スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

のんきな鳥のお昼寝 

園内をまわっていると展望台・水鳥温室・熱帯鳥温室と進んで
いただいて階段を下りてみると水車小屋の向こう側に滝と小さな池があります。
今日はそこにいるほのぼのしたある一羽の鳥の様子です。
200904271A.jpg
写真左下に白いものがみえますね。

200904272A.jpg
こんな感じで上手に木の上にのしかかっているんです。
涼しげな水の音に気持ち良さそうに横たわっているこの風景が
なんだかほのぼのしますよ。
少し距離があったので、この鳥の様子を動画で収めました。

こんな感じでよくウトウトとすごしている様子が見れます。
園内をまわってみられる際にはこちらのアヒルを探してみてくださいね。

スポンサーサイト

ストレプトカーパス 

イワタバコ科 Gesneriaceae
ストレプトカーパスは、イワタバコ科の非耐寒性多年草です。
セントポーリアやグロキシニアなどが同じ仲間で、ケニア・タンザニアなどの
南アフリカが原産です。
大きく分けて有茎種と無茎種があり、無茎種は鉢植えにして、有茎種は
ハンギンングとして吊るして楽しむことが出来ます。
今日は無茎種を撮影したので、いくつかご紹介したいと思います。
200904141S
200904142S
200904143S
200904144S
200904145S
200904146S
200904147S
200904148S
200904149S
2009041410S
2009041411S
様々な色合いが見れますね。
センターハウスを進んでいくとスロープ両脇にあります。
もう大型連休に入った方もまだな方も、当園は年中無休ですので
ぜひとも足を運んでくださいね。

アフリカレンカクの展示 

アフリカレンカクの展示が熱帯鳥温室に出来ました。
12009428.jpg
一時期ふれあい温室に放し飼いをしていたのですが、余りに人目のつかないところに隠れてしまい何処にいるんでしょ?状態だったので専用のプールが作られました。

42009428.jpg
このようにスイレンも育てられています。

22009428.jpg
掛川花鳥園から来たときはまだヒナらしさが残る感じでしたが今や立派なレンカクに育っています。

32009428.jpg
馴れない環境からかちょっと怖気づいている様子。
まだスイレンの葉の上に乗る様子は見れませんでした。
早くこの環境に慣れてほしいものです。

52009428.jpg
やはりレンカクの特徴といえばこの長ーい指と爪、以前の展示ではなかなか見ることは出来なかったかと思いますので今回の展示室で是非間近で見てくださいね。

まだまだがんばります!! 

今でも温室内まで毎日のように聞こえてくるシロクジャクの鳴き声。
温室からそっとゲージを覗くとまだまだ求愛に熱心なシロクジャク。
唯一のメスがなかなか振り向いてくれないようです。
22009425siro.jpg
アタック!!
32009425siro.jpg
アタック!!
42009425siro.jpg
アターーーック!!
62009425siro.jpg
あぁ、無常にもフレームアウト。
どうもこの恋は成就できなさそうです。

あまりにもメスのシロクジャクが興味を示してくれないものだから今日はこんな感じになっていました。

どうです? 真剣なシロクジャクの目線、ホオジロカンムリヅルも照れているように見えます。
ホオジロカンムリヅルからすれば、視線を合わせないように…でも実は見てる、みたいな。

12009425siro.jpg
メスには見向きもされませんが、人目は惹くようで沢山のお客様がカメラに収めていました。
あまり大声で近づくとびっくりして羽根をたたんじゃうこともありますのでご覧の際は静かに近づいてみて下さいね。

根茎性ベゴニア 

根茎性ベゴニア・・・地表面に肥大化した茎をもち、そこから根をのばす一群を、
            園芸上、根茎性ベゴニアと呼んでいます。
            大きさ、色や形や模様など変化に富んでいます。

そんな根茎性ベゴニアをいくつかご紹介します。
200903111K.jpg
Begonia hemsleyana (ベゴニア ヘムスレヤーナ)
 原産地 中国

200903113K.jpg
B. mariannensis (B. マリアンネンシス)
 原産地 西インド諸島

200903114K.jpg
B. sp.
 原産地 昆明(中国)

