スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甘えん坊のヒナ/加茂花菖蒲園がこれから見頃です 

220100531.jpg
松江はちょっと気温は低めですが、いい天気が続きます。
来週までずっと良さそうです。
さて、こちらはペンギンプールの様子です。
近くを通るとヒナのエサをおねだりする声が聞こえてきます。

クチバシを合わせてエサを与えます。
エサをもらって落ち着いたかと思ったらすぐに鳴き始めました。
食欲が旺盛で親鳥もたいへんです。

320100531.jpg
ヒナのフリッパー部分のふわふわとした羽根もなくなってきました。
たくさんエサを食べて順調に成長しているようですね。


今日はもう一本動画を。
最初の写真の右の方に写ってる2羽のペンギンです。
似たもの夫婦という言葉がありますが、ペンギンの世界でもあるんでしょうかね。

かわいいペンギンたちに会いに来て下さいね。



加茂花菖蒲園では、現在、花菖蒲が見頃に差し掛かってきており、これから
6月15日くらいにかけて、最盛期を迎えます。

120100531.jpg


掛川花鳥園5/30ブログ


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ 加茂花菖蒲園 開園中!!!!
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

開花予想は以下のURLをご参考にしてください。
http://kamohanashobuen.blog61.fc2.com/blog-entry-113.html

スポンサーサイト

ファルコン 

連日の雨もあがり今日は久しぶりの晴れ間ののぞく一日になりました。
こんないい天気の日には屋外でのファルコンショーがお楽しみいただけます。
今日はそんなファルコンショーの様子です。
201005302F
今日はいい風が吹いていたので、気持ち良さそうに飛んでいました。

201005303F
ファルコンショーのしめはハリスホークの飛行がみられるんですが・・・。
このハリスホークは森林などにすんでいるため木の上茂みの中屋根の上などなど会場を
飛び回ります。

201005304F
すぐ目の前や頭上スレスレなどにも飛んできますので、あたりそうになったら避けてくださいねw

201005305F
最後にはこのタカの『狩り』の様子もご覧いただけますのでそちらも楽しみにご覧いただければと思います。



さて、今日5月30日はこの鳥が産まれた誕生日でした。
HAPPY BIRTHDAY  TO 
201005306F
~イブキ~
こちらのイブキですが、ふれあい広場でふれあっていただけます。
今日でイブキは二歳になります。
ここフォーゲルパークで生まれたので勤続3年目となります。
このお世話をしているスタッフは今年一年目なんでなんだかこの光景は
先輩風をふかしているようにも見えますね。
ちょっとお兄さんになったイブキをこれからもよろしくです


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ 加茂花菖蒲園 開園中!!!!
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

開花予想は以下のURLをご参考にしてください。
http://kamohanashobuen.blog61.fc2.com/blog-entry-113.html



実らぬ・・・? 

ここ連日雨で少し肌寒い日が続きましたが今日は晴れ間ものぞき
暖かな一日だったんではないでしょうか?
さてそんな日に珍しくこの鳥が温室の通り道でトコトコと目の前を歩いていました。
201005281I.jpg
見るとすぐわかりますよね?インドクジャクです。
普段は温室の奥で過ごしているのをよくみかけるんですが・・・。
この日はなぜか道の真ん中を歩いていました。
そのわけは??

201005283I.jpg
羽根を広げてまっすぐ見つめるその先にあるものでした。

201005284I.jpg
このクジャクが羽根を広げてアピールといえばご存知とは思いますが求愛です。
この水鳥温室の前にシロクジャクもいるんですが、そちらも只今時期がきたように羽根を
広げてアピールしていますよ。

201005285I.jpg
このアピールなんですがなかなかメスには届かないようで羽根を広げたオスのいは
見向きもしない素振りでメスは歩いていきました。
ちょっと寂しそうな横顔のインドクジャクでした。




☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ 加茂花菖蒲園 開園中!!!!
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

開花予想は以下のURLをご参考にしてください。
http://kamohanashobuen.blog61.fc2.com/blog-entry-113.html

ケープペンギンのサスケ 

120100528k
お散歩ペンギンの中でもクールな存在のサスケくんです。
イメージカラーに赤色もらい、5人組で赤色といえばリーダーと昔からきまってますよね(?)
それでは今日のサスケくんの様子を見てみましょう↓
220100528k
もちろん目印はフリッパーに付けている赤い輪っか、つまり右がサスケです。
隣にいるさくらに比べるとすごく太って見えます。
いやいや、本当に太ってるんです。
一年に一回はどの子に必ずやってくる換羽の時期がサスケにもやってきたようです。

