スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ごろにゃーんとする鳥 

120120630.jpg
「久々登場だーい!!イエイ!!」
と出てきてくれたのはギンガオサイチョウの若鳥、クゥーです。
※撮影日は6/30
午前中にはこうやってバードスタッフに連れられて熱帯鳥温室内をお散歩している場合があります。
飛行も上手になり木から木へとビューンと飛んでいきます。
体格も大きいので結構迫力があります。

220120630.jpg
さて、飛行練習も終わり展示室に戻りかとおもいきや、立ち止まるバードスタッフ。
どうしたのかと尋ねたら、くぅーが日向ぼっこを始めたとのこと、明日から天気も悪そうなので
たっぷり日光を浴びるんだそうです。

320120630.jpg
大きくてきれいな翼をしています。


420120630.jpg
背中もパシャリ!
なんか酔っ払った人に肩を貸しているような画に見えませんか?

520120630.jpg
最後に、バードスタッフの手に頭を乗せて休んでいます。
骨休めって言葉がありますが、これはまさにカブト休めですね。

なんとも人に馴れていてかわいいギンガオサイチョウのクゥーでした。

スポンサーサイト

明日からは雨予報ですが。 

120120629.jpg
今日まではいい天気なんですが、明日からの天気予報は当分雨の予報です。
雨なんて一般的に嫌われることが多いですが、見方を変えれば雨だからこそある風情なんかも楽しめますよね。

フォーゲルパークは全部の温室が歩廊で連結されていますので、傘なしで楽しんでいただけます。

220120629.jpg
園内を一周すると色んなところでアジサイが咲いていました。
まずは、動く歩道脇。
青系のアジサイが多いです。

320120629.jpg
そば水車の上の滝があるところです。
写真ではわかりづらいかもしれませんが、結構大きなアジサイに育っています。

420120629.jpg
こちらはそば水車のすぐ脇です。
紫系のアジサイがたくさん咲いています。

520120629.jpg
そして、かもの家付近のアジサイです。

これらのアジサイが雨に濡れるとまた風情がありジメジメ梅雨も悪くないなーなんて思えちゃいます。

620120629.jpg
今日はクマバチもせっせと蜜を集めていましたが、明日からの雨で仕事になりませんね。

雨の日のフォーゲルパークにもぜひご来園くださいね。


暑い日には・・・ 

201206271W.jpg
今日の日中は暑い1日でしたので、毛を刈ってさっぱりしたひつじも
日陰に入ってご覧の様子です。

201206272W.jpg
もう1頭はといいますと木陰に入ってお休み中でした。
さすがに毛を刈って涼しくなったとはいっても日差しが強いと
ぐったりしちゃうんでしょうかね。

201206273W.jpg
こちらも木陰でお休み中なのは暗くてまったく見えませんが、ワラビー一家です。
もう少しよってみてみると・・・


すっかりとワラビーらしくなった(!?)ワラビーの赤ちゃんがお腹の中から
顔を出していました。ここまでくると早くお腹の中から出てピョンピョンと
飛び跳ねる光景が待ち遠しくなってくるんですが、もう少しかかりそうですね。

アカツクシガモの・・・ 

今日はタイトルの通り・・・・アカツクシガモの・・・・
201206241A.jpg
ヒナが誕生していました!!
ここ何年かはすっかり安定してヒナたちが誕生しています。

201206242A.jpg
この日は子供たちで水の上をひとしきり泳いでいたり・・・。
岩場で少しお休み中だったりと所せまして活動しているみたいです。

201206243A.jpg
このアカツクシガモのヒナは何度も見ているんですが、
いつ見てもかわいいです。
あっという間に成長してしまうので、名残惜しいですがそこがまたいいのかもしれませんね。

動画でも撮影しました。↓↓↓↓

このヒナたちのお団子状態は癒されますねぇ。
さて只今水鳥温室では他にもヒナが見られます

やぎが三頭 

201206231H.jpg
ヤギ母『どうも今日は新しい仲間を紹介したいと思います』
新しい仲間はこちら
↓↓↓↓↓↓

201206232H.jpg
こちらのやぎ!?
ではなくひつじです。
ひつじ「あ…ありのまま今起こった事を話すぜ!
   『俺は奴の前で座っていたと思ったら、いつの間にかこうなっていた』。
    な…何を言っているのかわからねーと思うが、
    俺も何をされたのかわからなかった…
    頭がどうにかなりそうだった…催眠術だとか超スピードだとか、
    そんなチャチなもんじゃあ断じてねえ。
    毛刈りそのものを味わったぜ…」


201206233H.jpg
ということで本日はひつじの毛刈りを行ないました。
当園では今までひつじがいなかったので、今回は
淡路島の『イングランドの丘』のスタッフに来て実演指導してもらいました。

