スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トコトコついて行く 

201006301A.jpg
先日生まれたばかりのアカツクシガモのヒナたちの様子です。
生まれた巣箱がちょうど木の後ろに位置しているので普段は見えづらい
所にいることが多いのですが、エサを食べるときには親子一緒になっての
姿がみられますよ。

201006302A.jpg
一通り食べるとまた親子揃って後ろに下がっていきます。

201006303A.jpg
しっかりとお母さんの後ろにくっついて動いています。
そんなヒナたちの後姿もみていて飽きませんよ。


ちょうど木々の後ろで走りまわっているヒナたちが隙間からみられました。
水鳥温室でかわいいヒナたちを探してみてくださいね。

スポンサーサイト

ベビーラッシュです。 

320100626k.jpg
さてさて、連日ヒナ誕生を伝えている今日この頃ですが、まだまだ続いています。
ほぼニワトリの卵と同じような色形なんですが、何の鳥でしょうか?
コレを撮影したときは1つが孵り、後の4つは嘴打ちしていました。

120100626k.jpg
220100626k.jpg
実はカルガモのヒナでした。
さて、誕生した子はとっても元気でずっと鳴いて走り回ります。
何とかブレずに撮れたんですがかわいいですよね。

420100626k.jpg
そして次の日には残りの4羽が孵りました。
1羽だけの時は走り回っていたヒナも大勢でいると大人しく固まってピーピーと会話しているようです。

520100626k.jpg
近々登場ですので登場を元気なヒナたちの登場をお楽しみに!!



さてさて今日の夜にはワールドカップの日本戦がありますよね。
フォーゲルパークのペンギン達も応援していますので
がんばってほしいです。
620100626k.jpg
ちなみにケープペンギンは南アフリカの沿岸部に多く生息しているペンギンです。
現地でブブゼラの音を聞いてるペンギンもいるんではないでしょうか?

アカツクシガモにヒナ誕生! 

201006271A.jpg
201006272A.jpg
201006273A.jpg
水鳥温室のアカツクシガモにヒナが誕生しました。
知らせを聞いて撮影に向かったんですが、警戒されてなかなかみれませんでしたがやっと出てきてくれました。
お母さんが周りをキョロキョロと確認しながら出てきてその後を追うようにヒナがついてきます。

201006274A.jpg
201006275A.jpg
ヒナたちを挟むようにお父さんとお母さんが立っています。。
ヒナだけを見たらツクシガモのヒナとは見分けがつかないかも知れません。
大人になれば一目瞭然な赤茶色の羽色になります。


そしてこちらが今日の朝に撮ったばかりの動画です。
なかなか怖がって前のほうへは出てこないそうなんですが、たまたま掃除中のスタッフがネットの裏を通ったのを警戒して前の方に出てきました。
顔の白い方がお母さんです。
水鳥温室にお立ち寄りの際はアカツクシガモの家族を探してみてくださいね。

ショウジョウトキのヒナの成長 

201006241S.jpg
アフリカクロトキのヒナも巣の上ですくすく育っています。
木の上に巣があるので木々の隙間から元気な声とともに姿もみえるのですが、
日に日に大きくなっているので巣が小さいんじゃないかと心配になります。
これから巣立ちの姿もまた楽しみになります。

201006242S.jpg
もちろんアフリカクロトキだけでなくショウジョウトキもまたすくすくと育っています。
前回撮影したさいには影ぐらいしか見えなかったんですが、今回はその姿が見えたので
紹介したいと思います。

201006243S.jpg
ちょうど巣の端っこの方でじっとしていました。
アフリカクロトキとは違い生まれたときには黒い羽色なので羽根の変わりかたも
追いかけてみたいと思います。

キンケイの衣変え 

120100626.jpg
さてさて今日ご紹介する鳥はちょっと恥ずかしがり屋なこの鳥です。
カメラを向けたら完全にあっち向いてホイ!!
ですが今日はバードスタッフがぜひ撮って見てと言うので、なんとか撮ってみました。

220100626.jpg
いつもの派手さも無いキンケイですが、よくよく見ると今の時期しか見られない珍しい状態になっていました。
それは首のあたりなんですが、こちらをご覧ください↓


見事に鞘(さや)状の羽根ですね。
下の方は鞘の先から新しい羽根が出かけてますね。

320100626.jpg
換羽が完了するとこんな風にあざやかで派手な羽根になります。
今年は寅年ですが、一年の半分が終わりかけて後半戦に向けキンケイもきれいな寅柄になります。

420100626.jpg
そしてよくよく見れば尾の近くの方にも鞘状の羽根がありました。
先の方からは真っ赤な羽根が出てきています。

520100626.jpg
尾も一番いい状態のときは長くてとてもきれいです。
このきれいな尾を見るとやっぱりキンケイはキジ科なんだなと再認させられます。

620100626.jpg
ぺんギンが換羽している時もこんな感じで鞘状になっている羽根を見ることができます。
これは尻尾のあたりですね。

ペンギンたちもほとんどが換羽を終えてきれいな羽色しています。
ぜひ愛に来てくださいね。

 

