介します。

18312_20080901171823.jpg

こちらのスタッフがフクシアの鉢を抱えていますが、一般的にフクシアといえばこの位の大きさではないでしょうか?
では次の写真をご覧ください。

1830.jpg
この人が見上げるほどの高さがわかりますか?
大きな木があるように見えますが、これが一枚目に見ていただいたのと同じ花の種類(フクシア)です。
リーガルという品種で、おおよそ5年くらいでこの大きさになりました。
そばに人が立つとその大きさがわかっていただけるのではないでしょうか?
2830.jpg
ちなみに花の大きさは、一般的に見られるフクシアの2~3倍くらいです。

3830.jpg
株元は、完全に木質化しています。
フクシアは草花のように楽しまれていますが、樹木なのです。

68312_20080901171852.jpg
大きい大きいっといっていますが、正確な高さを測ったことがないので、これを機会に
測ってみました。

78312_20080901171920.jpg
測ってみるとその高さは、4m50cmもありました。
数字だけでは分かりずらいでしょうか?例えていうなら信号機の高さぐらです。
さすがにこれ以上は大きくするのは難しいようです。

88312_20080901171949.jpg
最後にオマケの一枚。
リーガルの一番高いところからの目線?で見た吊り鉢の上の珍しい一枚です。
普段は下から見上げていますが、こんな高さからはまず見られないものです。


お知らせ 

ファルコン&フクロウ飛行ショーのお知らせ
9月から悪天候でのショー会場が、トロピカルエイビアリーになります。


晴れてくれれば一番いいんですが、今日はさっそくの雨日、トロピカルエイビアリーでのファルコンショーをご覧下さい。
291.jpg

191.jpg
室内で行う場合は、ハヤブサはお休みしますがその分タカ(ハリスホーク)の『たかお』君が
がんばってくれていました。
このファルコンショーの後、同じ室内にてペンギンのお散歩も行ってます。
すぐ近くですので、そちらもぜひともご覧になってくださいね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。