320100528k
この時期になるとこういう風にジーッと棒立ち状態をよく見かけます。
普段散歩に連れ出すスタッフもいつもならひょいっと抱きかかえるんですが、こうなると「よっこいしょっ」と思わず声に出ちゃいます。

420100528k
カメラをうっとうしそうに見つめる表情もかわいいサスケでした。
換羽が始まるとお散歩も生え換わるまでお休みになりまそうなので、
サスケのお散歩はお早めにお楽しみくださいね。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ 加茂花菖蒲園 開園中!!!!
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

開花予想は以下のURLをご参考にしてください。
http://kamohanashobuen.blog61.fc2.com/blog-entry-113.html

コールダックのふれあい 

120100527.jpg
220100527.jpg
この子たちは水鳥温室のふれあいコーナーにいるコールダック(メス)です。
熱帯鳥温室のふれあいコーナーで活躍するみるぴーとこっぴーの子供たちです。
低い柵の中にいるので小さいお子様でも触れ合ってもらうことができます。


手を出すと信じられないの速さで甘噛みしてきます。
痛いというよりくすぐったい感じです。
何がしたいのかわかりませんが鳥好きな方にはぜひ触れ合ってほしいです。

まるで早送りでもしているかのように頭を振ってる姿がかわいいですよね。


同じ場所にはオスのコールダックも2羽います。
この2羽はこの水鳥温室で生まれました。
彼ら専用のエサを狙ってショウジョウトキが来ました。
「えー、うそー食べちゃうの?」という表情で見ていますね。
そんなに怒りはしなようです。とても大人しいオスのコールダックです。

こんな4羽がやさしくふれあいコーナーにいますので触ってみてくださいね。

ツクシガモのヒナの成長 

120100520.jpg
水鳥温室に暮らすツクシガモのヒナの様子です。
相変わらず6羽とも元気に育っています。
羽根の先の方に色もついてきました。


今日は天気が悪いのでこんな光景は見られませんでしたが、みんなで揃って羽繕いしている様子です。

220100520.jpg
お気づきになったかと思いますが、手前の子が足を伸ばしてましたよね。
なんて油断したくつろぎ方なんだろう、と思ってみてましたが別の角度へ回ってみると…。

320100520.jpg
奥にいる3羽も同じように足をのばしていました。
かわいいですね、やっぱり兄弟だなーと感じます。


見た目は可愛らしいヒナたちですが、餌場に来るとショウジョウトキを追っ払ったりと割と強い立場にいるようです。エサを持っていると手のひらから食べてくれるので是非触れ合ってみてくださいね。

セッション・プリーズ 

今日ここ松江では大雨が降ったりと、思えば晴れ間がのぞくといった一日でした。
さて、今日ご紹介するのはこちらの鳥です。
201005251H.jpg
水鳥温室のホジロカンムリヅルです。
水鳥温室のホオジロカムリヅルは三羽いるのですが、今日は二羽の仲良しペアのとある様子を
紹介したいと思います。

201005252H.jpg
この日も仲良く二羽寄り添っての姿を見かけたんですが、この二羽のセッションを
聞けましたので動画でみていただきたいと思います。


初めはそろいながらの鳴き声が一羽がワンテンポずらして鳴き始めました。
仲良しな二羽が送るなき声のセッションかな?なんて聞いていると
なんだかとてもいい音色に聞こえてきました。
このホオジロカンムリヅルは水鳥温室だけでなく、動く歩道の手前にもいますので
ぜひともご覧になってみてくださいね。

ショウジョウトキが・・・。 

201005241S.jpg
今日は水鳥温室にいる真っ赤なこの鳥ショウジョウトキの様子を紹介したいと思います。

201005242S.jpg
ここ温室入ってすぐの木々になにやらよく止まっているのを見かけていたんですが、
よく見てみるとわかるでしょうか?

