スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギンガオサイチョウの若鳥の様子 

120111124g
フォーゲルパークの秘蔵っ子、ギンガオサイチョウの若鳥の様子です。
10:30頃にペンギンのお散歩が行なわれている広場にケージごと登場しました。
この広場ではこの鳥の名前募集もしていますのでしっかりとアピールもかねてます。

220111124g
ケージから出すと周りをキョロキョロと、でもとてもうれしそうです。
奥のほうにも似たようなギンガオサイチョウが映っていますが、これは名前募集のパネルについている等身大パネルです。

320111124g
飛ぶとなかなか迫力があります。
大きさもあるんですが、鳴き声をあげながら飛ぶのでちょっとビビります。

まだ慣れさせるために温室内で飛ばしていますが、こんな大きな鳥がショーで飛ぶようになると思うとワクワクします。

420111124g
ぬん!
さて、どこの部分を撮ったのでしょう?
足のツメのアップ?ではなくて、ノドを撮ってます。
どうしてかと言いますと、

520111124g
ポリポリッ
「気持ちいいーー!」
とノドをかいてあげると、とても喜ぶんです。

620111124g
そして気持ちいいのか、どんどん身体が反っていき・・・・・・

720111124g
どっどこまで反るのーーー!!とビックリするぐらい反ってます。
学校のスポーツテストの伏臥上体そらしでコレができたらヒーローになれますね(?)
まさに測定不能です。

ギンガオサイチョウの名前募集は明日11/30まで!!
熱帯鳥温室で応募してください!!

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。