200903115K.jpg
B. handelii (B. ハンデリィ)
 原産地 ベトナム北部

200903116K.jpg
B. heracleifolia (B. ヘラクレイフォリア)
 原産地 メキシコ

200903117K.jpg
B. sp.‘Cuc Phuong’ (B. sp. ‘クック・フォン’)
 原産地 クック・フォン(北ベトナム)

200903118K.jpg
B. deliciosa (B. デリシオーサ)

などなどまだまだご紹介しきれいなものが多数あります。
色とりどりの花もいいんですがこんな風に形や模様なども
楽しんでいただけます。
またどんどん他の植物も紹介したいと思いますので次回をお楽しみに!!

ハッピーな法被(ハッピ)です。 

12009425.jpg
昨日のブログで予告しましたように今日のペンギンの散歩の衣装ははっぴです。
ちょうど親子遠足があり、散歩前には多くのお客様がプールを囲んでいました。
みなさん、何を着るんだろうか、と興味津々です。

22009425.jpg
ペンギンのみんなは良い子してはっぴを着てくれましたよ。
一羽を除いては…。

32009425.jpg
さあみんな衣装を着ましたね。
お客様と一緒に広場までお散歩開始です。

42009425.jpg
52009425.jpg
通りを沢山のお客様が囲んでくれて花道が出来ました。
ペンギンたちは迷うことなく広場までずんずん進んで行きます。
ここでコジロウ(緑)君のはっぴに注目!!
なにやらおかしい、明らかに他の兄弟とはっぴのデザインが違う。
でもそんなことはないはず…。
以前にもこんなことがあったような……こんなこととは?

62009425.jpg
やっぱりです、後ろ前が逆になってます。
はっぴをまるで前掛けのように着こなしてますね。

72009425.jpg
みんなが歩幅あわせて一列に歩いてるときもコジロウ君一人だけずれてますね。

92009425.jpg
とにもかくにも無事散歩は終わりました。
散歩に向かうときはお客様が多いのですがプールに帰るときはお客様の数はぐんと減っています。
みなさん次のショーに向かうからなんですね。
ペンギンが間近で見たいけど人が多くて見れない、という方は往路よりも復路のペンギンの散歩のほうがチャンスですよ。

こちらの衣装は5月24日まで着ています。
やんちゃなコジロウ君にも会いに来て下さいね。

次回予告(ペンギンのお散歩衣装) 

前回はランドセルを背負っての元気なお散歩をみせてくれていた
ペンギン達ですが、明日4/25~今度は新たな衣装でお散歩してくれます。
前回の様子はこちらへどうぞ。 ペンギンのお散歩(ランドセル)
200904241P.jpg
衣装を皆さんにお披露目する前に前撮りしました。
今度の衣装はこちらです!
少し着崩れしちゃって分かりづらいですね。

200904242P.jpg
明日からの衣装はなんと・・・。
こちらの『はっぴ』です。

200904243P.jpg
はっぴの背中には祭の文字が入ってペンギン達も連休を前にして、
活気づけてくれます。
こちらのはっぴ姿でのお散歩は4/25~5/24までを予定しておりますので
はっぴ姿のペンギン達に会いにきてみませんか?
ペンギン達がゴールデンなウィークを盛り上げてくれますよ!!
ペンギンのお散歩毎日開催 時間①10:30~②14:00~

ツクシガモのヒナ 

久しぶりに水鳥温室にツクシガモの親子の様子を覗きにいくと・・・
親子仲良く水辺でお休み中でした。
12009423.jpg

22009423.jpg
近づいていくと以外にもヒナのほうからこちらに近づいてきてくれました。

32009423.jpg
よくよく見てみたら、顔の羽が生え変わったみたいです。
モヒカンの様に産毛が残ってますね。
体の大きさも大人と同じくらい大きくなりました。

42009423.jpg
エサを片手に近づいてみると・・・


52009423.jpg
臆することなくエサに一直線で近づいてきます。
そんなかたわらお父さんはその様子を覗いていますね。
こういうときは好奇心旺盛な子供のほうが特ですね。

62009423.jpg
エサをあげつつもツクシガモの体を触ってみるとフワフワな羽が残って
とても気持ちいい触り心地です。

72009423.jpg
産毛が寒い国の人がかぶってる帽子のようですね。
羽の色はまだ子供ですが表情は大人っぽくなってきましたね。

お気に入りはいるかな? 

