スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黄金週間のペンギンの散歩は3回あります。 

今日は通常の土曜日という方、ゴールデンウィーク2日目という方、様々いらっしゃるんではないでしょうか。
今日は天気予報では最高に良い天気なる予報でしたが、ほとんどが曇り空で時には雨もパラつく1日でした。
当園では屋根つきの歩廊が温室や施設をつないでいるので天候を気にする必要はまったくありません。
急な雨で予定変更、なんてことは無いですのでぜひぜひフォーゲルパークに来てくださいね。

120110430.jpg
松江フォーゲルパークで人気のペンギンのお散歩の様子です。
毎日行なわれているイベントの一つです。
1日2回、10:30と14:00から約30分のショーとなっています。

ですが、5月8日まではもう1回多く、16:15からもお散歩をしています。
ちょっと遅めのご来園となっても見ることが出来ます。

さて、平日のペンギンのお散歩と違い、お客様の多い日はこの写真のように自然と花道ができます。
皆さんがカメラを構えてペンギンが通るのを待ちます。

220110430.jpg
私の前もぞろぞろとペンギン達が通り過ぎていきます。
ゴールデンウィーク仕様のハッピを着ています。

今度は広場に先回り、と思ったんですが・・・。
320110430.jpg
お客様の多さにペンギンを追い抜けず、普通に散歩の先頭を一緒に歩いてしまいました。
ペンギン達も一度も道草もなくグングン進んでいきます。

420110430.jpg
はい、広場に到着しました。

520110430.jpg
おとうさん、おかあさんがペンギンと子供が一緒に入るようにしながら撮影をしています。
始めは混むんですが、撮影が終わった方から下がっていきますのでちょっと待ってから撮影することをオススメします。
ペンギンは逃げたりしませんのでご安心下さい。

620110430.jpg
撮影会も終盤になって、ムサシ君が消えたーーーーー。
ハッピだけが残ってる、心配しているななみちゃん。
「ムサシ君どこ~??」

720110430.jpg
ハッピを脱いでお客様のところへ行っちゃっただけでした。
すぐに戻されて、
「ごめんちゃーい」
とムサシ。

820110430.jpg
「ふー、安心した。」
普段はおてんば娘のななみも今日ばっかりはしっかりと大人しくしてがんばっていましたよ。
こんな風にお散歩の合間合間にも楽しませてくれるペンギンの散歩も1回追加して
みなさまに楽しんでいただけるように、花も鳥もスタッフもみなさんのご来園をお待ちしておりまーーす!!

スポンサーサイト

GWに行くなら花と鳥の楽園 

今日からGW突入!!
っという方も多いんではないでしょうか?
そんな連休中にはぜひぜひ当園に遊びにきていただきたいんですが・・・。
この連休中には只今、花を水盤に浮かべた水盤アートをしています。
201104291S.jpg

201104292S.jpg
当園で育てた花を使っていてその種類も様々です。
ベゴニア、フクシア、ゼラニウムなどを使い、花だけではなくコリウスやレックスベゴニアの
葉も使いスタッフが思い思いに作成した一品です。

201104293S.jpg
こちらの水盤アートの展示は本日より5/5までを予定しております。
場所はセンターハウスのフクロウショー会場の手前にありますので、
足を止めて見てみてください。

201104294S.jpg
コリウスを使ってこんな子供の日にちなんだものもあります。
さて、丸い目にウロコをイメージしたものといえば・・・。
鯉のぼりです。
満開の花々にかわいい鳥たちが連休もお待ちしております!!

