スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京緑化フェア開催!! 

いよいよ本日9月29日(土)から、東京緑化フェアが東京都の6つの会場で開催されます。

東京緑化フェア メインサイトへ

当グループはそのなかでもメイン会場である、井の頭恩賜公園会場に広さ960㎡温室『花の庭~生命の館~』を建設し、これまでの当グループの長年の成果を展示紹介してゆきます。

120120929.jpg
この温室は広さ960㎡温室で、面積的にはこれまで当グループが建設したなかでは最も小型の展示温室です。しかし温室内の壁面に鏡が取り付けてあり、この鏡効果によって空間が際限なく広がっており、小さな温室ながら、無限の広がりのある空間となっています。

220120929.jpg
温室のコーナーは、相対する鏡が反射しあって、まるで万華鏡のような効果が得られています。


320120929.jpg
温室の外観

この温室は壁の半透明メッキガラスの鏡効果で周辺の森や芝生や、そして空の雲までを壁面に大きく映し出し、周辺の空間を拡大しています。「周辺空間の拡大効果」まで考えていなかったが、結果的にはその効果があり、「小さくても大きく見える温室」になったのです。

花鳥園は遠くにある大自然を近くに引き寄せ、身近に植物、鳥、魚などと楽しく接する機会を提供する施設です。この目的を達成させるには必ずしも10000㎡の大温室でなく、1000㎡程度でも達成でき、大都市に適する花鳥園が出来るかも知れない、と考え、都市緑化フェアに960㎡の圧縮花鳥園型小温室を出展し、専有面積は少なくてもリッチな内容を濃縮して盛り込むことになったのです。

私は1000㎡の小型花鳥園には「花レストラン」として良い空間だということをだいぶ前から考えていましたが、公園の中に、大きく見える施設としては意識しておらず、「小さすぎてインパクトに欠ける」と思っていました。しかし、今回のフェア温室ではその点が吹っ切れ、将来性を感じています。(社長談)

420120929.jpg
当グループとしては東日本初の進出となります。ぜひご来場いただき、小さくとも無限の広がりを見せる鏡の空間をご体験いただければ幸いです。



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。