エミュー牧場で写真撮影をしていると
「あっダチョウがいるー。」
と、勘違いされている声を良く聞きます。たしかに走鳥の代表といえばダチョウですよね。
ですがダチョウに比べるとエミューはとても大人しく、人に馴れてくれるので触れ合いにはとても適しています。
是非怖がらずエミューのふれあいコーナーに入ってみてください。
また、普通の鳥よりも顔に個性あっておもしろいです。
12009422.jpg
22009422.jpg
32009422.jpg
42009422.jpg
52009422.jpg
どうです?色々な顔がありますよね。
この子いじめっ子そう、とかひょうきん担当だな、とかいう風に見えてきませんか?
大きい目玉でジッとこちらを見る顔は愛嬌があって可愛いです。

72009422.jpg
フォーゲルパークのエミュー牧場にはこのように顔の写真が貼ってありますので、お気に入りを見つけて頂くのもいいですし、写真の子を探して当てっこするのも楽しいですよ。
とにかくエミューはとってもやさしくて大人しい鳥ですので怖がらずにふれあってみてください。

ふれあいの様子 

12009421jpg.jpg
アイガモのヒナのふれあいコーナーの様子です。
20数羽誕生しているんですが、ふれあいコーナーには数羽ずつ交代で出てきます。
待ってる間はみんなで寄り添っています。
お母さんが真っ黒いアイガモのせいか黒いヒナが多いですね。
でも成長したらまた羽の色は変わっていくかもしれません。

22009421jpg.jpg
15:30 いよいよふれあいの開始です。
たくさんのお子様が集まってきてくれました。
バードスタッフからヒナの負担にならない持ち方を教わります。

32009421jpg.jpg
小さいけど元気が良いので手のひらから飛び出していきそうです。
ちょっとおっかなビックリといった感じでしょうか?

42009421jpg.jpg
もっと小さなお子様でも付き添いの方がいらっしゃればふれあいをしていただけます。
ヌイグルミやお人形さんにはない生命の温かさを感じてほしいですね。

52009421jpg.jpg
こんな感じでふれあいコーナーをフォーゲルパーク内熱帯鳥温室で毎日15:30~16:00まで行っていますので是非体験してみて下さい。


キリタ 

今日は、キリタのご紹介です。
キリタは、ストレプトカーパスやセントポーリアなどと同じイワタバコ科(Gesneriaceae)の植物で、中国、熱帯アジア、インドにかけて分布しています。

200904119K.jpg
キリタ ‘キタグニ’
Chirita ‘Kitaguni’
(C. lutea x C. sinensis 'Latifolia Dwarf')

200904112K.jpg
キリタ スクレロフィラ
Chirita sclerophylla

200904113K.jpg
キリタ ‘ニンバス’
Chirita ‘Nimbus’
(Chirita spadiciformis x C. sclerophylla)

200904114K.jpg
キリタ ‘ネメシス’
Chirita ‘Nemesis’
(C. spadiciformis x C. sclerophylla)

200904115K.jpg
キリタ ‘バンブーボート’
Chirita ‘Bamboo Boat’
(C. fimbrisepala '#3' x C. tribracteata)

200904116K.jpg
キリタ フィンブリセパラ ‘ウーハン’
Chirita fimbrisepala ‘Wuhan’

200904118K.jpg
小ぶりな花ですが、今の時期花つきが良くきれいな花を見せてくれています。
センターハウス内、一段上がっていただいたところのスロープ手前に展示してございます。
ぜひともこの季節に見ていただきたいので、ご来園の際には、ご覧になってみてくださいね。


人に馴れたきたヒナ 

ツクシガモのヒナの様子です。
ここ最近は人に馴れてきて近づいてみるとツクシガモのほうからも寄ってきてくれます。
200904181T.jpg

近くで兄弟の顔を見比べてみると・・・。
200904182T.jpg
1日違いで産まれてきたツクシガモですが、片方は少し産毛が残っているようで
顔にあどけなさがまだ残っています。