もう間もなく開園 

今週末から大型連休も始まります。
もちろん当園(松江フォーゲルパーク)も休まず営業しておりますので
ぜひぜひみなさん遊びに来てくださいね。

姉妹園でもある加茂花菖蒲園が4/29から開園します。
201104271S.jpg

加茂花菖蒲園2011年度開園期間
4月29日~6月末日
 4月22日記 花菖蒲園は4月29日から開園致します。今年は例年より気温が低い日が多かったため、花菖蒲の生育も遅く、はじめは花数も少ないです。

花菖蒲の見頃 5月下旬~6月中旬 
加茂花菖蒲園は、江戸時代中期に建てられた庄屋屋敷「加茂荘」の門前に広がる、全国有数の花菖蒲園です。杉の山を背景にした園内は昔ながらの山里の趣にあふれ、色とりどりに咲く花菖蒲が、きわめて日本的な風景をつくりあげています。

温室の中はすでに花いっぱいで、多くの花の吊り鉢の下で喫茶が楽しめるほか、当園で改良したアジサイ、花菖蒲がどが見られます。また庄屋屋敷 加茂荘も公開致します。

加茂花菖蒲園 近隣市町村優待割引のご案内 
期間 4月29日~6月末日
掛川市、袋井市、森町、菊川市、御前崎市、島田市にお住まいの方。
ご入園料無料
※ 個人でのご入園のみ。受付にて住所氏名のご記入と、免許証、保険証等のご提示をお願いします。

● この割引は、近隣市町村にお住まいの方であれば、本人とそのご同伴者の方も1名様まで無料にてご入園できるというものです。
● 例えば、島田市民の方が、愛知県にお住まいの友人3名を連れご来園された場合、島田市の方1名と、その友人の方も1名まで無料にてご入園できます。
● 近隣市町村にお住まいであることを証明する免許証、保険証等をご提示ください。


詳しくはHP、ブログ等ご覧下さい。
   ↓↓↓↓↓↓↓
加茂花菖蒲園HP

加茂花菖蒲園公式ブログ

ブルグマンシア 

120110426.jpg
フクロウショー会場のブルグマンシのチャールズ・グリマルディが満開です。
ブルグマンシアは花が一気に咲くので見ごたえがあります。
先月にはキュレブラが見事に咲いていました。→満開のキュレブラ

朝夕にこの満開のブルグマンシアの大木の脇を通ると、とてもあまーい匂いを放っています。

420110426.jpg
ブルグマンシアの花が咲く前(つぼみ)の状態です。
一見すると花のつぼみに見えないかもしれません。
これを下から覗いてみると…。

220110426.jpg
これがおもしろいんですよ。
まるで傘がしまってあるかのようにぐるぐるっと巻かれています。


320110426.jpg
徐々に開いてきてーー。


↓↓↓↓↓↓↓

520110426.jpg
そしてこんなに立派なお花を咲かせます。
まさにエンジェルストランペットですね。

お花の画像はいくらでも載せれるんですが、香りだけはお伝えできません。
ぜひとも直接このブルグマンシアのあまーい香りをかいでみてくださいね。

ホオジロカンムリヅルとシロクジャクの展示 

120110425h.jpg
今年のはじめに降った大雪によりケージが壊れたため、しばらく展示を見合わせていたホオジロカンムリヅルと
シロクジャクの展示が再開しました。
今日は天気も良いので変わらず元気な姿を見せてくれています。

220110425h.jpg
シロクジャクのペアです。
しばらくバックヤード生活が続いていたので、オスの尾羽はキレイでは無いですが短いながらも広げる時が
あります。
また、園内放送や車のエンジンを聞くとネコのような鳴き声を出す姿もみることができます。

320110425h.jpg
最後に、昨日は風も強かったのでホオジロカンムリヅルのご自慢の冠が面白いことになってたので撮ってみました。

420110425h.jpg
まず横からの強風にーーー、七三ならぬ、十零分けになってます。
目つきは鋭いのですがせっかくの冠が台無しです。

520110425h.jpg
そして顔の正面から強風を受けるとーーー。

620110425h.jpg
冠がたたまれてしまったようです。
風の影響をモロに受けるフワフワな冠なんですね。

それではみなさん、連休をお待ちしています。

お花と鳥に囲まれてゆっくり過ごして下さい。 

201104241S.jpg
熱帯鳥温室のウサギが気持ち良さそうにくつろいでいました。
天気の気持ちのいい日が続いて今週末から始まる連休には
絶好のお出かけ日和ではないでしょうか?
連休中ももちろん当園は営業しております。
鳥たちのショーも毎日やっていますので、改めて紹介したいと思います。