201006251Y.jpg
今朝は日本決勝トーナメントがかかった大事な一戦は多くのかたがご覧になったんではないでしょうか?
と、冒頭から少し話がそれましたが、只今当、松江フォーゲルパークでも
ユリの展示が始まりました。
姉妹園の神戸花鳥園のほうでも国際ユリショーを行なっております。
当園では熱帯鳥温室のある鳥の散歩道となっているんですが・・・。

201006252Y.jpg
もちろんお散歩といえばこの子達ですよね。
このユリの展示が始まってから毎日ユリの花道をお散歩しています。

201006253Y.jpg
日本の決勝トーナメント進出に当園のペンギンサポーターも歓喜を
あげたんではないでしょうか?

201006254Y.jpg
少しばかり話がそれてしまいましたが、ユリの展示はペンギン達のお散歩道だけではなく
センターハウスでも行なっております。
このユリはオランダのZabo Plantより輸入した球根より育てたものになります。

201006255Y.jpg
当園ではベゴニア、フクシアなど展示していますがこのユリは今年初めての試みに
なります。
ベゴニアなどのように年中とまではいきませんので今の時期のユリを
お楽しみにしていただければと思います。

今日はゴウに密着 

120100624f.jpg
先日、ファルコンショーに登場するマレーウオミミズクのプーラの密着記事(ブログ)がありましたよね。
きょうはフクロウショーに登場するフクロウに密着してみようと思います。
そして選ばれたのが新人のワシミミズクのゴウです。

プーラ以外のショーに登場するフクロウたちはバックヤードのそれぞれの部屋にいます。
ショー15分前になりスタッフの腕に乗ってショー会場まで移動を始めます。

220100624f.jpg
途中、シロクジャクとホオジロカンムリヅルにごあいさつ。
時にはシロクジャクの猛烈アピールを受けることもあるとか・・・。

320100624f.jpg
420100624f.jpg
センターハウスに入るとお花を手入れしているスタッフやお客様にごあいさつします。
「まもなくショーが始まりますよー。」
520100624f.jpg
620100624f.jpg
まだショーまで時間があるので止まり木で待機します。
ゴウは大きなフクロウなので注目の的です。

720100624f.jpg
ショーではスタッフが呼ぶ前にちょっとフライング気味にとんではいましたがしっかりと飛んできてくれます。翼を広げると1メートル30センチはあるそうで頭上を飛ぶと迫力があります。

820100624f.jpg
自分の出番が終わると止まり木の上でじっと待っています。
先輩方の芸を見ているんでしょうね。

ショーが終わるとフクロウの腕乗せ体験がありますが、ゴウはまだ新人なのでここで待機です。
それでも写真を撮られることもあるので気が抜けません。

920100624f.jpg
この日のショーも無事終わりました。
前回のプーラ同様に「まだ撮ってんの?」という目でこちらを眺めていました。

それにしてもまさに花道ってところを帰って行くんですね。


オマケの一枚:
1020100624f.jpg
今日も暑かったの部屋に戻ったら早速お水を飲み始めました。
「仕事のあとの一杯はうまいなー」なんて言ってるんでしょうか?。


柿の木畑の様子 

120100623.jpg
ここは園内の水鳥池の脇にある柿畑です。
例年この時期に紹介させてもらっていますが、今年は梅雨らしくない良い天気が続いています。

柿の葉はつやつやとしているので晴れの日には輝いて見えます。

220100623.jpg
実はできてるかなと探してみましたが、なかなか見当たらない中やっと一つ見つけました。
まだ下の画像のように枯れた花がついた状態のものがほとんどでした。
昨年の同じ時期の画像をみたらもうちょっと実が大きく成長していたので今年はちょっと遅めの成長をしているようです。
320100623.jpg


420100623.jpg
さて、気が早いですが秋にはこんな光景を見ることができます。
この柿は渋柿なのでこうやって干し柿にすることによっておいしく食べられます。
木にそのまま残って熟して落下した柿を水鳥池のハクチョウたちやマガモが食べることもあります。

水鳥池の鳥たちにとっても楽しみのひとつなのかも知れませんね。

初・夏? 