そんなツクシガモですが、今日は手からエサをあげてみると
おもしろいように食べに来てくれています。
時にはお母さんをおしのけて食べるなんてワンパクな一面もみうけられます。 
水鳥温室にいますので見つけたらぜひともふれあってみてくださいね。

エボシドリのヒナが誕生…してました。 

12009418.jpg
ギニアエボシドリにヒナが誕生しました。
場所は熱帯鳥温室の展示室です。
以前、人工飼育には成功しているのですが、自然繁殖は初めてですのでバードスタッフも心配しながら見守っています。
とても順調に育ってるみたいですよ。

42009418.jpg
こちらが大人のギニアエボシドリです。キレイな羽根色と特徴的な冠羽をしています。
ヒナだけを見ているとこんな風になるなんて想像がつかないですよね。


カメラを向けてたのでキョトンと座り込んでいましたが、私が室内に入るとすばやく動き回っていました。また、羽をバタバタさせて30センチくらいのジャンプもしていました。
周りで鳴いている鳥の声は撮影に入ってきた私に怒っている親鳥の鳴き声です。

32009418.jpg
孵化(ふか)をしたのは4/1で、今日の体重は110gありました。
頭の上に冠羽(かんう)らしき羽根が育ってきてます。
展示室の中の少し遠い側にいますので、注意してみてみてくださいね。
※体調管理のためにバックヤードにさげている場合もありますのでご了承ください。

根茎ベゴニア 

ここは園内のセンターハウスのフクロウショー会場に登るスロープ脇に
球根ベゴニアや根茎ベゴニアなどが広がっている場所です。
200904171K.jpg
ここでふと見ると実は際立っていい色を見せてくれている花があります。
200904172K.jpg
反対側からももうすこし近づいて撮りました。
普段みている自分でもついつい後ろの球根ベゴニア(スタンドタイプ)
に目がいくんですが・・・。
200904173K.jpg
今回ご紹介するのはこちらの根茎ベゴニアです。
根茎ベゴニア
ラゲットリー・ジーンズ
Raggedlly Jeans

200904174K.jpg
後ろに広がる球根ベゴニアの色にも負けないほど鮮やかなピンク色の花を見せてくれています。

200904175K.jpg
こちらの花は大きくはないんですが、とてもいい色で魅せてくれています。
200904176K.jpg
根茎ベゴニアは花を楽しむというよりも葉の大きさ、色・形などを
楽しんでいただくのが主なんですが今の時期には花も見せてくれています。
花付のいい季節です、ぜひ皆様見に来てくださいね。

明日からスタートです。 

アイガモのヒナのふれあいを行います。
42009416.jpg
こちらは以前にアカツクシガモとアイガモ(多分今回のヒナの兄姉になります)のヒナのふれあいを行った時の様子です。
前回同様に、時間は15:30~16:00 場所は熱帯鳥温室(トロピカル)です。
体験料も無料ですので皆さん触れ合って見てくださいね。
同じ場所ではペンギンのひざ乗せ体験(有料)もやってますし、ペリカンのイブキ、ヨウムのヒヨちゃんとも触れ合えます。(無料)
※鳥の体調によって中止させていただく事もありますのでご了承下さい。
期間は未定ですが、まだまだ孵化してくる予定のヒナ達もあるようですのでしばらくは楽しめると思います。(終了の際はこちらのブログでお知らせします。)

22009416.jpg
こちらは今日撮りたてのヒナの様子。
親がマガモとアイガモですので子供達の毛の模様も様々ですね。

卵発見時の様子
孵化(ふか)の様子

32009416.jpg
手のひらに乗せるとこんな感じです。
人に馴れていて寄ってきてくれますが、元気がいいので手の上から飛び出しちゃうことも。
落っことさないように注意してくださいね。


12009416.jpg
水鳥温室にいるこちらのカップルがこの子達のお父さんとお母さんです。
手前の真っ黒いアイガモがお母さん、奥のマガモがお父さんなんですが、、、お母さんとても大きいです。