201005243S.jpg
良く見ていただくと木々に止まっているトキたちのしたには巣があり、その数もまた結構あります。
ちょうど真下からとっているので分かりづらいかもしれませんが、
このまま順調に進んでくれればというところなんですが・・・。

201005244S.jpg
が、そんなショウジョウトキの赤が目立つ中にこんなペア?もいました。
下がシロトキで上にいるのがクロトキです。
まさかの合いの子?なのかな??
こうしてまた新しい命が生まれそうな雰囲気がまたでてきた水鳥温室の様子でした。

姉妹園での話 

先日姉妹園の掛川花鳥園にご来園いただいた中学一年生の作文へのリンクです。

その作文の中には、来園された際に鳥と人との関係性などが
書いてあり、こちらからも読みかえすとあらためて考えさせてくれる内容でした。
同じグループ園の一つとしてとても励みになりました。
心強いエール
ぜひともご一読いただければと思います。

ペンギンのヒナ 

220100522.jpg
320100522.jpg
先日ペンギンプールのお掃除をしていました。
蕎麦亭脇はとても大きなプールですので掃除も一苦労です。
水のないプールにペンギンたちもおりて来て不思議そうに見ています。
水がないと岩の上も相当高い所になってしまうんですがうまいこと上っている子もいます。

420100522.jpg
そしてまた水で満たされるとみんなで岩の上に集まることができました。
「キレイなプールは気持ちいー」

120100522.jpg
お食事の時間が終わるとみんな割と近場でくつろぎます。仲良しですね。
2羽のヒナもいるもこの画像に映っているんですが、わかりますか?


結構大きくなってました。
この2羽のペンギンのヒナは検査の結果、オスであることが判明したそうです。
カメラのズームで寄っているのでこんな風に表情まで見えるんですが、普通に見ようとしても壁と同化して見えません。
「兄ちゃん、人が来たでー、壁のフリやー、壁のフリ。」
「あかんて、これ以上は無ry…」
やはりあまり人と接することがないので近くに来ると鳴きやんで影のほうに潜んでいます。
もう少し大きくなって自分でエサを食べるようになるとだんだんと他のペンギンたちのように
エサの時間になると前に出てきてご飯を待っている光景がみられるかと思います。

まだまだ成長途中の二羽の兄弟から目が離せませんね。

オオハシの幼鳥2 

ふれあい温室に放鳥された一日目を終えて…。
翌日のオニオオハシの幼鳥たちの様子です。
120100512o2.jpg
さすがに昨日の今日ということもありまだ温室内の奥にでもいるのかな…。
なんて心配もいらなかったみたいです。
こんな風にこなれた様子でスタッフの腕の上にいました。

220100512o2.jpg
以前の展示室とは違いこうしてふれあっていただけますのでこんな間近で色々見れますよ。
じっと見ているとクチバシや羽色の違いなんかがわかります。

320100512o2.jpg
幼鳥ということで若さいっぱいのやんちゃな年頃のようで、よく噛んできます。

201005133O.jpg
ここで私も久しぶりにオオハシを腕に乗せてみました。
このオオハシなんですが、腕に乗せたことがある方なら分かるとは思うんですが、
乗った瞬間思ったよりも軽いんです。
体重は約700gでおおよそリンゴ二個分の重さなんです。

201005134O.jpg
さっそくエサをあげてふれあってみました。
当園のスタッフが育ってていたのでご覧のように人にはなれています。
おかげさまでオニオオハシの幼鳥を腕に乗せる希少な体験もできました。
ちょっと噛み癖がありますが、とってもかわいいですのでぜひとも・・・
420100512o2.jpg
『噛んじゃうぞぉ~』
『ふれあいにきてね~』

オオハシの幼鳥、ふれあい温室へ 

今日は随時お伝えしているオニオオハシがふれあい温室に放される様子です。
120100512o1.jpg
ふれあい温室とバックヤードをつなぐ小窓が開けられました。
奥のほうで一羽がこちらを見ています。
あまり入り口近くでカメラを構えるとオオハシとしても出づらいと思いビデオカメラを置いてから離れて待つことにしました。

220100512o1.jpg
入り口付近でとまってしまいました。
やはり未知の場所は怖いんでしょうね。

320100512o1.jpg
と思ったらやっと一羽が飛んで出てきました。
しきりに上下左右をキョロキョロと確認しています。
ふれあい温室内に暮らすエボシドリたちからも熱い視線が送られています。


一羽目が出てきてから結構時間がかかりましたがもう一羽出てきました。
状況を確認しようとしている2羽の仕草がとてもかわいらしいですね。

420100512o1.jpg
今回はふれあい温室に4羽のオニオオハシが放されました。
午後にはスタッフの腕にも飛んでくるぐらいに馴れたそうなので皆さんも是非オニオオハシの幼鳥に会いに来てください。