201006221P.jpg
園内のアジサイも咲き始めて梅雨を感じる日が続きます。
さて夏本番も間近で気温も暑いせいかこの日はちょっと油断している表情が撮れました。

201006222P.jpg
この水鳥池横のペンギンプールといえば!!
4月に生まれた二羽のヒナたちが加わり一層大御所帯になってきたんですが・・・。

201006223P.jpg
居ました居ました。
巣のおくのほうで兄弟仲良く寝そべっていましたよ。
と、どんな表情なんだろうと思いつつも動画で表情を撮影してみました。


兄弟揃ってグテ~っとしていました。
この二羽のペンギンの兄弟なんですが、4月に生まれていましたので
今年が初の夏到来となります。
ちょっと暑そうにも見えますが、他のペンギンたちはもう四季を何度かすかしているので
へっちゃらといった所でしょうかね。
今日は二羽の兄弟の様子でした。

シルエット 

201006200S.jpg
水辺の岩肌でマガモ&コールダックの休憩中の後ろ姿で、こんにちわ。
一羽(マガモ)だけ後ろを向いているというなんとも可愛い並び方でしたのでついつい写真に
収めました。
雨が降ったり止んだりと忙しい季節ですが温室内に住む鳥たちは快適に
過ごしていますね。

さて、話が変わりますが、アフリカクロトキに続いて誕生していたのはショウジョウトキでした。
201006201S.jpg
もともとショウジョウトキは群をなしているので、巣もこうした形で密接した感じになるそうです。
端からみるとなんとも身動きのとりづらそうなんですがこれが本来の姿に近いんですね。

201006202S.jpg
こうした木々の上に巣を作っているので下から見上げる分には何がどうなっているやら
わかりませんが・・・・。
よ~く木々の隙間を観察しているとヒナのシルエットが見えました。


写真ではなかなか撮影は困難でしたので動画で撮影しました。
はっきりと・・・とはいきませんが活発に動き回るヒナの様子が撮れました。
今回の水鳥温室での繁殖は順調な様子でアフリカクロトキ、ショウジョウトキなど誕生しています。
まだまだ生まれたばかりで巣立ちまでは時間がかかりますが、今後の成長がとても楽しみです。
順調に巣立ってくれるように温かく見守ってあげてくださいね。

いざっ芝生広場へ!! 

120100620p.jpg
今日はショーへ向かうフクロウの様子をご紹介します。
マレーウオミミズクのプーラはショーの時間が近づくと自分の部屋から出され、フクロウスタッフの手に乗って芝生広場に向かいます。
行きは動く歩道に乗って行くのでたまたま居合わせるお客様はビックリされます。

220100620p.jpg
展望台は脇を通り抜けていきます。
プーラは常に餌がほしいよーという餌鳴きをしているのでこの鳴き声が近くに来たらショーも間近だと思ってください。

320100620p.jpg
水鳥温室も外を通っていきます。
風の強い日はスタッフの腕の上でバタバタと飛ばされそうになり大変なんだそうです。

センターハウスから展望台や水鳥温室で立ち止まらずに歩いて芝生広場までは約10分かかります。

420100620p.jpg
会場の芝生広場に着くとなるべくお客様にばれないように建物の裏で待機します。
それでもさっき言ったように餌鳴きをするのでバレバレなんですけどね。

520100620p.jpg
そして13:30からのファルコン&フクロウショーが始まりました。
日にもよりますが、一番手はフクロウが担当することが多いのでショーの場を温めるためにプーラは最高の飛行を披露します。

620100620p.jpg
自分の出番が終わると来た時と同じように建物の裏で待ちます。
そういえば昔こんな記事をブログで紹介しました。
↓↓↓
プーラは見た!!

お茶目なプーラですね。

720100620p.jpg
そしてショーの後は写真撮影の時間があります。
ハヤブサにも負けないくらいお客様にも人気があります。
14:00からはペンギンの散歩もあるのでお客さまも順々に次の温室へ流れていきます。

これでプーラの今日のお仕事は終了です。

820100620p.jpg
帰りもフクロウスタッフの腕に乗って水鳥池、ペンギンプールの脇を通り抜けていきます。
「お先でーす。」なんて言ってるんでしょうか。

920100620p.jpg
ということで今日は最初から最後までプーラに密着させてもらいました。


オマケの一枚:
1020100620p.jpg
部屋(長屋門展示室)に戻ったプーラは水をがぶ飲みするそうです。
撮影は終わったと思いゆだんしてるプーラの後ろ姿がかわいいですね。

梅雨まっただ中 

梅雨入りして園内の各所でこうしてアジサイが見られる日が来ました。
当園では歩廊がありますので、天候に左右されずに回っていただけますよ。
201006191A.jpg

そんな梅雨の季節ですが、園内の様子は?ということで今日はこの
鳥を撮りにいってきました。
201006192A.jpg
水鳥温室のショウジョウトキとアフリカクロトキの様子です。
反対側から三脚に上っていたのでうまいこと撮れなかったんですが、
いつもは下から見上げていたのでこうして見ていると鳥たちの様子がよくわかりました。

201006193A.jpg
どの巣でも抱卵中ということで新たなヒナの目視は無理でしたが、
第一報でお伝えしたアフクリカクロトキのヒナがこんなに大きくなっていました。

201006194A.jpg
狭い巣の上をとことこ歩き回っていたので落ちないか心配でしたが、
成長は順調な様子で一安心です。
アフリカクロトキだけでなくショウジョウトキのヒナも姿は見えませんが鳴き声が
聞こえるとか…。
まだ目視はできませんがこれからの成長もまた楽しみですね。

201006195A.jpg
こちらはショウジョウトキの卵です。
これは孵化はしなかった卵ですが大きさは約6cmほどと手にもってみると
以外に大きかったです。
またヒナの元気な姿が見られれば伝えしますので続報をお楽しみに!!

