スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いまだけ見えるもの。 

120111117.jpg
みなさん、これなんだかわかりますか?

パッと見たところ、卵に光を当てて検卵しているんでしょうか?

すごい血管がみえますよね。
しっかりと生きている証拠ですよね

でもでも、それ当然です。
だってこれは卵の画像ではないんです。

実はこれ
↓↓↓↓

↓↓↓

↓↓




220111117.jpg
ギンガオサイチョウの若鳥のカブト部分でした。
大人になるとこのカブトも分厚くなり見ることができなくなります。
今だけ見れる特別な部分なんですね。

320111117.jpg
巣箱の中から出てきた直後はちょっと汚い感じでしたが、今では羽もクチバシもきれいになっています。

420111117.jpg
腕を出すと飛んできました。
飛ぶのは上手ですが、まだ足のつかむ力は弱いようで、ちょっと腕をまわすと落ちそうになる場面もありました。


520111117.jpg
首をなでるとうれしいのか羽が逆立ってきます。
もっと気持ちよくなると腕の上でゴローンと頭を横にするそうですよ。
この日はカメラが気になるのかしてくれませんでした。

620111117.jpg
そして、飼育スタッフの周藤さんの一番のオススメはこの長いマツゲだそうです。

そんな、ギンガオの若鳥の名前募集は11/30までです。
是非、いい名前を付けてあげてくださいね。

また、10:30から11:00の間は熱帯鳥温室でお披露目をしていますので近くで姿を見ていただけますよ。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。