こんなに大きくなりました。 

こんなに大きくなりました。
と、いうわけで今日はこの鳥達の成長っぷりをご覧いたさきたいと思います。
201005191T.jpg
ツクシガモたちです。
のっけから寝ている光景なんですが、この六羽生まれた中でもよく一羽だけ
足を片方出してねているのをよくみかけます。
もうパッと見るかぎりでは・・・ヒナだった?ぐらいの大きさです。

201005192T.jpg
ご覧の通り羽も生え変わりつつあって、頭のほうにはそれぞれちょろっと羽が残っている程度です。

220100423a.jpg
こちらは4月24日に載せた写真なんですが、いまや大きくなってみんなでまとまって
寝ている姿はみれません。

201005195T.jpg
これから羽の生え変わりが徐々にすすんでいくんですが、鳥たちの成長スピードの速さには
いつも驚かされます。
これからまた徐々に大人の羽になっていくんですが、ここからは成長スピードが
ゆっくりとなっていきますが、少しずつ大きくなっていく様を紹介していきたいと思います。

エミュー牧場 

120100518.jpg
ここ数日とてもいい天気に恵まれています。
回廊から見える青空がとても気持ちがいいです。
今日の夕方くらいから明日明後日と雨にはなりそうなんですが外の植物にとってはうれしい雨になるかもしれません。

エミュー牧場のエミューたちも暑さに負けず食欲旺盛のようです。

220100518.jpg
さすがに暑いらしくこんな感じで口がずっと開いてます。
でも目線はエサカップにくぎ付けです。
どうにか横顔を撮ろうとするんですがカップを持ったままでレンズを向けるとこんな表情ばかりです。

320100518.jpg
あっち向いてホイッというわけではないんですが、エサで釣ってやっと横顔が撮れました。
大きな目玉がガラス玉のようにきれいなんですよ。

420100518.jpg
エミューの羽です。
触るとすっごいごわごわとしています。
何もあげずに触ると逃げちゃいますが、エサをあげながらだと触ることもできますのでなでてみてください。

エミューは割とどんな環境にも適応する鳥だそうです。
なんともワイルドな鳥なんですね。
ぜひふれあい体験してみてください。

こゆきお休みします&花鳥園コース第二期当選者 

こゆき長期休暇に入ります。
と、いうわけでいい天気が続き日差しも強くなってきました。
先日までフクロウショーに登場していたシロフクロウのこゆきは長期休暇に入ります。
420091211s.jpg
520091211s.jpg
また気温が下がってきた頃にはショーに帰ってきますので、夏が過ぎてのショー復帰をまっててね。



謝謝キャンペーン
松江フォーゲルパーク 花鳥園コース
(第二期)当選者発表!!

1等 JTB旅行券3万円分+松江フォーゲルパークペアチケット
山口県岩国市 松前 聡 様
島根県隠岐郡 川口 八重子 様
島根県安来市 高井 秀明 様

2等 JTB旅行券2万円分+松江フォーゲルパークペアチケット
島根県大田市  奥 明彦 様
岡山県瀬戸内市 吉田 浩二 様
広島県東広島市 六浦 美代子 様
広島県三原市  笠井 玲子 様
広島県三次市  杉浦 春子 様

3等 JTB旅行券1万円+松江フォーゲルパークペアチケット
広島県福山市 高田 タズ子 様
鳥取県鳥取市 勝原 後恵 様
岡山県新見市 橋本 敏夫 様
島根県雲南市 内部 仁美子 様
島根県簸川郡 三井 操 様
鳥取県鳥取市 広富 由利子 様
岡山県高梁市 奥田 光二 様
島根県大田市 別所 幸子 様
島根県松江市 渡部 純子 様
北海道厚岸郡 澤部 利美 様

4等 松江フォーゲルパーク年間パスポート
島根県松江市 福間 康二様
他49名様

5等 松江フォーゲルパーク花鳥園オリジナルグッズ
島根県松江市 ヌリ ガジェゴ様
他49名様

謝謝賞 松江フォーゲルパークペアチケット
広島県福山市 宮原 千佳様
他69名様  

今回の二期に及んでの花鳥園コースは第二期を持って終了いたしました。
多くのお客様のご来園のうえでの沢山のご応募誠にありがとうございました。
花鳥園コースのほうは終了しましたが、上海万博コースの応募は引き続き行って
おりますので、HPをご覧いただきましてご確認いただければと思います。

