スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もぐらたたきではないですが… 

先日出社途中にコンビニに寄って車を降りたところ、ハクチョウの騒々しい鳴き声が聞えてきました。
鳴き声のする方向をみると稲刈りの終わった田んぼにけっこうな数のハクチョウがいました。
その日の新聞には、宍道湖北岸にコハクチョウが飛来という記事が載っていました。
毎年のことではありますが年々飛来してくる数も増えているそうで、気に入って渡ってきてくれたのならうれしいことですよね。

当園もこの時期には水鳥池に来る渡り鳥を紹介させてもらうことが多いのですが、今年はどんな出会いがありますことやら…。

120091111.jpg
当園の鳥たちが人にエサをもらうのを見て、渡り鳥の警戒心もとけるのかすぐそばまでエサを食べに来ます。
また、こんな面白い姿を見ることが出来ますよ。


毎年渡って来る鳥で多いのがキンクロハジロとホシハジロです。
どちらも潜水が得意なので、ちょっと余所見をすると視界から消えていなくなってしまいます。
まるでもぐらたたきの様に見えませんか?
宍道湖に潜ればシジミでもあるでしょうが、ここ水鳥池のそこには何があるのでしょうか?

今年もフォーゲルパークにやってきた渡り鳥たち、このうち何羽がリピーターなんでしょうか?
鳥用ミシュランガイドがあれば☆がいくつもらえるんでしょうか、ちょっと当園の評価なんかも尋ねてみたくなりますね。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。