スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホオジロに変化 

120130130.jpg
水鳥温室のホオジロカンムリヅルの若鳥です。

背中の羽に点々と模様があったので、これって前からあったっけ?と思いながら撮影。
多分もっと密集してた模様が、羽の成長とともに拡がってこんな風に見えたんだと思います。

220130130.jpg
もう1羽を見るともっとよく分かるかも。
背中の羽にドット柄ができてます。

で、この子を撮っていてある変化に気付きました。

さっきの子となんか違うんですよねーー、ではもう一度さっきのこを見てみましょう。

320130130.jpg
はい、1枚目の子の全身画像。
なにか違いに気付きましたか?

420130130.jpg
2枚目の子のおでこの羽に黒い羽が生えてます。
ちょっとした寅柄と言いましょうか。
たぶんこの子が先に生まれた方なんでしょう。


そういえば、大人はここが真っ黒な羽なんですよね。

さらに大人っぽくなっていくホオジロカンムリヅルでした。


スポンサーサイト

ギンガオサイチョウのクゥー 

120130126.jpg
当園産まれのギンガオサイチョウ、クゥーの近況報告です。

以前にも増してカブトが大きくなったように思います。
相変わらず人に馴れているのでガラス越しですが、近づいて来てくれます。

220130126.jpg
カブトは、まだ親のサイチョウに比べると薄そうに見えます。
光りが透けてますからね。

320130126.jpg
こちらはお父さんとお母さんサイチョウ。
こうやって親とカブトを見比べてみると、お母さんより大きくお父さんより小さいですよね。

ですが、りっぱなカブトですのでオスだと思われます。

お父さんに勝っている点もあります。
↓  ↓  ↓
420130126.jpg
まゆげ、とはまた違うんですがこの目の上の羽です。

お父さんは年のせいか、ちょっと元気のない羽の感じがするんですが、クゥーはシャキーーンと
いい羽持ってます。

動画でもどうぞ↓

何しているんだろう? 

120130122.jpg
コクチョウのヒナの様子です。
お客様がすぐ側に立っていても余り気にすることがないくらい人に馴れて育っています。
間近でヒナを観察してみてくださいね、かわいいですよ。


220130122.jpg
さらに奥の方では、親鳥にピッタリ寄り添ってはなれない2羽。
甘えているのかとおもいきや、そうでもなさそう。

もうちょっと寄って見てみよう。


なにしてるんでしょうね。

親の羽根をガジガジと言いますか、ずーっとこれやってます。別に食べているわけではないんでが。

親のすねかじりならぬ腰かじりですね。

まだまだ可愛い盛りですので、親鳥も気にしてる様子はぜんぜんありません。


コクチョウのヒナ 

120130118.jpg
コクチョウのヒナの様子です。
午前中にたくさん泳いだのか、今日は陸に上がって親子でくつろぎモードでした。

子供たちはみんなで集まって羽繕いをしています。

教わりもしないで本能でやっているんでしょうね。
上手に羽を手入れできたかな?

220130118.jpg
首をぐいっと曲げてお腹の羽をわしゃわしゃ、みんなであごをひいてやってますね。

まだ羽ではなく羽毛ですから手入れは簡単ですね。

320130118.jpg
「僕は背中も手入れできるんだよ!」

かわいいので動画でもどうぞ↓


こっちのヒナは? 

120130110.jpg
もはやヒナと呼ぶにはちょっと大きいホオジロカンムリヅルの子供たちです。
体格は親鳥とほぼ同格、羽根の色も白だったり茶色だったりと鮮やかになってきました。

220130110.jpg
顔はまだまだ幼さが残るって感じですね。

320130110.jpg
420130110.jpg
冠羽も立派なように見えますが、なにか物足りない。
うーん、なんでだろうとおもったら・・
そうか!横にまったくボリュームがないんですね。

立派な大人になると横にもボーリュームがあり、こんな感じに↓

520130110.jpg

コクチョウのヒナの様子 

120130109.jpg
コクチョウのヒナの様子を撮りに行ってきました。

お食事中のようです。
親鳥がわざとエサを水の上に落とすのでヒナたちはそれを食べていました。

220130109.jpg
泳ぐというより、勝手に浮いてるって感じですね。
ふわふわな羽毛が水をはじいてます。

320130109.jpg
さて、先日の5日生まれたのは全部で5羽のヒナです。
みんな丸々とした体型で、見分けは無理ですね。
でも性格が違ったりはあるんでしょうね。
たとえば写真に写りたがる子とか・・・1羽が完全にカメラ目線です。