ヒナ達も可愛いんですがこの凸凹夫婦も見に来てくださいね。

ベストプレイス 

ツクシガモのヒナっという言葉が最近少し不釣合いになってきました。
尾羽が親鳥のツクシガモのように黒く形もすこし整ってきました。
200904151A.jpg

200904152A.jpg
こちらは横顔です。
すっかり顔つきも変わってみえませんか?
ヒナではなく若鳥っという言葉のほうがしっくりきます。
そんなツクシガモ親子のお気に入りの場所があるんです。
200904153A.jpg
実はここ、橋の上なんです。
お客様が通るときも気にせず寝てます。
親子で堂々としたものです。
朝の時間帯に見にいくとだいだいこの様子を見ることが出来ます。
200904154A.jpg
寝る子は育つ、といいますが良い子のみんなは見習ってくださいね。



続々と・・・。 

先日ご紹介したアイガモの卵たちが続々と孵化してきています。
その誕生の瞬間を動画に収めましたのでご紹介します。
こちらははしうち(ヒナが自力で卵の殻を割って孵化してくる)が始まってもうすぐ
孵化する瞬間です。


続いてそのはしうちが終わり卵から出てきてくれる瞬間です。

いずれもヒナが産まれてくるその瞬間そのものでなかなか普段見れない貴重な様子です。
ぜひともこちらの動画をお楽しみください。

日帰り出張して来ました。 

出張報告書

提出者(鳥):ケープペンギンの「サスケ」と「はるか」

出張日:4月11日(土曜日)

12009414h.jpg
今日僕たちは日帰り出張でこんなところに来ています。何処でしょうか?

32009414h.jpg
伯耆富士(ほうきふじ)とも呼ばれる大山(だいせん)もこんなに近くに見ることが出来ます。

22009414h.jpg
ここは僕らのすんでいる島根県の右側にある鳥取県のとっとり花回廊です。
キレイですね。奥には花回廊のシンボルでもあるフラワードームも写ってますね。
72009414h.jpg
僕たちの付き添いで来た園長の橋本さんと受付の細田さんもチューリップ畑を前に浮かれちゃってます。
あくまで僕らの付き添いですので宜しくお願いしますよ。

42009414h.jpg
それではペンギンの散歩スタート!!
フォーゲルパークの時は皆さんが僕たちについてきて一緒にお散歩、という形をとっていますが今日は様子が違います。
すでに多くの人達が道を囲んでくれています。
いつもと勝手が違うのですごーく緊張しています。

52009414h.jpg
途中寄り道もしつつ、皆さんにかわいい、かわいいって言ってもらえました。
ちなみにこの様子、花回廊のブログでも紹介してもらいました。

62009414h.jpg
いやー今日(4月11日)は良い天気だった。暑いから衣装は脱いじゃいました。

とっとり花回廊でしっかりフォーゲルパークを宣伝させていただきましたよ。
とっとり花回廊さん、そしてお客様、ありがとうございました。
代わりといっては何ですが、今度の5月16日(11:30~ 15:30~)にはフォーゲルパークの方へとっとり花回廊のマスコットキャラクターの「ピロロ」と「ポロロ」が遊びに来てくれます。まだひと月も先の話ですので待ち遠しいです。

皆さんも来てくださいね。

以上 サスケとさくらの「とっとり花回廊」日帰り出張報告でした。

ファルコンショー 

昨日の「田舎に泊まろう!!」の放送後たくさんの反響を頂きスタッフ一同大変喜んでおります。有り難うございました。
私も大好きな番組なんですが、ここら辺は田舎じゃないから来てくれないんだろうな、と内心思っていましたが見事に田舎だったようです。
初めて当園を知ったという方も沢山いらっしゃるようで、これを機にファンになっていただければ嬉しいですね。
番組では鳥がメインで紹介されていましたが、年中お花が満開の大温室もオススメです。
お花が好きな方、鳥が好きな方、お子様からお年寄りの方まで全ての方に楽しんでいただける空間ですので是非ご来園下さい。

また当園グループは、掛川花鳥園・富士花鳥園・神戸花鳥園・加茂花菖蒲園とありますのでそれぞれの園をまわっていただくのもオススメです。花鳥園というコンセプトの下、その土地々の風土に調和した園を見てください。