以下毛刈りの工程

201206235H.jpg
まずはお腹から足にかけて刈っていき・・・。

201206234H.jpg
次に頭から胸までを刈って・・・。

201206236H.jpg
横にしてから左右の背中の半身を刈って・・・。

201206237H.jpg
ご覧のように見事なウール100%の完成です。

というわけで、生まれ変わったヤギ・・・・
ひつじをぜひぜひご覧下さい。

ちなみに、もう一頭のひつじは当園スタッフの北條が毛刈りを担当しました。
さて、その結果はぜひフォーゲル牧場でご確認ください。

シロクジャク親子 

120120622.jpg
さて、今日もちょっと涼しく良い天気な松江です。
動く歩道入り口のシロクジャク親子の様子です。

オスのクジャクの飾り羽もほとんど抜け落ち(あと2本)、ぱっとみたら大中小の白い鳥です。

220120622.jpg
奥側が子供のクジャクです。
まだちょっと体格は小さいものの、冠羽は立派です。

いまだオスかメスかはわかりませんが、オスだとしたらお父さんと一緒に羽を広げてとてもキレイなんでしょうね。

320120622.jpg
さて、飾り羽があと2本となったオスのシロクジャクの最近の行動といったら、ずっとホオジロカンムリヅルを追いかけています。
よっぽどこの子が気にいったのか、背の高い美人に夢中になっています。

420120622.jpg
ですが、明らかに警戒されています。
長ーい脚で「アチョーッ」と蹴られなきゃいいんですが。

子育てに参加しないシロクジャクのオスは自由気ままなもんですねー。

キムネチュウハシ 

台風が過ぎ去った後の松江はとてもいい天気になりました。
雲は多い感じはしますが、日差しが強く暑い1日でした。


220120620.jpg
今日はそんな暑い1日のキムネチュウハシの様子です。
全身の羽が濡れてるキムネチュウハシのオス、いつもよりやせて見えます。
尾羽を水につけたままの姿がかわいいんですよね。



実はメスも同じように水浴びしていた様子。
クチバシで羽繕いする姿が涼しそうでうらやましいですね。


120120620.jpg
羽が乾けばこんなにかわいい姿に戻ります。
熱帯鳥温室の展示室で待ってまーす。




寝ながら?泳ぎながら?? 

201206191P.jpg
ここは水鳥池横にあるペンギンプールです。
いつもはここに並んでいたペンギン達の姿は一体・・・!?

201206192P.jpg
『ここにいるよ~!!』
なんて叫んでいる??のは昨年末に生まれたペンギンです。
でもこのこだけなのと反対側を見てみると・・・。

201206193P.jpg
いました、いました。
実はこれすぐ真下の位置に固まっていたんです。
パッと一目見ると気が付きにくいですが、すぐ下を見てみたらいるのですこし安心。

201206194P.jpg
さて、先ほど泳いでいた子はといいますと・・・。
ご覧のようなかんじです。
っといっても一見ではわかりませんが、実はこれ・・・動画でみてみましょう。



目をつむって寝ながら?否、泳ぎながら寝て・・・
っとなんともリラックスしているみたいですねぇ。

最近少し変わった位置にいるペンギンたちを見逃さないように探してみてくださいね。

放鳥 

201206171M.jpg
ということで今日はこの子たちを放鳥??
かわいいマガモのヒナたちです。
こんなに小さいうちから放しちゃうの!?っと思った方すいません…。

201206172M.jpg
今回はこの子たちが大きくなった状態のこちらのカモです。
池に放す前にこうして足に印となるものをつけていざ水鳥池に!!

201206173M.jpg
もうすでに池にいた同じ釜の飯を食べていた仲間が待ってくれていました。

じつはこの子たちは以前水鳥温室でふれあいに登場していた子たちなんです。
こうして大きくなったので今度は水鳥池で暮らします。

201206174M.jpg
みんな仲良く一か所に固まっていました。
しばらくすると池の環境になれてくるので、ぜひぜひエサをあげて触れ合ってみてくださいね。

そして一枚目の写真のヒナたちもまたまた水鳥温室のふれあい要員となるそうなので
そちらもぜひぜひ楽しんでみてくださいね。

お引越し 

201206151Y.jpg
この子はヤギの親子のお兄ちゃんです。
いつも元気ななき声を聞かせてくれているんですが、
この日はちょっとかすれ声でした。

201206152Y.jpg
一体どうしたの??
っと辺りを見回してみると男の子一頭です。
残る妹とお母さんは一体どこに??

201206153Y.jpg
お母さんと妹はこちらのフォーゲル牧場にお引越ししていました。

201206154Y.jpg
このヤギたちはとても人なつっこく良く鳴いているんですが、
どうやら人に近くにいてもらいたいとのこと。

お兄ちゃんヤギは只今1人暮らしをはじめたので
ご来園の際にはぜひぜひ近くによってみてあげてくださいね。

そろそろかと… 

120120615n
フォーゲル牧場のふれあいで人気があるひつじなんですが、当園に来た頃より容姿に変化あったようです。

220120615n
ドジャーーーン!!
かなりモッコモコに!!