換羽後のペンギン 

ついに梅雨って感じになって来ましたね。
朝から雨が降り続いております。

320100616p.jpg
熱帯鳥温室のペンギンプールでは続々とペンギンたちが換羽をしています。
換羽の最中はペンギンの散歩に出れませんのでプールで待たないといけません。
換羽の時期は個々に違うので全羽が換羽のため散歩はなし、何てことはありませんのでご安心を。

さて先週換羽中だったさくらは・・・↓

120100616p.jpg
すっきりきれいになりました。
換羽後は羽根の白さが違います。とてもさわやかに見えますね。

220100616p.jpg
でも別の角度から撮った画像にはぶよぶよなお腹が写ってました。
換羽前にため込んだ脂肪を散歩で燃やさないといけませんね。


外のペンギンプールでも換羽中のペンギンがちらほらと。
まるでライオンのような顔になっているペンギンがいました。

換羽中のペンギンもいろいろな表情が見れるので楽しいですよ。

弟?妹? 

420100617.jpg
ミナミアフリカオオコノハズクの「このみ」です。
オオコノハズクの仲間の中では比較的大きめとはいいますが、ワシミミズクなどの種類が横に並ぶと本当に小さくて可愛く感じます。
さて、昨日の早朝ですがこの「このみ」に兄弟が誕生しました。

220100617.jpg
まるでデメキンのような大きな目をしていますがこの時はまだ開いてもいませんでした。
体重は16グラムだそうです、とても小さいですね。
まだこれから順調に育っていくのか不安もありますが元気に育ってほしいです。

320100617.jpg
左:このみ   右:もみじ

このみ「ねえねえ、僕に兄弟が生まれたんだって。まだ会ってないけど可愛いらしいよ。
    仲良くしてあげてね。」

もみじ「まかせてください先輩。仲良くしますよ。」

無事に育って、先輩のもみじやこのみのように活躍してくれる日が楽しみです。

梅雨になったはずでは・・・ 

420100614.jpg
昨日は天気が悪かったのですが今日は真逆の好天で日差しの強い一日になりました。

ファルコンの飛行ショーの会場になっている芝生広場の座席には簾を屋根代わりに取り付け、快適にショーをご覧いただけるようになりました。
場所によっては木々により自然の日影ができていますのでここで寝てみたら気持ちいいんだろうなー、なんて思ってしまいます。

520100614.jpg
多少の風もありファルコンも気持ちよさそうに飛んでいました。
お客様の頭上や木々の中と、ところ構わず飛んできますよ。
もしぶつかりそうになったら避けてくださいね。

320100614.jpg
ショーが終わって展示室に待機しているハリスホークの足元には水桶が用意してありました。
バードスタッフは水風呂と呼んでいましたが入ってくれるんでしょうか?

20100614.jpg
しばらくすると・・・入ってました。
気持ち良さそうですね、ですが表情から気持ちよさそうなのは分りませんね。
半身浴というよりも下半身浴になっていますね。

120100614.jpg
水鳥温室のコールダックたちも夏色になってきていました。
頭が緑色の羽色だったコールダックたちもすっかり夏の羽色に変わりつつあります。
暑いのでクチバシをあけて息をしていました。

季節の変わり目にはまたさまざまな夏色(夏模様)がみれますよ。

新人&ベテラン 

昨日はワールドカップ日本戦初戦は見事勝利というわけで当園のかわいいサポーターも
大興奮だったかもしれませんね。
201006161W.jpg
実はペンギンたちは今年だけでなく前回ワールドカップ衣裳でのお散歩を
行なっていたんですよ。
ワールドカップは4年ごとの開催ということで前回のお散歩の4年前まで遡って
みるとこんな感じでした。

201006162W.jpg
四年前にはお散歩ペンギンは三羽だけだったんですね。
向かって右がサスケ左がムサシ中央がサクラですね。
とくにムサシは今と比べてまだ子供の羽なのが今見ると初々しい過去も
あったんだなと思ってしまいますね。

201006163W.jpg
今やお散歩ベテラン組みの三羽ですがこうした経験を積んでいるんですね。
日本代表も新旧世代のベテラン組みと若手の力を合わせて予選突破!!
となってくれればいいですね。

201006164W.jpg
ちなみにサッカーボールを近くにおいてあげると・・・。
こんな感じです。
サッカーボールには無関心なペンギンたちですが、今大会での応援は四年前と比べると
サポーター人数?が増えているので四年前よりも頼もしいですね。
今日はちょっとしたペンギンの昔話でした。