昨日に引き続き園内の様子を…。
13:30から行われているファルコンショーです。
12009413.jpg
野外の芝生広場で行われるショーは多くのお客様に囲まれて盛り上がりました。
はじめは緊張気味のハリスホークも何回か飛ぶとお客様にも馴れて頭上スレスレを飛んできます。

22009413.jpg
このキレイでかっこいい鳥のフォルムに見とれてしまいますね。

32009413.jpg
そしてセーカーハヤブサの飛行です。
バードスタッフが疑似餌を振り回して、ハヤブサは上空から疑似餌に向かって飛んできます。
ハヤブサがキャッチするギリギリのところで疑似餌を引っ込めます。
そうすることによってハヤブサはまた上空へ飛んで行き、これを数回繰返します。
そして最後に空中高く放り投げた疑似餌をキャッチ!!
42009413.jpg
52009413.jpg
62009413.jpg
72009413.jpg
多少風が強かったせいかハヤブサが上空でぐらついてましたが見事空中で疑似餌をキャッチしました。
青空の下、空中で反転を繰返すハヤブサの飛行はとても迫力がありとても見ごたえがあります。
雨の日や強風の場合はファルコンショーは室内で行われるのですが、このハヤブサの技は広い外でしか出来ないので見たい方は晴れの日を目指してご来園くださいね。

花鳥園の様子。 

今日はテレビ東京で毎週日曜19:00~放送している田舎に泊まろう!で
先日、松江フォーゲルパークでロケが行われた様子が放送されます。
その宿泊先はなんと当園のスタッフの家です。
ご覧いただける方はぜひご覧になってみてくださいね。



今日は1日天気もよく過ごしやすい陽気でした。
サクラも満開で、春を感じさせてくれていました。
200904121E.jpg

200904122E.jpg
もちろんサクラだけでなく園内の花々もいつも満開でお待ちしております。
その中でのお食事など皆様思い思いの時間を過ごしておられました。

200904123E.jpg
こちらはご存知肩乗りペリカンゴリちゃんショーの様子です。
こちらも多くのお客様で賑やかでした。
子供達も大きなゴリちゃんを見て驚きと興奮でいっぱいな様子でした。
お出掛けしやすい季節になってきています。
当園の花も鳥もみなさまのご来園をいつでもお待ちしておりますよ。




お引越し2 

先日アイガモの引越しの様子をご紹介しましたが、今回は
同時期に産まれたアカツクシガモたちの引越しの様子です。
200904091B.jpg
このアカツクシガモたちは産まれた場所(水鳥温室)にお引越しです。
今回は近場なので車ではなく台車で移動です。

200904093B.jpg
ケージから出してあげると興味深げにかつ慎重にあたりを見渡していました。

200904095B.jpg
三羽仲良く一所に集まってきました。
産まれてずっと一緒にすごしていたのですっかり仲良しです。
200904096B.jpg
先住のアカツクシガモがご挨拶?
若いアカツクシガモたちのほうがシュッとした体つきにみえますね。
ぜひとも当園を訪れましたらこちらのアジカツクシガモたちも見てあげてくださいね。

ツクシガモの親子 

12009410.jpg
久々に水鳥温室のツクシガモ親子の様子です。
2羽のヒナともに元気に育ってるようです。
行動範囲も広く、必ず家族みんなで移動をしています。

22009410.jpg
エサをばらまくと親子で近づいてきました。
今度は手のひらにエサをのせてやってみましたがヒナはあと10センチくらいのところで迷って食べてはくれませんでした。

32009410.jpg
こちらが私の手まであと10センチのヒナ。
「ジーッ。この人怪しいーー。」なんて目で見られてたかもしれませんね。

42009410.jpg52009410.jpg
そして横を見ればお父さんツクシガモが威嚇のポーズからショウジョウトキに猛突進。
エサをばら撒いたおかげでツクシガモの親子の周りにトキ達が集まって来たので怒っています。
子を守ろうとする親のパワーはすごいですね。
まだまだ子育て真っ最中ですね。今後も楽しみです。