320120615n
カワイさがアップしていますが、これからの時期にはちょっと熱すぎるウール100%です。

ちなみに、ここの牧場に入った日はこんな感じでした↓
520120615n

420120615n
後ろ姿もこんなにまん丸です。

そこで、来週の土曜日(予定)に毛を刈ることになりました。
バードスタッフにとっては初体験と言うことで、外部からベテランの方に来ていただき習いながら
行なうようです。

テレビでは見たことあるんですが、滅多に見れるものではないので私も楽しみにしています。
まん丸のヒツジがどんな姿になるんでしょうかね。

ヒナ誕生。 

120120611.jpg
先日からお伝えしているトキ達の抱卵、どうやらヒナが誕生したようですよ。
特別天然記念物のトキの話題も最近はよくテレビで流れてますが、いうなれば同じ年に生まれた同学年といいましょうか、そんなヒナの鳴き声が録れました。


たまに「シュルルル」とか「キュルルル」と聞こえるのがヒナの鳴き声です。
ヒナはショウジョウトキのペアとアフリカクロトキのペアに誕生しているそうです。

高い木の上ですので簡単にはヒナを見れそうにないですが、親鳥は安心して子育てできていることでしょう。

220120611.jpg
こちらがオトナのアフリカクロトキです。
白と黒で地味な色をしていますが、腰のあたりの飾り羽が特徴的でちょっとオシャレです。
また首から上には羽がなく、黒い皮膚が露出しています。

幼鳥の時は頭も羽毛がありますので、そんな様子が録れたらいいんですが・・・。

とにかく無事に育ってほしいです。


ちょいデビュー?いや、まだ練習中! 

120120612.jpg
さて、問題!どこにアナホリフクロウがいるでしょうか?
といきたいところですが、実はカラッポの展示室です。
さてアナホリフクロウのみかんはどこに?

220120612.jpg
どうやら、何処かへ移動中の様子。
聞けば、今日のバードショーが雨で室内でのショーとなるのでアナホリフクロウの芸の練習風景をお客様の前で
見てもらうんだそうです。

練習自体はそこそこしているのですが、人前ではあまり経験がないそうなのでちょっと心配そうなバードスタッフです。

320120612.jpg
さて、どんな風にできたのでしょうか?
動画でご覧下さい。


420120612.jpg
芸はまだまだなんですが、何よりこの小さくてかわいい動きにお客様が喜んでくださいました。

520120612.jpg
最後は移動箱に戻っていくんですが、このとき頭をかくかくとまるでお辞儀をしているように見えるので
とてもかわいいです。

620120612.jpg
練習が終わり展示室に戻ったみかん、さて改めましてアナホリフクロウのみかんはどこにいるでしょう?

菖蒲 

201206091S.jpg
ここは当園のそば亭不昧庵で使っているそば粉を搗いている水車横です。
ちょうど時期的に今菖蒲が咲いてきれいだなぁっと思っていたんですが・・・。

201206092S.jpg
菖蒲といえばやはりこちらの加茂花菖蒲園
つい先日この菖蒲園に行ってきたんですが、今が見頃でぜひぜひ
ご覧になってみてほしいです。

201206093S.jpg
花の状況などもブログに紹介してますので、チェックしてみてくださいね。

いま放送中の氷菓の千反田えるのお家がこの菖蒲園の庄屋屋敷がモデルにされています。
ちょうど縁側に座ってお茶を飲むところなんかも好きな人にはいいかもしれません。
限定でえるが握ったのを模したおにぎりもお出ししておりますよ~。

やっぱりおもしろい水鳥温室 

連日、水鳥温室からの話題ですいません。
でも園内撮影をするために園内をまわっていてこの温室に入るとおもしろい鳥達がいっぱいいるんです。

彼らはのほほんと生活しているのかも知れませんが、見ていて楽しいです。

120120608.jpg
ということで、今日はインドガンの様子を観察!!
インドガンは白い頭に黒いラインが特徴的な鳥です。
世界で最も高く飛ぶ鳥ともいわれていますから、なんともパワフルな鳥ですよね。


そんなインドガンが鳥の羽(自分の?)を咥えていました。
その様子が、遊んでんのかな?→取れないのか?→取れた、良かったね→やっぱり遊んでたのかい!
という流れでおもしろかったんです。

お友達のマガンも心配そうに寄ってきてます。

220120608.jpg
インドガンはオスとメスで暮らしているんですが、なぜかマガンとペアになってます。
このインドガンがオスなのかメスなのかは知りませんが、残されたインドガンの立場がないですね・・・。