↓↓↓↓↓↓こちら↓↓↓↓↓↓
    上海万博コース

パイプコブサイチョウ 

今日は一日天気もよくお出かけ日和な一日でした。
あまりの気持ちいい日差しに思わずこの鳥はボーッと…?
201005161S.jpg
上を眺めている?
いえいえ実はこれ…。

201005162S.jpg
寝ていますww
思いっきり口を半開き状態でなんだか油断しきっていますよね。
思わずいい天気でお昼寝していたんでしょうかね。

201005163S.jpg
と、思ったら急に目をパチッと目を覚ましていました。
この鳥はパイプコブサイチョウという鳥です。
熱帯鳥温室にてご覧いただけますよ。


さて、その熱帯鳥温室にいるオニオオハシの幼鳥たちのここ最近の様子はといいますと・・・
201005164S.jpg
展示室内を元気な様子で、止まり木をかじったり、金網をかじったり、とまぁかじったり
しています・・・。と、大概何かをかじっているのがみられます。

ご自慢の大きなクチバシを磨いているんでしょうか。
淡い色だったクチバシの色もますます濃い黄色になってきています。
早くふれあいコーナーで触れ合ってみたいですね。

ベニコンゴウインコのいたずら 

120100514.jpg
220100514.jpg
「うーん、ピーマンはおいしいなー。」
以前にインコ達のお食事風景とともに子供達の嫌いな野菜をお手本になって食べています
なーんて書いたのですが今日のはその逆、良いこのみんなは真似しちゃいけません。

写真のエサ入れを見ていただいても分かるんですが、噛むのが大好きなんですよねインコ
たちは、エサ入れの形が変わっちゃってます。

そしてもっと困るいたずらは…

320100514.jpg
「どりゃーーー!」
おおっとエサ入れが落ちるー、と言うことでエサ入れをひっくり返して落としちゃうんです。
せっかくバードスタッフが食べやすい大きさに切ってくれたお食事なんですけどね。


でもこの日は奇跡的にガラスにひっかかって落ちませんでした。
ですが、後でこの状態をみたお客様は何事があったんだと驚かれるかもしれませんね。

良いこのみんなはマネしちゃいけませんよ!!

ツクシガモのヒナの様子 

連休前にお伝えして以来のツクシガモ様子です。
201005111T.jpg
以前は温室入ってすぐのところでご覧いただけていたんですが…。
ここ最近では少し奥のところでいるのをよく見かけます。

201005112T.jpg
フワフワだった羽も生え換わりつつあります。
生え変わるところがむずかゆそうに・・・。

201005113T.jpg
『う~ん、ムズムズするなぁ』ボリボリ
201005114T.jpg
『今度は足元がぁ~』
201005115T.jpg
『背中がぁ・・・クチバシが届かない・・・』
なんて悪戦苦闘しているのかもしれませんね。


6兄弟仲良く温室で暮らしていますので、ぜひとも仲良しな様子をご覧になってみてくださいね。

上海万博速報 / 新人(鳥)フクロウ現る!! 

上海万博速報 5/10花鳥園ブログより
↑クリック↑




120100512.jpg
フォーゲルパークの新しい仲間をご紹介します。
掛川花鳥園からやって来ましたワシミミズくクの男の子です。
目がとっても大きくてりりしい顔立ちをしています。
初写真にちょっと緊張気味ですが、しばらくすると・・・。

220100512.jpg
羽角がシャキーン!!そして目もキリッ
全然違う表情になりました。

320100512.jpg
今日初めてお客さまの前に登場したのですが、大勢の遠足の園児たちに緊張気味でしたが大人しくスタッフの手の上でご挨拶ができたようです。

420100512.jpg
実はスタッフも新米さん。
「お互いがんばろうね!!」と誓う一人と一羽でした。

今後もワシミミズクの活躍にご期待ください。

ペンギンのヒナ 

320100511.jpg
昨日から天気が悪くまたまた肌寒い日が続いています。
午後からは雨も止んだので外のペンギンプールの様子を見に行ってきました。
午後のエサの時間が近いせいかペンギンたちは岩の上に集まっていました。

120100511.jpg
そして巣の方では、お母さんペンギンが入口あたりに出てたんですがヒナが横にいました。
私に気づいてお母さんにの後ろに隠れてしまいました。
まんまるな背中が見えます。