生誕 

今日は朝にバードスタッフより連絡をうけて先日約40個ほど
産んでいた卵が早速いくつかはしうちが始まったっというのを聞きつけ
早速カメラを持って撮影しにいきました。
孵卵器(ふらんき)の近くまできてみるとピヨッピヨッっと、
元気な声が聞こえてきました。
もしかすると産まれてくる瞬間に出会えるかなぁなんて期待を持ちつつ孵卵器の
中を覗いてみると・・・。
200904091A.jpg
あらら?もうすでに殻の中から出てきていました。
個体によってはしうちが始まってから出てくるまでには時間差はあるんですが、
バードスタッフもビックリの早さでした。

200904093A.jpg
元気な鳴き声とともに孵卵器の中は他の卵から聞こえる鳴き声も聞こえてきました。
他にもいくつかはしうちが始まり今日中にいくつか卵から孵りそうです。

200904094A.jpg
こちらが孵ったばかりの卵の殻です。
産まれてくるヒナたちですが小さいながらも一生懸命この殻を中からつついて
自分の力で割って卵から孵るんです。


動画でも撮影しましたので元気な鳴き声とヒナの様子を是非ご覧下さい。

お引越し 

以前孵化したアイガモとアカツクシガモたちが大きくなり、
今日はいよいよ水鳥池と水鳥温室に放すことになりました。
今日はアイガモたちを放す様子です。
200904081A.jpg

200904082A.jpg
獣医さんに抱えられるとその大きさがわかっていただけるかと思います。

200904083A.jpg
さて、ここで水鳥池に放す前に個体識別するためにカラーリングを足に巻きます。

200904084A.jpg
そして少しの間ケージの中に入ってもらいいざ水鳥池へ車に乗っての
移動になります。

200904085A.jpg
車に乗っての短い旅路でしたが水鳥池に到着です。

200904086A.jpg
一羽一羽水鳥池に送り出してあげています。
初めての水鳥池を目の前にアイガモたちはどんな思いなんでしょうか?
広い住処にはじめはとまどった様子でしたが、兄弟仲良く池を泳いでいきました。

200904087A.jpg
四月に入って新しい住処での新生活、なんだか今の時期よく聞く話ですね。

さて、明日はアカツクシガモの水鳥温室へのお引越しの様子を
お伝えしたいと思いますので、明日もまたお楽しみくださいね。

サクラ&ハリスホーク 

200904071S
ここ数日すっかり温かくなり春の陽気です。
こちらは以前ご紹介した当園の芝生広場でみていただけるソメイヨシノです。

200904072S
その芝生広場で青空の下、今日も元気にタカ・ハヤブサのファルコンショーが
行われていました。

200904073S
そんな中木々を飛び回るハリスホークですが、
サクラの木にも止まっていました。
200904074S
こちらのサクラとタカのコラボちょうど一年前にもお伝えしていました。

200904075S
サクラとタカのなかなかみれないこの画をぜひとも
当園に訪れてみていただきたいと思います。

調教中 

今日は先日名前募集で『ちはや』っという名前を付けていただいた
ラナーハヤブサの調教の様子です。
200904061C.jpg
当園でファルコンショーをご覧になっていただいたお客様はこちらの画を
見たらピンっとくるかもしれませんが登場シーンです。

200904062C.jpg
遠くのほうから飛んできます。

200904064C.jpg
そしてこちらがルアー(疑似餌)をキャッチするっという見せ所なんですが・・・。
さぁキャッチっというところでなんだかルアーとの距離があります。

200904065C.jpg
ちはや上から落ちていくルアーに視線がいっています。
本当は空中でキャッチ!なんですがまだまだ調教段階ですので
まだまだ練習が必要ですね。

200904063C.jpg
まだ少しショーには早いようですがいずれ登場しますので
ちはやのショーデビューをお楽しみに!!