お知らせ
15:30~熱帯鳥温室で行なっているふれあい広場でのペンギンのふれあい(抱っこ)に
登場しているしずくが換羽に入るためふれあいのほうを約2週間ほどお休みします。

お客様にご迷惑をお掛けしますが、ご了承のほどお願いいたします。

いい天気 

201006141F.jpg
昨日から梅雨入りはしたんですが、ご覧のようにここ松江はいい天気でした。
そんないい天気といえば…

201006142F.jpg
やっぱりファルコンショーですね。
今日のトップバッターはラナーハヤブサの『ちはや』でした。
上空でのルアーキャッチもばっちりと決めていました。

201006143F.jpg
ルアーをキャッチした後にはルアーに覆いかぶさってこのようにエサを他の外敵から
隠しながらエサを食べているんですね。

201006144F.jpg
もちろんこのファルコンショーですっかりスタメンしたカモたちも登場してくれていますよ。
暑い日差しの中でも猛然とダッシュしてくる姿は必見ですね。

201006145F.jpg
今日は強い日差しでしたが風が気持ちいい日でしたので、鳥たちも気持ち良さそうに
飛んでいました。




水と緑の遊園地としまえん』に加茂花菖蒲園のアジサイ展示中。
アジサイ1



加茂花菖蒲園では、現在、花菖蒲が見頃です、これから
6月15日くらいにかけて、最盛期を迎えます。
120100531.jpg

掛川花鳥園5/30ブログ

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ 加茂花菖蒲園 開園中!!!!
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

開花予想は以下のURLをご参考にしてください。
http://kamohanashobuen.blog61.fc2.com/blog-entry-113.html

見えずらいですが…。 

今日は大変見えにくい画像が続きますが、初のアフリカクロトキのヒナということで
ストレスを与えないように撮影していますのでご了承ください。
水鳥温室入ってすぐの木の上でただいまショウジョウトキ、アフリカクロトキ、シロトキが
抱卵しています。
その中でもいち早く生まれたアフリカクロトキのヒナの様子です。
201006131A.jpg
こちらは窓側からとったためにみずらい画像になりますがうっすらとヒナの様子がうかがえます。
このクロトキのヒナは6月4日に生まれたヒナです。

201006132A.jpg
温室入ってすぐ見上げると高さがあるためヒナが見えないのでこうして窓側からなら見えるんですが、
しっかりと元気な様子です。

201006133A.jpg
生まれてすぐにはおおよその鳥たちは今後の成長過程がどんあんいなるんだろうかと思うほど
羽色などは違う場合がありますが、こちらのアフリカクロトキのヒナは生まれてすぐに大人と比べて
見てみてもあまり変わらないようにもみえます。


動画でも撮影しました。
ちょうどエサをあげようとしていた頃です。
このヒナの声は温室入ってすぐのそばで耳をすましていれば聞こえてきます。
どうぞやさしく見守ってあげてくださいね。





水と緑の遊園地としまえん』に加茂花菖蒲園のアジサイ展示中。
アジサイ1



加茂花菖蒲園では、現在、花菖蒲が見頃です、これから
6月15日くらいにかけて、最盛期を迎えます。
120100531.jpg

掛川花鳥園5/30ブログ

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ 加茂花菖蒲園 開園中!!!!
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

開花予想は以下のURLをご参考にしてください。
http://kamohanashobuen.blog61.fc2.com/blog-entry-113.html

こんなに大きくなりました。 

201006120A.jpg
今日は園内を歩いていると天気がよく日差しも強い一日で思わず夏も近い感じがします。

201006121A.jpg
あっと言う間の月日の流れを感じますが、鳥達の成長スピードの早さにも驚かされます。
この六羽のツクシガモたちは4月14日に誕生したんですが、ご覧の様に体はしっかりと大人と大差ない
ほどに成長しました。
生後二ヶ月でこんなに成長するんだなと改めて思います。

201006122A.jpg
ですが、体は大きくともまだまだ心は子供ですよ。家族団らんで生活しています。

201006123A.jpg
ちょうどお母さんの前に子供があるいてきたんですが・・・。
この体の大きさわかるかな??