私の方が隠れつつ動画で撮ってみました。
大きくなってますね。親の身長の3分の2くらいはあるでしょうか。
もう1羽は巣の奥でじっとしていました。

220100511.jpg
もう少しすると羽根が生え換わりこんな感じの模様になってきます。
この模様もさらに時間が立つと大人の羽根になります。
このヒナたちは生後から約2カ月で大人の大きさにだいぶ近づきましたが
大人の模様になるのはまだまだ時間がかかります。
ですが、こうして成長していく姿はいつみても新鮮です。
これからもすくすくと成長していくこのヒナたち様子を紹介したいと思います
のでこれからの様子も楽しみにお待ちください。

まだまだがんばってます。 

320100510.jpg
シロクジャクの様子です。
今年は例年よりも羽根の状態がいいようで、5月に入ってもきれいな羽根を見ることができます。
GW中にも多くのお客様に見ていただけたので大変うれしく思ってます。

220100510.jpg
特に朝方に羽根が全開になっていることが多いです。
メスの前に立ってがんばってアピールしています。
メスの方はあまり関心はなさそうですけど。


昨年も同じ光景を見たような気もします・・・。
あまりにもメスが反応をしてくれないものだからってホオジロカンムリヅルにアタックです。
バババッという羽根を小刻みに震わせる音がなんとも情熱的ですね。

ホオジロ君はほぼ無視していますね。

120100510.jpg
他の子に求愛するシロクジャクの後ろを何事もなかったかのように通り過ぎていくメスです。
レースのカーテンのようですね。



そして夕方頃にはよくこんな感じに鳴きます。
近くを通る車のエンジン音やドアを閉めるときの音などに反応して鳴くときもあります。

ネコのような声にビックリしちゃいますよね。

ぜひ生声を聞きに来てみてください。

今日のオニオオハシの様子 

201005091O.jpg
今日はオニオオハシの様子をご紹介したいと思います。
こうして毎日見ているとこのオニオオハシのちょっとした違いなんかが
だんだんとわかってきます。
たとえばこちらのオニオオハシはクチバシの模様に黒いのがみえてきています。

201005092O.jpg
こちらの子はまだ黒い模様がみえてきていません。
こうして毎日見ていると、展示室のすぐそばまできてくれる子や
木の上で休んでる子などもいます。
ずいぶんと展示室内にもなれた様子です。

201005093O.jpg
こちらは午後撮影した様子です。
どうやら水浴びをしていたみたいですね。
ちょっと地肌まで見えていますが…。

201005094O.jpg
こうした姿がみれるのも展示室内に慣れてきたんだなと思わせてくれます。

今日の動画は水を飲んでいた時の様子です。

少しづつではありますが、日々の成長やかわいいしぐさなどたのしまさせてくれているオオハシです。

ぜひともご来園のさいには見ていってあげてくださいね。

まさひろが歌う 

120100508.jpg
熱帯鳥温室のペンギンプールに暮らす5羽のペンギン達です。
午後の散歩の時間を終えてからご飯の時間がやってきます。
基本的には担当スタッフがエサを与えているんですが、こうやってお客様にエサをあげてもらうこともあります。

320100508.jpg
みんなで肩を組んで仲良さそうに見えても…

220100508.jpg
実はエサに必死なペンギン達だったり。
散歩をした後にはとってもお腹が減るようです。
新人のまさひろも先輩達に負けじとエサに食いつきます。
よく見てると先輩がくわえたエサを横から奪ったりと割と強い性格のようです。


その性格を現すかのような画像です。
みんなで歌っているかと思いきや、まさひろがソロパートを歌って(鳴いて)います。
歌った(鳴いた)後はちょっと照れくさそうにしているのが可愛いですね。


ペンギンがみんなで歌った後に新人のまさひろが歌ってちょっと照れくさそうにしています。





オニオオハシの幼鳥です。
クチバシの先が黒い子もいればまだ黄色い子もいます。

インコの行動 

以前に紹介したかじるのだいすき~のベニコンゴウインコですが、今日もまた
エサの箱をカジカジしていました。
201005051B.jpg
そんなベニコンゴウインコを撮影していると・・・。

201005052B.jpg
なにやらちょっとカメラが気になるのかな?

