スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギンリョウソウ(銀竜草)またの名を・・・ 

120110513.jpg
昨日のファルコンショー会場のようすです。
雲ひとつない青空が広がりとても気持ちのいい日でした。
また、桜の木も葉に覆われてちょうどいいい日影を作っています。

220110513.jpg
オナガフクロウのそらもスタッフの声にとてもよく反応していました。
ちょっと風が強かったのであおられていましたが頑張って飛んでいました。

320110513.jpg
新緑が増えた分ファルコンたちが木に止まると一瞬見失います。
あら、何処かなっと思っているとビューンと飛んで出てきます。
なかなか面白いですよ。

420110513.jpg
こちらは芝生広場でショーをする場合に、ハヤブサが待機をするボックスです。
いわば楽屋でしょうか。

520110513.jpg
今日のブログの本題はここからなんです。
このハヤブサの待機ボックスのすぐ足もとになにかある、とバードスタッフ言われて覗きに来てみました。

620110513.jpg
何もなさそうに見えて何かある。
新緑と枯れ葉のなかに不自然な色がありますね。

720110513.jpg
ちょっと柵を越えて間近で見てみました。
正体はコチラ、ギンリョウソウ(銀竜草)という腐生植物でした。
先日まで結構な雨が降っていたのでこの辺にもいい湿りっ気があったんで急成長したんでしょうね。
小さいので見落としそうではありますが、この白さは目立ちます。

820110513.jpg
調べてみれば、ギンリョウソウモドキというのもあるそうですが開花の時期からこちらはギンリョウソウで間違いないと思われます。
大きいものは15cmくらいありました。
ギュウリョウソウはまたの名を「ユウレイタケ」というんだそうです。
確かにこの白さとウラメシヤーと腕をさげているようなシルエットは名にふさわしい気がします。
園内で珍しい植物に出会えました。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。