201006124A.jpg
大きくはなりましたが、羽色などは大人のツクシガモと違いグレイの羽色がまだ少し
残っています。
少しばかりのあどけなさが残っているので水鳥温室を訪れたら探してみてね。




水と緑の遊園地としまえん』に加茂花菖蒲園のアジサイ展示中。
アジサイ1



加茂花菖蒲園では、現在、花菖蒲が見頃です、これから
6月15日くらいにかけて、最盛期を迎えます。
120100531.jpg

掛川花鳥園5/30ブログ

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ 加茂花菖蒲園 開園中!!!!
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

開花予想は以下のURLをご参考にしてください。
http://kamohanashobuen.blog61.fc2.com/blog-entry-113.html

何もない池ですが・・・ 

120100611517.jpg
ここは芝生広場から熱帯鳥温室へ向かう途中にある池です。
通称ハス池とも呼ばれています。
今はこんなに広々としたただの池ですが、あと一月とちょっとするとすごいことになります。
こちらをクリック→2009/7/23ブログ

220100611522.jpg
そうなんです。ここは大賀ハスの池なんです。一番最初の画像が5/17に撮影した
ものでこの画像は5/22、そして下が昨日撮った最新版です。

320100611610.jpg
確実に葉が大きくなって行ってるのがよく分かります。
時期が来ると大きな花が毎日咲いているのでここを通る楽しみが増えます。

620100411m.jpg
こちらの池には渡りをしなかったマガモなのかはわかりませんが2,3羽程泳いでいるのを見かけます。
今までは何も浮いていない池をスイスイと泳いでいたカモたちですが時期になれば蓮の葉で覆い尽くされて泳ぐ場所さえなくなるかもしれませんね。

大賀ハスの様子も随時お伝えしていきますのでお楽しみに。

フォーゲルパークのファンタジスタ 

明日は2010FIFAワールドカップがいよいよ開幕ですね。
実は当園にもファンタジスタがいました。
そのファンタジスタとは・・・!?



201006101P.jpg
こちらですw
堂々の入場行進です(お散歩)。
今日からお散歩衣裳がワールドカップにちなんでのサムライブルーに身につつんでおります。

201006102P.jpg
明日から開催のワールドカップをペンギンたちも応援しています。

201006103P.jpg
正面にはヤタガラスではありませんがナキサイチョウを模したロゴ入りです。
背中にもそれぞれにゼッケンと名前入りです。

201006104P.jpg
今日はちょうど遠足でのご来園がありましたので子供たちが見にきてくれました。
ガンバレ!ニッポン!!



水と緑の遊園地としまえん』に加茂花菖蒲園のアジサイ展示中。
アジサイ1



加茂花菖蒲園では、現在、花菖蒲が見頃です、これから
6月15日くらいにかけて、最盛期を迎えます。
120100531.jpg

掛川花鳥園5/30ブログ

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ 加茂花菖蒲園 開園中!!!!
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

開花予想は以下のURLをご参考にしてください。
http://kamohanashobuen.blog61.fc2.com/blog-entry-113.html

二日続けての 

昨日に引き続いてペンギンのお話です。
当園には熱帯鳥温室と水鳥池の脇にと二つのペンギンプールがあります。
今日は水鳥池の近くのペンギンの様子を紹介したいと思います。
201006091P.jpg
ちょうど写真を撮りにいった時間がペンギンたちのエサの時間も近かったということもあり、
数羽がプールでスィスィとエサはまだかなぁ?なんて待っていました。

話は変わりますが、このプールには先日生まれたヒナが二羽いるんですが・・・。
一枚目の写真をご覧になってどこにいるかわかりますか?

201006092P.jpg
わかりずらいというあなたのために!!
二枚目で少しばかりヒナによってみましたよ。



201006093P.jpg
もうわかりましたよね!?
いまやモコモコしていた羽毛もみるかげもなく背中にうっすらと残すだけとなりました。
ヒナはまず柔らかい羽根から今の写真のような状態になるんですが・・・。
大人のペンギンたちのような模様はないんです。
この今生え変わり中の羽もおおよそ一年ほどで生え変わりみなさんがしっているペンギンの
羽になります。


動画で二羽の兄弟の様子を撮影しました。
このヒナの二羽は巣穴のおくのほうでじっとしているのはよく見かけていたんですが、
いまでは徐々に前にきて二羽仲がいい姿をみられるようになりました。
ちょうど羽の生え変わりでワイルドな姿ですが、まだまだ子供のペンギンですよ。
見た目とは裏腹な二羽の兄弟は必見ですよ。




水と緑の遊園地としまえん』に加茂花菖蒲園のアジサイ展示中。
アジサイ1



加茂花菖蒲園では、現在、花菖蒲が見頃です、これから
6月15日くらいにかけて、最盛期を迎えます。
120100531.jpg

掛川花鳥園5/30ブログ

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ 加茂花菖蒲園 開園中!!!!
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

開花予想は以下のURLをご参考にしてください。
http://kamohanashobuen.blog61.fc2.com/blog-entry-113.html

衣替え 

6月に入り衣替えで夏服になったかたもおられるかとも思いますが…。
当園でも衣替えが始まっていました。
201006071P.jpg
『ぼけ~』っとしているようにみえますが、換羽が終わり間近になっているんです。
よくみるとお腹周りには換羽に備えたお肉がまだたっぷりとついていますね。
さてそんなすぐお隣さんはといいますと・・・

