スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うれしい話題 

今日はまたまた嬉しい報告をさせていただきたいと思います。
さてその嬉しい報告とは・・・?
200911191T.jpg
まずはこちらの卵を見てください。
緑色の特徴的な色とはうらはらに定規を当ててみるとその小ささが
わかるかと思います。
最長でも2cmになるかどうかというほどの小さな卵です。

200911192T.jpg
こちらの卵があったところはこちらの巣箱のなかだったんですが、
入り口がとても小さなものです。
さて、この卵の親はというとこちらの鳥です。

200911193T.jpg
ツキノワテリムクです。
こちらのツキノワテリムクは昨年の12月に仲間入りしてはや一年がすぎようというときに
嬉しいお知らせとなりました。
始めは水鳥温室内にて展示していましたが、今では熱帯鳥温室内の展示室で暮らしています。

200911194T.jpg
展示室内にはツキノワテリムクだけではなくキンムネオナガテリムクも一緒に暮らしています。
今回のこのツキノワテリムクの卵は人工孵化ではなく親鳥に任せての自然孵化になりますので
展示室内の動向をどうぞ暖かく見守ってあげてくださいね。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。