201104242S.jpg
大きなお口でダイナミックにお魚をキャッチする!!
ペリカンの餌付け
10:45〜 14:30〜

201104243S.jpg
季節に応じた衣装も着こなすかわいいペンギンのお散歩。
ペンギンのお散歩
10:30〜 14:00〜

201104244S.jpg
すぐ目の前を飛んでくるフクロウの迫力満点の飛行ショー
フクロウショー
11:00〜 15:00〜

201104245S.jpg
タカ、ハヤブサ、フクロウなどの様々な飛行ショー
ファルコン&フクロウ飛行ショー
13:30〜
と、上記のショーは毎日行っております。
当園に遊びにくるときにはショーの時間もチェックしてみてくださいね!!

※鳥の体調により予告無く中止になる場合もありますのでおご了承下さい。

松江・手打ち出雲そば 水車の不昧庵 その2 

昨日から紹介している、松江フォーゲルパークで食べることのできる本格手打ちそば・不昧庵のご紹介です。
蕎麦水車での作業を見学することができることをご紹介しましたが、今日はそばを打つ様子です。
820110422.jpg
水車でついたそば粉をこうしてつなぎをいっさい使わずに水だけでこねていきます。

720110422.jpg
こねた生地をのばし、切っていきお客さまの前にでてくるそばの完成です。
こうして手間暇かけできあがったお蕎麦をお楽しみいただけます。

920110422.jpg
蕎麦亭不昧庵の内部です。
建物は昔ながらの造りで、落ち着いた雰囲気の中で昔ながらのお蕎麦を堪能していただきます。

1020110422.jpg
畳の座敷もありますので、テーブルに座るよりも一層くつろぎながらお食事を
していただけます。

1120110422.jpg
お昼時にはこうして水鳥池を横目にゆったりとしたお食事の時間が楽しめます。

蕎麦亭不昧庵の代表的なメニューです。
520110422.jpg
掛篭(かけご)蕎麦 800円

620110422.jpg


本格 手打ちそばを食べるならぜひ松江フォーゲルパークの不昧庵にお越しください。

松江・手打ち出雲そば 水車の不昧庵 その1 

大型連休を前に何処へ遊びに行こうかとお考えの方が多いのでは無いでしょうか。

当園は花と鳥がメインなのでそれらの文言で検索しここへ辿りついた方もいらっしゃると思います。
ですが今日は松江フォーゲルパークのもう一つ自慢できるものがあるので紹介させていただきます。

その自慢とは、本格・手打ち出雲そばです。
120110422.jpg
「そば搗き水車」
当園ではこちらのそば挽き水車でそばの実を搗(つ)いています。
磨き、石抜き石臼、杵などの機構は奥出雲の櫻井家に江戸初期より伝わる水車小屋の再現です。

松江フォーゲルパークでは、出雲地方に伝わる伝統食に着目し 松江を訪れる皆様にご提供いたしております。

220110422.jpg
320110422.jpg
420110422.jpg
出雲そばとは 今から約二〇〇年前、享和三年(一八〇三)そば好きの松江藩主松平不昧公が奥出雲の
櫻井家を訪れた際のそばを参考としています。
そば粉は園内の水車で搗いた「つきぐるみ」で、黒い皮も除いてありません。石臼やローラーで挽いた粉にくらべ、しっとりと腰があり、昔の味を伝えます。

タイミングがよければスタッフが水車で作業しているところをご覧いただくこともできます。

蕎麦亭不昧庵の代表的なメニューです。
520110422.jpg
掛篭(かけご)蕎麦 800円

2120110422.jpg
出雲蕎麦 1,000円



620110422.jpg
薬味をのせ、濃いつゆを少しかけ、よく噛みしめていただくのが不昧公時代の食べ方でした。
江戸前そばのように薄いつゆをたっぷりとかけ、のど越しにすすりこむのとは大いに異なります。
また、そばを食べては大根汁を飲み、またそばをいただくのが不昧公の常であったと伝えられております。

