スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファルコンショーへの道 

1220100806.jpg
今日はこの大きな背中を追いかけてやってきました。
場所は熱帯鳥温室の展示室裏です。

120100806.jpg
実は飼育スタッフの岡野くんがファルコンショーで鷹匠としてデビューするために練習をするんだとか。
今日の練習のお相手はハリスホークのタカオくんです。

220100806.jpg
教えるのはショーでタカを飛ばしている岩崎さんです。
まずは展示室にハリスホークを迎えに行くところから、姿勢を低くしてタカが恐れないように近づきます。
実はこの写真の前に立ったままで入って行ったことで動揺したタカが暴れて足場から飛び立とうとしました。
もちろん足はひもがつながっていますので逃げ出すことは無いのですが暴れたことによってケガにつながりかねません。

320100806.jpg
420100806.jpg
今度は慎重にゆっくりと近づきます。
見慣れない顔にタカが動揺して翼をはばたかせます、片足は乗せたのですが暴れだしてしまいました。

520100806.jpg
展示室から出す練習はとりあえずここまで、岩崎さんがタカを外へ連れ出します。
タカを腕に乗せるので、ひもを外したりエサをあげたりと片手で器用にする必要があります。

620100806.jpg
さすが、岩崎さんの腕の上では安心していれるようですね。
しっかりと信頼関係が築けている証拠です。

720100806.jpg
今度は室内で飛ばす練習です。

820100806.jpg
岩崎さんの腕から岡野くんの腕に飛んできます。
これは見事に決まりました。

920100806.jpg
1020100806.jpg
腕に止まったら足についている紐をしっかりと握りなおします。
これをしっかりとしていないと強力な足と爪で怪我をさせられてしまいます。

今日は数回飛ばした程度なのですがまだまだ練習はこれからです。
1120100806.jpg
ハリスホーク「もっと自信持ちなよ、オカノー。これからも頼むぜー。」
と励まされる岡野くんでした。

これからこの練習は不定期で行われると思いますので見かけたら応援してあげてくださいね。



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。