スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ションボリ・・・ 

クジャクの羽を広げたときはとても優雅な姿を想像するんですが、
水鳥温室のインドクジャクについで歩廊脇のシロクジャクのほうも
すっかりといっていいほど羽根が抜けてきていました。
200907151S.jpg
写真をみていただくと形も大きさもショボンとなっているのがわかるかと思います。
ちなみにどのぐらいかといいますと・・・。

200907152S.jpg
こちらは今年の四月ごろの写真ですが、上の写真と見比べてみると
一目瞭然です。

200907153S.jpg
相変わらずなのは写真手前のシロクジャクのメスのリアクションぐらいなんでは
ないでしょうか?

200907154S.jpg
写真をとっていると、珍しくオスのほうをむいていました。
メスからしたら『ショボイ羽根ねぇ』なんて思っているんでしょうか?
が、しかし羽根が抜け落ちてもがんばってアピールをし続けているシロクジャクに
個人的には応援したいんですが、このショボンとなった羽根をみるとなんだかなぁ
っといった感じになってします。
今日はそんなシロクジャクの様子でした。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。