本格 手打ちそばを食べるならぜひ松江フォーゲルパークの不昧庵にお越しください。

モモイロインコ 

120110420.jpg
モモイロインコは一度つがいになると一生続くそうです。
当園に暮らすモモイロインコも何組か仲が良いペアがいるのでつがいがいるんでしょうか。
密着度も他の鳥よりも多く、場所を取り合ってるのかな?と間違うくらい押しあっているときがあります。


こんな愛のアプローチも見せてくれましたよ。

220110420.jpg
あっという間に桜の時期は終わりましたが、桜色のモモイロインコは毎日仲良しで
皆様を迎えてくれますよ。

熱帯鳥温室に入ってすぐの展示室です。

コブハクチョウの準備 

201104191K.jpg
背中に日中の光が気持ちの季節になりました。
なんて日光浴中のコブハクチョウ・・・。

201104192K.jpg
ではなくて、なにやら木の枝をカジカジ・・・
ん?お腹でも空いているのかなぁ???なんて見ていると・・・。

201104193K.jpg
食べるわけもなくちぎっては地面に・・・。
ちぎっては地面にと繰返していました。

201104194K.jpg
と、ここで隣を覗いてみるともう一羽が落ちている木をヒョイヒョイと
拾いあげていました。

201104195K.jpg
この二羽は水鳥温室暮らしているペアなんですが、例年こうした巣作りの準備を
しているのですが、今年はどうなのかとちょっと気がかりです。
昨日のトキ同様にヒナの誕生に少し期待して様子をみていきたいところです。

こちらのトキも。 

120110418.jpg
さて、当園にいるのは真っ赤な羽色が特徴的なショウジョウトキです。
水鳥温室のショウジョウトキたちもここ最近は枝を拾ったり、木の上で巣をつくるための場所とり(?)
でしょうか、大変騒がしくしております。


同じトキでも巣作りの邪魔をしてくるハゲトキ、自分たちの巣づくりよりも他のトキの邪魔をするのが
好きなようです。
木の上の一番上が物件的に人気なようですね。

220110418.jpg
そういえばこの場所、以前に3つのペアがそれぞれ巣を作った優良物件でした。
今年も人気の場所になるんでしょね。

320110418.jpg
昨年はこんな感じに水鳥温室に入ってすぐ脇の木の上で何羽かヒナが誕生しています。
今年もショウジョウトキに頑張ってほしいです。

酒面鴈 

201104171S.jpg
水鳥温室のサカツラガンです。
今日も二羽仲良しな様子でいました。
一羽がまったりしていてもう一羽はなにやら土をほじっていました。

201104172S.jpg
(左)「何かみつかったぁ?」
(右)ホジホジ「なにもないよぉ~」

201104173S.jpg
ホジホジホジホジ
と、休んでいた一羽が何かみつけたようですよ。

201104174S.jpg
トコトコ歩いて何やら鳴きながら目的の場所に近づいていきました。
それにつられてもう一羽もなになに??っといった感じで後を追いかけていきました。
二羽が近づくその先には…??

201104175S.jpg
お客様でした。
初見だと鳴きながら近づいてくるので、怒られてる?なんて思ってしまいますが、
当のサカツラガン本人たちは「遊んで~」っといっているようですので安心して下さい。
こんなに近くに近づいてきてくれるサカツラガンはよく見ているととってもツボに
はまりますのでぜひぜひご覧いただきたいです。

今、オススメ 

201104161Z.jpg
フクロウショーに登場しているアフリカワシミミズクです。
今日はフクロウショー・・・ではなく・・・。

201104162Z.jpg
頭上に広がる吊り鉢のゼラニウムの花が見頃です。
このフクロウショー会場の頭上はこのようにゼラニウムが吊ってあります。
フクロウたちの迫力ある飛行に目がいってしまいますが、このゼラニウムも
ぜひぜひ見ていただきたいです。

201104163Z.jpg
201104164Z.jpg
頭上だけでなく鉢に植えた様々なゼラニウムも色とりどりの花を咲かせています。
サクラは散りましたが、園内の花々が満開ですので、ぜひぜひ足をお運びください。

201104165Z.jpg
暖かい陽気で白ふくろうにはちょっと暑くなってきたみたいですが、
鳥も花もみなさんをお待ちしております。

ちゃんと知ってるサカツラガン 


水鳥温室の池を行ったり来たりと何をしているのかなと見ていたら、どうやらオスのサカツラガンが寝ている場所に行きたいようです。
でもここから上がるにはちょっと岩が高いようですね。