201006072P.jpg
ご覧の通り換羽真っ只中でした。
フリッパーももちろん換羽します。
ペンギンのフリッパーはちょっとみてると堅そうなイメージがありますが、
表面にはすっかり羽根がありますのでおもったより柔らかいので、ぜひともふれあいの時間に
試していただきたいです。

201006073P.jpg
こちらはお腹周りの生え変わりぎわです。
こうしてみると段差があるので普段どこまで羽根かわからないですが一目瞭然ですよね。

201006074P.jpg
換羽のときにはお散歩もお休みしていますので、ペンギンプールでそっと
見守ってあげてくださいね。
今日は衣替えにちなんだ換羽のお話でした。

アフリカクロトキのヒナ 

320100605.jpg
水鳥温室ではトキ類が営巣していると先日お伝えいしましたが、
ここ数日でヒナの鳴き声が聞こえて来たそうなので撮影に行ってきました。
場所は入口の右側の木の上です。
入口の上に親鳥のアフリカクロトキが出てきてます。

420100605.jpg
下から見上げるとこんな感じで巣らしきものは見えるんですが、ちょっと簡単には見れそうにないです。
今までは他の所で営巣していたのですがハゲトキが邪魔をしてうまくいかなかったそうです。
そして今回の場所はハゲトキも邪魔がしにくい場所だったようなので
ショウジョウトキ・アフリカクロトキ・シロトキが巣を作っています。


アフリカクロトキの巣からヒナらしき鳴き声がするので脚立から撮影してみましたが親鳥しかみえません。
それにしても沢山の巣が作られていますね。

あまり近づいての撮影は親鳥を刺激してしまうので、温室の外側からバードスタッフに撮影してもらいました。

120100605.jpg
220100605.jpg
見えましたー、アフカクロトキのヒナです。
小さいながらも親鳥と似たような色をしています。

親鳥が騒ぎ始めたのですぐに退散しました。

アフリカクロトキのヒナ誕生は初めてのことなので順調に育ってほしいです。



水と緑の遊園地としまえん』に加茂花菖蒲園のアジサイ展示中。
アジサイ1



加茂花菖蒲園では、現在、花菖蒲が見頃です、これから
6月15日くらいにかけて、最盛期を迎えます。
120100531.jpg

掛川花鳥園5/30ブログ

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ 加茂花菖蒲園 開園中!!!!
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

開花予想は以下のURLをご参考にしてください。
http://kamohanashobuen.blog61.fc2.com/blog-entry-113.html

飛行ショーに登場!ワシミミズク! 

以前紹介した掛川花鳥園生まれのワシミミズクの様子です。
掛川花鳥園5/28ブログ
松江フォーゲルパーク5/12ブログ

120100606.jpg
ショーが始まる直前の待機をしているフクロウたちです。
本日の主役はこの画面の右奥にいる大きなワシミミズクです。
生後4カ月とは思えない大きな体格をしています。
ショーの前から興奮気味のようですよ。

220100606.jpg
体格は大きいですが鳴き声はまだ子供っぽさが残っています。
エサくれよーと鳴いているんでしょうか?

320100606.jpg
420100606.jpg
飛行ショーではとても安定感のある飛行を見せてくれました。
今日は日曜日とあってショー会場はお客様でいっぱいでしたので新人フクロウは緊張してしまうかなと心配していましたが全然問題なかったようですね。

520100606.jpg
翼を広げると1メートル30センチくらいあるので頭上に飛んでくると迫力があります。

620100606.jpg
こうして新人ワシミミズクのショーは終わりました。
しばらくは3時のショーに登場するそうなのでぜひこの大型フクロウの飛行を見に来てください。




水と緑の遊園地としまえん』に加茂花菖蒲園のアジサイ展示中。
アジサイ1



加茂花菖蒲園では、現在、花菖蒲が見頃です、これから
6月15日くらいにかけて、最盛期を迎えます。
120100531.jpg

掛川花鳥園5/30ブログ

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ 加茂花菖蒲園 開園中!!!!
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

開花予想は以下のURLをご参考にしてください。
http://kamohanashobuen.blog61.fc2.com/blog-entry-113.html

ウットリ顔 

ウットリ眼のオニオオハシです。
201006041O.jpg
こちらはふれあい温室ではなくて熱帯鳥温室のオニオオハシなんですが、
展示室をのぞくと目の前で気持ちよさそうな寝顔がとってもかわいいですよ。

一方のふれあい温室でのオニオオハシはといいますと・・・。
201006042O.jpg
なにやら発見した様子でピョンピョンは跳ねながら入り口付近に移動していました。
その発見したものとは??