201005053B.jpg
エサの箱に足をかけながらそのまま逆立ち状態になりました。
器用な足と口だなぁなんてさらに観察していると・・・。

201005054B.jpg
そのままガラス面のほうも逆立ちしながらカジカジしています。
器用な動きですよね。
キレイな赤色羽色も見ごたえのあるベニコンゴウインコですが、こうした
ちょっとかわった動きなんかも見ていてあきませよ。
じっくりと観察してみてくださいね。

ツクシガモの成長/万博の様子 

120100506.jpg
GW中はたくさんのお客様に出会いますます人に馴れたツクシガモのヒナたちです。
6羽とも順調に成長しています。それぞれ性格も出てきているようで、わんぱくな子や大人しい子など様々です。

220100506.jpg
子供達だけの写真だと分からないかと思いますが、大人と並ぶとその成長ぶりがうかがえます。


水鳥温室内の池の中を家族みんなで泳いでまわっています。
子供6羽と親2羽で泳いでいく姿はさながら大艦隊のようで、他の鳥ちたも避けていきます。
コブハクチョウのそばを通るときはこっちがヒヤヒヤします。
ですがコブハクチョウは気にしていない様子です。(コクチョウが来たときはすごい勢いで追っ払いますが。)

可愛い盛りのツクシガモのヒナを見に来てくださいね。



最新の上海万博での花鳥園グループの展示をご紹介いたします。
1.jpg

今回の撮影は、当グループ社長の加茂元照によるものです。

上は、当グループが頭上の花の吊り鉢で協賛した、上海万博 生命陽光館の内部です。

2.jpg
生命陽光館は、万博史上初の障害者館ということで、障害者福祉に関する様々なテーマ、製造品が展示紹介されています。写真は障害者協会、副主席の呂氏(右)

3.jpg
階段を上がり降りできる車椅子。すごいですね!

4.jpg
館内のいたるところの頭上は花で覆われています。全くの人工空間、人工の照明によって、自然光線以上に植物がみごとに成育し、花を咲かせています。

5]
上の写真の白いピアノでは、盲人のかたのピアノ演奏も行われます。

6.jpg
頭上に吊ってある吊り鉢は、側面からみると、このように高低さを付けて吊られており、これによって鬱蒼とした感じをさらに演出することができます。

連休の最終日 

今日で連休も最終日ということですが、この連休は楽しく過ごせたでしょうか?
ここ松江フォーゲルパークでも多くのお客様のご来園がありました。
さて、そんな連休最終日の園内の様子を紹介したいと思います。
201005051E.jpg
長屋問ご入園していただき初めにご覧いただけるのはセンターハウス(花の温室)です。
上下左右見渡す限りの満開の花の温室ですよ。
そんな中でもこのひな壇に咲き誇る大きな球根ベゴニアをみて
ボタン?バラ?なんて聞かれる方も少なくないです。

201005055E.jpg
こちらは以前ご紹介したハート型の冬咲きベゴニアの写真スポットです。
下に見えるのは根茎ベゴニアやレックスベゴニアの数々です。
こんな風に花に囲まれた写真は旅のいい記念になったんではないでしょうか?

201005054E.jpg
そしてこちらはスロープ脇に見えるのはストレプトカーパスです。
スミレに似た花が咲いていますよ。

鳥達と楽しく遊んだあとにはこんなキレイな花々をご覧いただきながらの園内になります。



今日のオニオオハシの様子。


201005052E.jpg
201005053E.jpg
今日は動画と一緒に写真も撮影しました。
このオニオオハシがよくこうして木をかじている光景がみられます。
クチバシも少しづつですが、色合いが鮮やかになってきました。

連休の間多くのお客様のご来園ありがとうございました。

連休の様子三日目 

この連休中は天気もよく絶好のお出掛け日和となったんではないでしょうか?
ここ松江フォーゲルパークではファルコンショーが屋外で行なっているのでこの
連休中は天気がいいので広々とした芝生広場でのショーがみられました。
201005041F.jpg
ショーが始まる時間より先に着いたんですが、ご覧のように会場はお客様が
たくさんまっておられました。
この日は天気はいいんですがあいにくの強風でしたので、鳥たちが飛びにくいひと時も
ありました。

201005042F.jpg
そんな中最近ではすっかりショーに定着したアイガモたちの登場などもご覧いただけます。
全速力で走るアイガモたちのかわいらしさは必見ですよ。


201005043F.jpg
そしてハヤブサの飛行が始まりました。
このハヤブサはスタッフのもつ疑似餌めがけて飛んでくる速さは目にもとまらないほど・・・
とまではいきませんが目で追いかけるのがやっとです。