120110415.jpg
何度かこの岩に挑戦していたら、近くで寝ていたコクチョウが怒って追いかけてきました。
他の鳥(カモ類)が近づいても知らない顔をしているコクチョウですが、うるさかったサカツラガンには
怒っちゃいました。

220110415.jpg
数分後・・・・。

いやいや、そこで寝なくても・・という状況に。

これにはサカツラガン(メス)も打つ手なしっ、かと思われましたが・・・。
サカツラガン(メス)は知っていました↓

この池は円になっているので、橋を2つくぐってぐるっと回ってくればコクチョウを回避できる上に岩が低い場所があるので簡単に陸にあがれます。
ようやく念願のオスの所へと帰って行けたのでした。


しかし、1時間後には一番上の動画と同じ状況になっているサカツラガン(メス)がいました。
はたして何がしたいのか?

ピカピカの一年生 

201104121P.jpg
今週から入学式を終えてピカピカの一年生、という人も多いのではないでしょうか?
そんなピカピカの一年生といえば小学生のランドセル…。
ランドセルといえば・・・。

201104122P.jpg
もちろん当園の人気者の・・・
お散歩ペンギンたちです。
このランドセルを背負ったペンギン達は~4/17までを予定しております。

201104123P.jpg
ランドセルのカラーも個々のフリッパーと同じ色ですので、
色を参考にしてペンギンたちの名前も覚えてあげてくださいね。

201104124P.jpg
お散歩の折り返し地点の広場に到着すると背中に背負ったはずの
ランドセルがいつのまにやらお腹になんてこともしばしばありますが、
かわいいランドセル姿をぜひぜひ見るならお早めに!!

ルリコンゴウインコ 

520110412r.jpg
ルリコンゴウインコのご自慢といえば、その鮮やかな羽色でもありますが、この長ーい尾羽も
ステキですよね。
長さは50cmくらいはあるでしょうか。

前回モモイロインコが尾羽の手入れをしていたのですが、もちろんルリコンゴウインコも
丁寧に手入れをします。

220110412r.jpg
パッと見はこの物体が一体どんな生き物なのか見失ってしまいそうですが、左方向に向いているのが
尾羽です。
やはり長い分お手入れが大変そうです。

これほど長いと周りを気にしないと・・・

320110412r.jpg
「コラー邪魔でしょー」
と隣でも手入れしてたんですね。

同じ部屋にいるべニコンゴウインコ同士は仲がいいんですが、このルリコンゴウインコ2羽はちょっと険悪ムードです。

420110412r.jpg
キレイにしてみんなをマッテルヨ!!

プカプカとコクチョウ 

201104111K.jpg
水の上で仲良くお休み中のコクチョウのペアです。
もちろん泳いでいるわけではなく浮いているので、若干流されながら一羽が
少しづつ流されていました。

201104112K.jpg
気の知れた相方なんで、多少近づきすぎても…。

201104113K.jpg
多少近づきすぎても…。

201104114K.jpg
気にはしませんよね←
上下にいたのがいつのまにやら横に二羽ならんでいました。
あまりに近づきすぎてた…と、いうよりはちょっと故意に近づいていっている
ようにも見えました。
人にたとえていうならば…。
ちょっと寝返りをした程度なんでしょうかね。
休みながらも仲良しなコクチョウペアの様子でした。

トキのルール / 芝生広場のサクラ 

120110410.jpg
水鳥温室を歩いていると、茂みの方からガサガサと音がします。
すると1羽のショウジョウトキが出てきました。

220110410.jpg
何をしているかと思えば、巣材になる枝を探していたようです。
道には葉っぱやら土やらが落っこちていたので何度か枝を取りに茂みを行ったり来たりしたんでしょう。

