スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京緑化フェア速報!! 

9/29日より開催の東京緑化フェアの様子が送られてきたのでこちらで紹介します。

120120930.jpg
220120930.jpg
夜に撮影したものです。
温室内に花がたくさん配置され、鬱蒼(うっそう)とした雰囲気を演出しています。

320120930.jpg
420120930.jpg
オープニングセレモニーが催されました。
この日はとても天気が良かったです。

520120930.jpg
温室外観です。
この温室のすぐそばには三鷹の森ジブリ美術館があります。
こちらもぜひぜひ行きたい場所ですね。

620120930.jpg
720120930.jpg
820120930.jpg
初日からたくさんの来客があったようです。
みなさん、このお花の温室を気に入ってもらえたでしょうかね。

920120930.jpg
各園からもスタッフがヘルプに駆けつけて運営しています。
お花やソフトクリーム、各園のお勧めのお土産なども販売しております。

1020120930.jpg
温室に空が融け込んでとっても素敵ですね。

第29回全国都市緑化フェアTOKYOは、都内6箇所のメイン会場を中心に、平成24年9月29日(土)から平成24年10月28日(日)までの30日間にわたり開催します。

詳しくはコチラ→http://greeneryfair-tokyo.jp/


スポンサーサイト

東京緑化フェア開催!! 

いよいよ本日9月29日(土)から、東京緑化フェアが東京都の6つの会場で開催されます。

東京緑化フェア メインサイトへ

当グループはそのなかでもメイン会場である、井の頭恩賜公園会場に広さ960㎡温室『花の庭~生命の館~』を建設し、これまでの当グループの長年の成果を展示紹介してゆきます。

120120929.jpg
この温室は広さ960㎡温室で、面積的にはこれまで当グループが建設したなかでは最も小型の展示温室です。しかし温室内の壁面に鏡が取り付けてあり、この鏡効果によって空間が際限なく広がっており、小さな温室ながら、無限の広がりのある空間となっています。

220120929.jpg
温室のコーナーは、相対する鏡が反射しあって、まるで万華鏡のような効果が得られています。


320120929.jpg
温室の外観

この温室は壁の半透明メッキガラスの鏡効果で周辺の森や芝生や、そして空の雲までを壁面に大きく映し出し、周辺の空間を拡大しています。「周辺空間の拡大効果」まで考えていなかったが、結果的にはその効果があり、「小さくても大きく見える温室」になったのです。

花鳥園は遠くにある大自然を近くに引き寄せ、身近に植物、鳥、魚などと楽しく接する機会を提供する施設です。この目的を達成させるには必ずしも10000㎡の大温室でなく、1000㎡程度でも達成でき、大都市に適する花鳥園が出来るかも知れない、と考え、都市緑化フェアに960㎡の圧縮花鳥園型小温室を出展し、専有面積は少なくてもリッチな内容を濃縮して盛り込むことになったのです。

私は1000㎡の小型花鳥園には「花レストラン」として良い空間だということをだいぶ前から考えていましたが、公園の中に、大きく見える施設としては意識しておらず、「小さすぎてインパクトに欠ける」と思っていました。しかし、今回のフェア温室ではその点が吹っ切れ、将来性を感じています。(社長談)

420120929.jpg
当グループとしては東日本初の進出となります。ぜひご来場いただき、小さくとも無限の広がりを見せる鏡の空間をご体験いただければ幸いです。



羽根の販売と・・・。 

020120927.jpg
熱帯鳥温室に設けられた鳥の羽販売所に新しいグッズ(?)が追加されました。

珍しい鳥の羽に加えて、またまた珍しいものが販売されます。

120120927.jpg
220120927.jpg
それは、コレ。
園内のひつじの毛です。言いかえると、ウール100%!!

今年の6月にスタッフが頑張って刈った羊の毛を、これまた頑張って洗浄等して今回の販売となりました。

ひつじの毛刈りの様子


320120927.jpg
こんな感じに触ってみることのできるサンプルも置いてあります。
お買い求めの参考にしてみてください。

420120927.jpg
基本的に使い方は自由ですが、袋に使用例として何個か書いてありますので参考にしてみては
いかがでしょうか?

2頭のヒツジからとれたものですので数に限りがございます。
お買い求めはお早めに〰。



★★★★★★★★★★★★お知らせ★★★★★★★★★★★★


第29回全国都市緑化フェアTOKYOに出展します!