201006043O.jpg
実はエサが落ちていたのを見つけて一羽がパクパク食べている、
残りの三羽がそれをみつけてきたんですが、
オオハシA(手前)『パクパクモグモグ
オオハシB(奥) 『いいなぁ・・・』

201006044O.jpg
オオハシA(手前)『いやぁ全部たべちゃった』
オオハシC(右奥)『残しておいてくださいよ~・・・』
オオハシB(奥) 『・・・いいなぁ・・・』
やはり一緒に生活をしていますが、序列があるようです。
まだまだやんちゃな三羽ですので、見ているとおもしろい行動をしていますよ。




加茂花菖蒲園では、現在、花菖蒲が見頃です、これから
6月15日くらいにかけて、最盛期を迎えます。

120100531.jpg

掛川花鳥園5/30ブログ

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ 加茂花菖蒲園 開園中!!!!
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

開花予想は以下のURLをご参考にしてください。
http://kamohanashobuen.blog61.fc2.com/blog-entry-113.html



なぜそっちに行きたいのか。 

120100418h.jpg
最近水鳥温室ではこんな光景を見かけます。
さて何でしょうか?

220100418h.jpg
頭隠して尻隠さず状態のこの鳥はコブハクチョウです。
実は橋の向こう側に行きたいようなのですが、あの大きな体ですからね簡単にはいきません。


何度も何度も橋をくぐろうと試みますが背中がつっかえて通ることができません。
こっちから行けるかな?いやあっちかな?根気よく続けられます


最後まで動画を見ていただければ分ったかと思いますが、橋の反対側にいるコクチョウが気になるみたいですね。

以前にはこんな様子も。

320100418h.jpg
あきらめたなーと思っていたら、この後何ともう一羽がくぐりぬけたではありませんか。
ザボンッと潜るような音とともに橋の反対側から無事にでてきました。
さて、くぐれなかったもう一羽は相方が心配でしょうがないご様子です。


うろうろとして「おーい、大丈夫かー」と叫んでいるようです。
あまり聞かないような鳴き声が聞けました。

結局コクチョウも遠くに行ってしまっていたので何事もなくもう一羽は帰ってこれたのですがコブハクチョウの夫婦愛が見れたような気がしました。




加茂花菖蒲園では、現在、花菖蒲が見頃です、これから
6月15日くらいにかけて、最盛期を迎えます。

120100531.jpg

掛川花鳥園5/30ブログ

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ 加茂花菖蒲園 開園中!!!!
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

開花予想は以下のURLをご参考にしてください。
http://kamohanashobuen.blog61.fc2.com/blog-entry-113.html

カラフトフクロウ 


今日はまずこちらの動画から。
新種のフクロウ?
ブリキで作られたフクロウ?
そんな不思議な姿の鳥とは・・・。

120100602.jpg
正解はこちら、そうですカラフトフクロウです。
実は水浴び直後の姿でした。


420100602.jpg
普段は雪だるまのようにまん丸な姿が羽根が水に濡れてとってもとげとげしく見えます。
ご自慢のパラボラアンテナのような顔もこの状態では音をうまく集めることはできないでしょうね。

320100602.jpg
この水浴びはリラックスしたかったり、暑かったときにするようです。
もちろんこのカラフトフクロウ以外にも水浴びをしているフクロウたちもいます。
ひょっとするとまだまだ変身するフクロウたちもいるかもしれませんよ。
ご入園される際には長屋門のフクロウたちも必見ですね。




加茂花菖蒲園では、現在、花菖蒲が見頃に差し掛かってきており、これから
6月15日くらいにかけて、最盛期を迎えます。

120100531.jpg


掛川花鳥園5/30ブログ


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ 加茂花菖蒲園 開園中!!!!
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

開花予想は以下のURLをご参考にしてください。
http://kamohanashobuen.blog61.fc2.com/blog-entry-113.html

ふれあい温室に入ってから・・・ 

久しぶりにオニオオハシの幼鳥の様子です。
ふれあい温室に放してから数日がたつんですが・・・。
201006011O.jpg
ちょうど朝の早い時間に撮影したんですが、スタッフにも馴れた様子で
我が物顔で腕に乗ってきます。

201006012O.jpg
こうして手のひらの先を見ているのはエサがほしいからなのかな??
スタッフには遊んでほしいのかよく噛んでいるんですが、お客様に乗ると噛んでは
こないとか・・・。ちゃんと人物を認識しているんですね。

201006013O.jpg
もちろん他のスタッフが来てもこんな風に興味津々な様子です。
オオハシ『何してるのぉ??』
スタッフ『今は体重測定の結果を書いてるよ』

201006014O.jpg
今度は終わったころを見計らって、
オニオオハシ『終わった?終わった?』
なんてせかしているかのようにさらにスタッフの近くまで飛んでいました。
すっかりふれあいにもなれてきていますので、ふれあいを楽しんでみてくださいね。



加茂花菖蒲園では、現在、花菖蒲が見頃に差し掛かってきており、これから
6月15日くらいにかけて、最盛期を迎えます。

120100531.jpg



掛川花鳥園5/30ブログ


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ 加茂花菖蒲園 開園中!!!!
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

開花予想は以下のURLをご参考にしてください。
http://kamohanashobuen.blog61.fc2.com/blog-entry-113.html

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。