香る花 

すっかり季節は春になりました。
ここ松江フォーゲルパークの温室の花々も花付がよくなってきています。
今日はその中でも香りに注目してみました。

200904031H.jpg
バビサン
花がお茶の花に近い感じです。
こちらの気になる匂いなんですが、いい香りのする芳香剤っというなんとも
抽象的なたとえなんですがなかなか表現しずらいですので、
ぜひとも当園を訪れて匂いを味わっていただきたいですね。
200904032H.jpg
このバビサン、今のこの時期が花を見られる時です。

200904033H.jpg
全体像はこんな感じです。
当園のセンターハウス内フクロウショー会場手前の所に展示して
ありますのでぜひとも今の時期にみにきていただきたいと思います。

続いてご紹介するのはこちらです。
200904034H.jpg
木立性ベゴニア ソラナンテラ Solananthera

a>200904037H.jpg

早春より花を多くつけてきています。
匂いはバニラに近い感じです。

今日は天気もよく暖かな1日でご来園されたお客様もゆっくり温室内の花々を
鑑賞しておられました。
温室中でもこのように春というものを感じさせてくれています。

元気に遊びまわってます 

4月に入り久しぶりにツクシガモのヒナの様子をご紹介します。
200904041T.jpg
温室内での生活になれてきた様子で、二羽の兄弟仲良く走り、泳ぎまわっています。
そんな中でもやはりお母さんの周りに二羽そろっての様子がよくみられます。

200904042T.jpg
気持ち良さそうに水の中プカプカ泳ぎまわっているなぁなんて思ってみていると
内一羽が水の中にスゥーっと入っていきました。

200904043T.jpg
水中の中の様子です。
なんだかみているこっちまで息を呑んでしまいます。

200904044T.jpg
『ハァ~』っと深呼吸が聞こえてきそうです。
二羽ともに産まれて約3週間がたちます。
日々少しづつ着実に成長する姿が見られます。
日々の成長の様子をまたブログでご紹介しますので次回をお楽しみに!!

ペンギンのお散歩 衣変え 

ペンギンの新しい衣装ができあがりました。
今回の衣装はこちらのランドセルです。
1200941p.jpg

今回はしっかりとコジロウ君の衣装も完成していたのでみんな揃って
ランドセル姿でピカピカの一年生!ではないですが心機一転です。
2200941p.jpg
ちゃんとランドセルの背中に味のある名前の刺繍です。

3200941p.jpg
いざお散歩に出発~!!
ん?なぜだかすでに背中に何もない子が1人…。


4200941p.jpg
実はランドセルを背負わせてあげるとコジロウ君がこんな行動に!?

5200941p.jpg
「ドリャーッ!」 バシッなんて聞こえてきそうな一面が・・・。
今が反抗期なんでしょうか?

6200941p.jpg
改めてみんな仲良くランドセルを背負って出発・・・。
ん?若干一羽違うスタイルです。

7200941p.jpg
お散歩するペンギンでは新参者のコジロウ君ですが、
これが若者のファッションなんでしょうか?

そんなランドセル姿でのお散歩を是非ご覧になってみてください。
コジロウ君のランドセルスタイルは必見です。

フォトコンテスト入選作品 

先日に続きフォトコンテスト入賞作品の紹介です。
(前回のはこちら)
今回の第7回フォトコンテストの総応募数は187点となりました。
内15作品を入選作品とさせていただきました。
200903281F.jpg
佳作  うぶごえ  吉川周治様

200903282F.jpg
佳作  かくれんぼ  福田利夫様

200903283F.jpg
佳作  「ムサシと小次郎」の和解  山岡公代様

200903284F.jpg
佳作  ふれあい  天津義久様

200903285F.jpg
佳作  花にやさしく  宮崎文恵様

200903286F.jpg
佳作  夢中  青戸繁様

200903287F.jpg
佳作  花と遊ぶ  黒川恵美子様

200903288F.jpg
佳作  ゴリちゃんの水浴び  吉田定雄様

200903289F.jpg
佳作  好奇心  永見研一様 

2009032810F.jpg
佳作  軒下の情景  中尾隆明様

他にも沢山のご応募していただいた作品も今回こちらでは紹介しませんが、
4月末よりご応募いただきました作品を園内にて展示を予定しておりますので、
そちらもぜひとも足をお運びいただければと思います。

※当園HPにも入選作品をご紹介しております。 
  そちらも合わせてご覧になってください。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。