第29回全国都市緑化フェアTOKYOは、都内6箇所のメイン会場を中心に、平成24年9月29日(土)から平成24年10月28日(日)までの30日間にわたり開催します。
詳しくはコチラ→http://greeneryfair-tokyo.jp/
加茂グループが出展する会場はコチラ→http://greeneryfair-tokyo.jp/spot/inokashira/post_66.html


520120927.jpg
2012年9月25日付東京新聞の朝刊にも花鳥園の写真が大きく使われた広告が使用されました。

コクチョウのヒナの頭の羽 

520120910.jpg
9/14に紹介したコクチョウのヒナ、灰色の羽にまばらに残るフワフワな産毛。
8日後の姿は・・・↓

120120923.jpg
220120923.jpg
頭のてっぺんにだけフワフワ羽が残っていました。
ちょっとホオジロカンムリヅルの冠羽にも見えてきました。



420120923.jpg
後ろに回ってみると、もっと大きな変化がありました。
コクチョウの特徴であるカールした羽がありました。

親鳥に守られてすくすくと元気に成長中のようです。

ホオジロカンムリヅルのヒナ便り 

120120921.jpg
今日のホオジロカンムリヅルのヒナの様子です。
卵からかえって約18日経ちました。

2羽とも順調に成長しています。
両親にしっかり守られているので飼育スタッフも安心して親鳥に任せています。

220120921.jpg
小さい翼もかわいいんですが、ずんぐりとしたお腹もかわいいですよね。
親のお腹と全然違います。

孵ってからすぐの頃の動画を載せてなかったのでこちらで見てみてください。
足が長いので間違ってヒナを踏んでしまわないかひやひやします。
↓  ↓  ↓

動く歩道入口の脇の鳥展示室 

120120918.jpg
シロクジャクやホオジロカンムリヅルが暮らす展示室に新しい仲間が入ってます。

その名もハッカン。
英名:Silver Pheasant

あまり聞きなれない鳥ですが、ぱっと見て分かると思うんですがキジ科の鳥です。

この子はまだ子供なので地味な色をしていますが、大人になると顔はきれいな真っ赤、
そして背中の翼はきれな白色、お腹の辺りが真っ黒い色になるそうです。

220120918.jpg
他の鳥達に比べても小さいのでこじんまりと生活していますが、人に馴れているのか
網越しに近づいてきます。

写真を撮ろうとしたら近すぎてこまりました。

320120918.jpg
今の顔です。
大人になるとすんごく真っ赤になってきれいだそうですよ。

420120918.jpg
尾羽です。
きれいな模様があります。
これも子供のうちだけなので見るのは今の内ですよ。

520120918.jpg
そして、スマートな脚です。
脚も大人になったらもうちょっと赤くなるようですよ。

なぜか脚をクロスしてモデル立ちなハッカン君でした。


ギンガオのクゥーちゃん 

120120912.jpg
黒い石畳かタイルが張られたようなこれ、何でしょう?

220120912.jpg
ギンガオサイチョウの脚でした。
モデルはクゥーちゃんです。

人に馴れているから展示室のガラスに近づくと向こうから近づいてきます。
でも望遠カメラで撮影にきているもんだから、こっちがガラスから離れないと撮れないはめに。
ですのでチョットガラスの反射がきつくてすいません。

320120912.jpg
もう一度脚のアップを。
今度は真正面から、なんともかっこいいですね。

恐竜を想像しちゃいます。

420120912.jpg
そしてサイチョウの一番の特徴、カブト。

どんどん立派に育って(?)いってます。
まだカブトの中の血管がよく見えます。

展示室のクゥーちゃんに会いに来てね。

ホオジロのヒナ、名前募集始めます。 

120120910.jpg
ホオジロカンムリヅルのヒナが溺れてるんじゃなくて泳いでるところです。
産毛も手伝って体も浮きやすそうです。

220120910.jpg
そろそろ陸にあがろうかな、と岩場を登るけどなかなかのぼれない。


320120910.jpg
すると、親が別の登りやすい岩場へ誘導してくれました。
ほっと一安心。

420120910.jpg
そんなホオジロカンムリヅルのヒナ2羽の名前募集を始めちゃいます。

期間は9/15から9/30まで、場所は水鳥温室の出口です。



さて、こちらもますます大きく成長中のコクチョウです。
お気に入りのこの岩の上も子供が寝ると親がどかないといけないくらいに大きく成長しています。

520120910.jpg


2012絵日記コンテスト 結果発表 

夏休み中のイベントとして7/14~8/31まで「子供絵日記コンテスト」開催しました。
予想以上に好評で、毎日たくさんの作品が応募されました。

どの作品もすばらしものばかりだったのですが、「感動賞」として10作品選ばせていただきました。

その10作品をこちらで紹介させていただきます。

1098.jpg


2098.jpg


3098.jpg


4098.jpg


5098.jpg


6098.jpg


7098.jpg


8098.jpg



9098.jpg


10098.jpg


どうでしたか、みなさんしっかりと時間をかけて書いてくれていました。
これらの作品を応募下さった方々には記念品を贈らせていただきます。

またこのほかにも10作品ほど「楽しい思い出を作ったで賞」ということで記念品を贈らせていただきました。

たくさんのご応募ありがとうございました。

今回の受賞作品他全ての作品は、10/6から開催される秋のイベント期間中に園内にて展示予定ですので
ぜひぜひご覧になってください。




色々と名前募集中〰! 