320110410.jpg
よくよく見ればまだ奥でガサガサと音がします。
この1羽だけでなく5羽くらいのショウジョウトキが茂みの奥にいました。

420110410.jpg
すると、もう一羽がやって来ました。
「お前、いい枝見つけたな。くれよ。」
「やだよー。」
と追っかけっこが始まりました。

トキのルールでは最後に持っていた者が所有者になるんですよね。
見つけたもん勝ち、ではなく奪ったもん勝ち、という厳しい自然のルールですね。

今年はヒナが誕生するんでしょうか。楽しみです。




520110410.jpg
芝生広場の桜は7~8分咲きといったところでしょうか。
昨年の猛暑で一度葉が全部落ちた影響か、ちょっと花芽が少ないかもしれません。

620110410.jpg
近くによると花が集まって咲いている枝もあり、とてもきれいです。
ぜひぜひ芝生広場でお花見をどうぞ。

マガンのはてな顔 

201104091G.jpg
水鳥温室で暮らしているマガンです。
ちょうど岩場でくつろいで一休みしていたところです。

201104092G.jpg
ちょうど首をかしげたみたいにこちらを見ていました。
鳥たちの首をかしげた様子ってかわいいんですよ。
こちらは横目からみてみたときなんですが…。

201104093G.jpg
今度は正面から撮ってみました。

201104094G.jpg
何してるの?
っと言わんばかりの首かしげた様子で、こちらを気にしていました。
ちょっとしたところですが、私的におすすめな様子ですので、ぜひぜひかわいい仕草も
見てあげてくださいね。

赤面 

201104051M.jpg
『モグモグモグモグ』
なんておいしそうにエサを食べているモモイロインコ…。
ではないんです。

201104052M.jpg
この日のモモイロインコはこのエサが入っている箱を一生懸命持ち上げようとしていました。

201104053M.jpg
『あっ、見ちゃいました??』
と、こちらと目が合いながらも一生懸命エサの箱を持ち上げようとしています。
よく見てみるとエサの箱に足をかけているので持ち上げようとしても無理なんです。
『…う~ん…重い箱だなぁ…』
と、本人は思っていそうだなぁっと覗いていると…。
201104054M.jpg
そんな様子を見かねたもう一羽のモモイロインコがアドバイスをくれるかのように…。



201104055M.jpg
『こっちの止まり木から持ち上げられるよ!?』
っとアドバイスしているかのように見えました。
それを教えてもらった一羽はちょっと恥ずかしいそうに赤面の表情です。
桃色の羽色なんでもともと赤面なんですがね(・_・)

若さゆえ・・・ 

120110406.jpg
昨年生まれたショウジョウトキの成長の様子です。
エサを持ってしゃがみこんで待ってると、トコトコと茂みからやってきてくれました。
大人のショウジョウトキが警戒心が強い分ちょっと遠くからやってきますが、若いショウジョウトキは
好奇心が勝るんでしょうか、どんどん近づいてきます。

220110406.jpg
胴体がうっすらと朱色になってきました。
翼の羽根はパラパラと赤い羽根がまじりはじめました。

320110406.jpg
420110406.jpg
色以外に大人と違う部分があるとすれば、後頭部辺りの羽がたてがみの様になっていることでしょうか。
正面から見るとちょこんと頭がソフトモヒカンになっています。

520110406.jpg
大人になると真っ赤でキレイな羽色になり、樹上に何羽もとまっていると花が咲いていると勘違いされる
お客様もいらっしゃいます。

気になるー 

220110405k.jpg
水鳥温室のガンの中でも仲良しなサカツラガンとカオジロガンです。
とはいっても一方的にサカツラガンの後を追いかけて一緒に泳いだり、くつろぐ時も
すぐ横に来ます。

今日みたいな良い天気の日には日向ぼっこが日課です。


寝たいのでしょうが、周りの音が気になる様子です。
目を開けずに周りをキョロキョロとちょっと変わった行動をしていました。
警戒心があるのかないのか、ちょっとおかしな感じですね。

320110405k.jpg
こんな風にじっとしてくつろいでいるようですが、ちょっとした行動も面白いですよ。
根気よくカメラを構えてみてくださいね。

小春日和 

201104041G
ここ数日は暖かな日が続いてすっかり春らしい季節になりました。
ちょうど天気が良かったので展望台から大山がキレイに見えていました。
外に出ると心地良い日差しでちょっとウトウトしちゃいますね。