201005044F.jpg
上空を旋回してルアーをめがけて降下するときには一番早いですよ。

201005045F.jpg
そして続いての登場はタカです。
このタカはハリスホークという種類で、森林などにすむタカです。
なのでこうして木々から飛んできてという飛行がみられます。

201005046F.jpg
こうして広い会場ないですが、近くに飛んできたときにはこうしたタカの姿が
みられますので、ぜひともファルコンショーもみていただきたいと思います。
明日で連休は最後になる方が多いとは思いますが明日も多くのお客様のお越しを
お待ちもうしあげております。



今日のオニオオハシの様子。

連日の園内の様子 

201005031E.jpg
鳥からみたらお客様はこうみえるかもなんて思いながらシャッターをきりました。
今日は連休中日ということもあり、昨日同様多くのお客様ご来園いただきました。
ハクガンも首を長くしてみなさまを見ていましたよ。

201005033E.jpg
連日ご紹介していますオニオハシたちもそのカラフルなクチバシやかわいい容姿を
お客様にご覧いただいております。

201005032E.jpg
展示室内でご覧いただける鳥たちも時折こうしてお客様のすぐ近くにきていることも
ありますので、容姿や特徴的なところをみてあげてくださいね。

201005034E.jpg
さてこちらはセンターハウス(花の温室)です。
ちょうど11:00のフクロウショーの時間で会場には多くの方で賑わっておりました。

201005035E.jpg
フクロウたちの飛行がすぐそばでお楽しみいただけるチャンスですので、
ぜひともお見逃しのないようにしていただきたいです。

201005036E.jpg
このフクロウショーではショーの最後にメンフクロウの輪くぐりで
締めくくってくれるのですが、その際にはこうしてお客様にフラフープをもっていただくお手伝いを
していただくんですが、このたくさんのお客様の中から選ばれるのでとっても幸運な方です。

201005037E.jpg
ショーなどをお楽しみいただきました後にはセンターハウスの中での満開の花々の下、
お食事なども楽しんでいただけます。
連休も今日で折り返しとなります。
皆様のお越しをスタッフ一同お待ち申し上げております。



今日のオニオオハシの様子です。

連休の園内 

まだ連休も半ばといったところですが、連休中の様子を紹介したいと思います。
201005021E.jpg
今日は天気もよく歩廊を歩きながら園内を歩くのも気持ちいい日でした。
またご覧いただくと歩廊には屋根もついていますので雨の心配もいりません。

201005022E.jpg
ここは水鳥温室です。
こちらではすぐ近くで鳥達をご覧いただけたり、エサをあげてふれあいもできますよ。
只今でしたらブログでも何度かご紹介しました、
ツクシガモのヒナたちもご覧いただけますので、ぜひともご覧下さい。

201005025E.jpg
こちらは熱帯鳥温室ですがなにやらたくさんのお客様が何かくるのをまっています。
何をまっているのかといいますと・・・。

201005023E.jpg
こちらのペンギンです。
ペンギンのお散歩はみなさまに人気ですので広場につくとなかなか見れない場合も
あります。広場に着いたら皆様の前に歩いて回っていますんでその際にお写真を
とってあげてくださいね。

201005024E.jpg
こんな風に目の前にくるペンギンたちを写真にとっていただけますよ。



今日のオニオオハシの様子です。

TV出演したフクロウ 

今日から本格的に大型連休に入りました。
本日も多くのお客様ご来園いただきましてありがとうございました。

さて、そんな連休も始まったところなんですが、今日はフクロウを少し紹介したいと思います。
富士花鳥園のブログで紹介されたベンガルワシミミズクの様子です。
201005012F.jpg
実は4月17日に放送された『のだめカンタービレ』に姉妹園の富士花鳥園のフクロウが
登場していました。
上のブログではその撮影時の様子など紹介しています。

この先日放送された『のだめカンタービレ特別編』登場しているベンガルワシミミズクという種類の
フクロウは松江ではフクロウショーの後に行なっていますフクロウの手乗せ体験に登場して
くれている「チャイ」です。

201005011F.jpg
チャイはショーには登場してないですが、こうして手を乗せてふれあいができますよ。



今日のオニオオハシの様子。

このオニオオハシも日に日に成長してきています。
今では熱帯鳥温室の展示室ないでよくなにかをかじっている様子を見かけますよ。

連休中には満開の花と鳥たちに会いにきてみてくださいね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。