まだまだオモシロ鳥がたくさんいる水鳥温室、ぜひふれあい体験しつつ鳥の生活を見てあげてくださいね。




素材あつめ 

201206061B.jpg
水鳥温室に巣むピンク色のこの鳥といえば…

201206062B.jpg
はい、しゃもじのようなクチバシを持つベニヘラサギです。
この日はご覧のように小枝を集めていました。
さてこの小枝の利用方法はといいますと…。

201206063B.jpg
以前ご紹介しました通り温室入り口にこうしてトキ達が営巣しているんですが、
ベニヘラサギも…

201206064B.jpg
とはいかずこの温室では一羽だけなのでこのトキたちのようには
いかず恰好だけでもまねているんでしょうか??

とはただ今入り口には多くのトキたちの巣ができはじめていますので、
くれぐれもトキたちの【落し物(フン)】には気をつけてくださいね!!

行列のできるサカツラガン? 

320120605.jpg
自然に近い展示の水鳥温室で今日はこんなことがありました。



220120605.jpg
水鳥温室内でくつろぐサカツラガンのペアです。
池のふちで休憩中なんですが、実はこの時点で大問題が起きているんです。

しかし、その声はあまりにも小さくサカツラガンには聞こえません。
一体何が?↓


そうなんです。
アリの行列にサカツラガンが割り込んでしまってアリが大渋滞を起こしています。
ブログのタイトルが「行列のできるサカツラガン」なんて書きましたが、「行列の邪魔するサカツラガン」が
正しいのかも知れません。

アリの行列は、雨が来る前触れなんてのは聞いたことがありますが、温室内に雨は降らないですし・・・。
ともかく、アリにとっては災難でしたね。

120120605.jpg

自然の地形を生かしたつくりの園内では、歩廊や階段にこんな風にアリの行列が出来ていることがあります。
そんな時は、そっと避けてまたいであげてくださいね。

順番にやってきます。 

120120602p.jpg
暖かい日が続きますね。
こんな天気がつづくと外のペンギンプールに暮らすペンギン達を心配されるお客様がいます。

確かにペンギンといったら氷や雪が似合いますもんね。

当園のペンギンはケープペンギンという種類ですので暑さには強い方だそうです。

220120602p.jpg
それでもやっぱり心配されるのが、羽の抜けているペンギン。

一番左の子なんですが、ただ今換羽中なんです。
年に一回はどの子にもある換羽なんですが、個体差もあり今ぐらいになる子もいれば秋のはじめ頃に
やっと換羽する子もいます。

しっかり換羽を終えると一年間で黄ばんだ白い羽部分はとてもきれいな純白になります。

320120602p.jpg
もちろん、室内のペンギンプールの子たちも必ず換羽します。
そうなると、お散歩出来なくなるのが残念ですがうまい具合に個体差があるおかげで2羽同時に換羽ってことも
ありません。

換羽前にはエサの食べる量が増えてどんどん太っていくので、見た目で次はこの子が換羽するなというのが分かります。

ヒナと触れ合って! 

120120602.jpg
水鳥温室で写真に撮りたいナンバー1はやはり朱色がキレイなショウジョウトキでしょう。
巣作りしてない子がエサをもらいに橋の欄干にとまっているので、恰好の写真モデルになっています。
今日ご紹介するのはこちらのショウジョウトキではなく温室のちょうど真ん中にあるもの
なんです。


220120602.jpg
ちょうどそのあたりで人だかりができています。
寄ってみましょう。

320120602.jpg
マガモのヒナが展示されていました。
しかも、ふれあいOkということで、小さなお子様でも安心して触れ合っていただけます。

ご飯後のヒナ達は羽の手入れで忙しそうにクチバシを動かしていました。
頭をブンブン振るので写真で撮ると頭がぶれて撮れちゃいます。

420120602.jpg
こちらのふれあいコーナーは、ヒナがある程度成長するまでやっていますので、
横に書いてある注意事項を守って楽しくヒナたちとの触れ合いを楽しんでね!!

柵の間からこんにちわ 

201206011W.jpg
今日も今日とてワラビーの様子を紹介したいと思います。
この日は柵越しからお腹から顔を覗かせているのが見えました。

201206012W.jpg
じわじわとこちらのほうまできていたので、
今の赤ちゃんの様子がいられるなぁと思いながらこちらへ
くるのを待っていたんですが・・・

201206013W.jpg
寄ってきすぎて見れない・・・・

そんなときの為にちゃんと動画も撮っておきました。


生まれたて?のときよりも顔に毛がはえてきているようで、
うっすら茶色がかってきていました。
これからもう少しするとお腹から出てきてくっれる様子も見ることが
できるので親子で跳ぶ姿が今から待ち遠しいですね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。