201104042G
温室の鳥たちもそんな日を楽しむかのようにリラックスした様子でした。
こちらは仲良しペアのギンガオサイチョウのペアです。

201104043G
二羽寄り添って…。
ロイ(写真右側オス)のほうはリラックスしすぎてだらりとしていました。
体全体を木に持たれかけていてなんだかいつも以上にリラックス気分な様子でした。

201104044G
仲良しペアの膝枕ならぬ首枕でそんな温かな日を楽しんでいるようでした。
これからまだまだ春らしい陽気が続きますのでぜひぜひ当園に遊びにきてね!!

サクラ咲いたら一年生~ 

120110401.jpg
さあ、今日ご紹介はお散歩ペンギンの4月(4/1~4/17まで)の衣裳です。
春休みでたくさんの子供達がお散歩に参加してくれています。
今回はランドセルペンギンです。

220110401.jpg
思ったよりもズンズンと進んでいくペンギン達です。
前に回ってカメラを構えていても、あっという間に目の前まで来てしまいます。

320110401.jpg
広場に着くとペンギン達は大人しくポーズをとってくれます。
(まさひろは途中でランドセルが取れちゃったみたいですね。)

なかでも一番人気は画面手前で首をかしげてポーズをとっている、ななみです。

420110401.jpg
あまりのななみの人気に柵から出してみることにしました。
四方八方からのカメラにもななみは動じません。

520110401.jpg
最近は小さなお子様でも携帯のカメラを使って上手に撮影されます。
たくさん思い出写真を撮ってほしいですね。

620110401.jpg
私も皆さんに負けないようにパチリッとななみを撮影しました。
ピンクのランドセルが良く似合っていますね。


720110401.jpg
さて、時間になると今度はプールまで帰っていきます。
行きよりもお客様がちょっと減るので散歩風景を撮るなら帰り道がチャンスですよ。

ランドセルペンギンは4/17までを予定していますので是非見に来てくださいね。




駅長 

明日(4/3)は先週にも行なったペンギン1日駅長です。前回の様子→ペンギン駅長
201103272E.jpg
時間:9:30~11:30、13:00~15:00
場所:松江フォーゲルパーク駅内
ぜひともかわいい駅長さんに会いに来てね!!



以下富士花鳥園ブログ

みなさん助けてください!

富士花鳥園は危機的状況です。

201104021fuji.jpg
でも安心してください。先の富士宮を震源とする地震で建物や花や鳥が直接被害を
受けたわけでが無いんです。植物たちもみんな元気です。

201104022fuji.jpg

じゃあなぜ危機的状況かって?

201104023fuji.jpg

それは、地震報道などの影響で、観光的な気分でなくなりお客様が激減し、経営的に
危機的状況に陥っているんです。

201104024fuji.jpg

こんな時期だから当たり前だと言われれば、その通りですが、いずれ落ち着いてくれ
ば、心の安らぎやゆとりが必要とされる時期が来るはずで、そのときまでなんとか頑張
りたいと思っているのですが・・・

201104025fuji.jpg

今の状況が続くと存続自体が危ういんです。

我々も、震災の被害に遭われた方々になんとか手助けしたいと思っていますが、こ
んな実情で、身動きが取れません。

富士花鳥園では、富士山の美味しい水が汲めるので、水汲み場を設け無料で自由に持
ち帰って頂けるスペースを設けました。

201104026fuji.jpg

容器を調達し、来園者に配ることも考えましたが、今は容器自体が品不足で手に入り
ません。

201104027fuji.jpg
そこで提案ですが、来れられる余裕のある片は、富士花鳥園で癒されて貰うのと同時に、
容器を持って水を汲みに来て頂けないでしょうか?


富士花鳥園HP

お知らせ 

今日は4月に入りましたので営業時間の変更のお知らせです。
201104011O.jpg
4月~は開園時間が9:00~17:30に変更になりました。
最終入園時間は閉園の45分前までとなっております。
お間違えのないようお願いいたします。
※写真は一昨年の桜とタカの様子です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。