120120908.jpg
ブログでも何度か紹介していたギニアエボシドリの2羽の名前を募集いたします。
当園のエボシドリでは初めて自然繁殖に成功した子たちです。

写真の両端にいるのが子供です。
ぱっと見て大人と変わらないようにみえますが、まだ全体的に鮮やかな色に羽がなっていません。

ですが木の枝から枝へとピョンピョン俊敏に動き回っています。

220120908.jpg
そしてこちらは、ツキノワテリムクの子供です。

6月に誕生したテリムクです。
当園のテリムクの夫婦が初めて育てた子供です。もう立派にエサを取ることもできるんですが、お父さんやお母さんにおねだりしたりとまだまだ甘えん坊です。

320120908.jpg
そしてこちらは同じくツクノワテリムクなんですが、8月19日と20日が誕生日のまだまだ小さいヒナです。
しかも3兄弟、みんなとても元気に育っています。

ということで、全部で6羽の鳥達の名前を現在募集中であります!!

募集期間は9月23日(日)まで


記入用紙などは熱帯鳥温室に用意してあります。
園内のみで募集していますので、いい名前が思いついた方はぜひぜひご来園の上ご応募下さい。

ホオジロカンムリヅルにヒナが誕生しました。 

120120905.jpg
9月4日撮影
水鳥温室の一画にてホオジロカンムリヅルにヒナが誕生しました。
画像には卵が1個写ってますが、さてヒナは?

220120905.jpg
ここっ。
卵から孵って間もない頃です。
このあとヒナは岩陰へ逃げていきました。

320120905.jpg
9月6日撮影
5日にもう1羽誕生し、ヒナが2羽に!
近寄って撮影していのですが、子育て中のホオジロはとても凶暴になっているとか、
簡単には撮れそうにないので温室の外からガラス越しに撮影をするために移動・・・

420120905.jpg
ガラス越しに撮影。
親子が触れ合っている様子がよく見えます。

でも親の足が長いのでよくヒナたちが転ばされてました。

520120905.jpg
まだちっちゃい翼がまるで腰に手をやって「えっへん!」と威張っているようにも見えます。

620120905.jpg
もう一度温室内の遠くから撮影。

子育て中のホオジロカンムリヅルはとても気がたっているそうなのでバードスタッフも掃除やら餌やりにかなり
気を使うんだそうです。

皆様も温室で見かけた場合はちょっと距離を置いてご覧になってくださいね。

ななみファンに朗報!! でも・・・ 

120120904.jpg
先日お伝えしたななみの換羽情報からすばらく経ちましたが、どうやら無事に終えたらしく凛と立っているななみです。

一年で黄ばんでいた白い部分も、真っ白に復活して誰よりも白いです。

普通換羽後はボテっと太っているものなのですが、そんなこともなさそうですね・・・・
・・・
・・

って、ななみ、うしろっうしろっ。と80年代の突っ込みをしちゃいましたが、
次の換羽がはじまった子が写ってますよ。

220120904.jpg
ななみの換羽姿もおもしろかったのですが、これまた面白そうな羽の抜け方してますよ。

320120904.jpg
トコトコとカメラに写りやすい場所へ移動してくれましたよ。
胴体と背中は順調に羽が抜けたようですね。
首回りとフリッパーにまだたくさんの羽が残っています。

420120904.jpg
フリッパー部分のアップです。
ここでリングの色が分かりました、どうやら茶色のリングですのでムサシ君のようですね。
普段ペッタンコにしか見えないフリッパーですが、こんなにも羽が生えているんですね。

なんか磯でこんな感じにびっしりついてる貝を見たことがあります。

520120904.jpg
はい、それではお顔を撮らせていただきます。

「・・・・・」

機嫌が良い顔ではなさそうですね。
なんか寒い時期にほっかむりしてる家のおじいちゃんを思い出しました。

620120904.jpg
額に何本か羽が残っています。
これを見るとペンギンも鳥なんだなー気付かされます。

720120904.jpg
「もう十分撮ったでしょ!!、じゃあね!」

ということでムサイ君はしばらくお散歩は休憩のようです。

ガラス越しに遊んでくれるベニコンゴウインコ 

120120826.jpg
さて、そのまんまタイトル通りですいませんが、展示室のガラス越しのこちらを見ているのは
ベニコンゴウインコのエルモ&ベッキー(のどちらか)です。
先日も仲の良さっぷりを見せてくれていたんですが、今日はこちらに愛想をふりまいてくれましたよ。


からっからに乾いてるベロがなんともいえず私は好きなんですが、カメラに向かって大迫力のくちばしを
見せてくれました。

220120826.jpg
目の周りにちょこちょこと生えてる羽も刺繍のようでとてもキレイです。
是非間近で見てほしいです。

320120826.jpg
もう食べ終わったお食事パレットをがりがりっ、硬いものが大好きなベニたちです。
絶対にかまれたくないですねー。

420120826.jpg
くちばしの内側が気になったのでアップにしてみたら、すごいですね洗濯板か石臼にありそうな溝がついてます。
このぎざぎざのおかげで食べ物が滑ることなくしっかりつかめるんでしょうね。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。