420130109.jpg
ゴハンを食べて満足したので上陸~。

ヒナらしいシルエットが可愛らしいですね。

コクチョウ一家は、水鳥温室の出口側にいるので見てやって下さい。

コクチョウにヒナが誕生しました。 

120130106.jpg
昨年から卵を温めつづけていたコクチョウ夫婦。
昨日ようやく卵が孵化しました。

昨年も1羽を育て上げたこのカップル、今年は何羽誕生したかな?

220130106.jpg
バードスタッフの一報を受けてから撮影に向かったのですが、一向にヒナの姿が見えません。

どうやら、母鳥の羽の下に隠れているようです。

ちょっとだけヒナのふわふわな羽が見えてますね。

320130106.jpg
おっ、親鳥たちが立ちあがったぞー。

チャーンス!!とばかりにシャッターを切ります。

灰色の羽色したヒナが3羽見えました。
この撮影のあとにも2羽誕生して、計5羽のヒナがいるそうです。

親にしっかり守られて、元気に育ってほしいですね。

水鳥温室の出口側の島にいますのでよかったら、静かに見てみてくださいね。

正月気分が終わるのはまだ早い! 

みなさん、正月をいかがお過ごしでしょうか!

ここ松江は大雪が降ることも無く、穏やかな正月です。
穏やかではありますが、あっという間の今年3日目という感じではないでしょうか。

帰省ラッシュのニュースを見たと思ったらもうUターラッシュのニュースを見てるような気がします。

フォーゲルパークではまだまだ正月気分で行かせてもらいますよ。

ペンギンのお散歩〰お正月バージョン〰、は1月14日までを予定していますので当分お正月気分を味わってください。

520130101.jpg
今年は巳年ということもあり、ヘビをイメージして作った衣装です。

お散歩前ですが、一人お留守番をさせられるツバサちゃんはこお衣装が着たくてしょうがないようですよ。

620130101.jpg
先輩達は正月衣装を着てお散歩に出発です。
今年は巳年ですのでヘビがモチーフになっています。

2匹の蛇が尻尾をからませて、ペンギンの胸のあたりでベロを出しているデザインです。
ベロで「巳」の字をつくっているものや、「2013」となっているものもあります。

720130101.jpg
広場に着く直前にはペンギンが横一列にならんでお散歩していました。
仲良しですね。

820130101.jpg
紫のリングをつけているのでこの子はまさひろ君ですね。

ふかふかの生地でつくられたヘビがあったかそうで良いですね。

920130101.jpg
そして、この超マイペースな子は誰かな?
ななみちゃんのようです。

いつものようにスタッフの長くつを枕がわりにくつろいでいます。

こんな可愛いペンギン達に会いに来てね!!

新年明けましておめでとうございます。 

120130101.jpg

新年明けましておめでとうございます。

今年も松江フォーゲルパークをよろしくお願い致します。

早速、鏡餅みるぴーがあいさつしてくれました。

実際に会えるのは14:30からのワクワクふれあい広場にて、6日までとなっています。

かわいいですよー。

一緒にお写真をどうぞ!
220130101.jpg
そしてこちらが、センターハウスに突如現れた巨大ヘビのです。

昨年登場した植物オロチがとぐろを巻いていたんですが、このヘビはニョロロローとしっぽまでのばしています。

大きさは・・・是非来てみて体感ください。

超巨大な干支のオブジェと一緒にお写真をどうぞ!!


320130101.jpg
420130101.jpg
そして、こちらは分かりづらいんですが、餠まきの様子です。

今年初めての試みとして行ってみました。

たくさんのお客様に参加いただき、とても盛り上がったのではないでしょうか。

しかも、普通の餅まきと違い当たり付きなので、お餅ゲットしたついでにお菓子もらえたり福袋もらえたりと大盤振る舞いなお餅まきです。

しかもまだまだありますよー、明日と明後日もここ松江フォーゲルパークのセンターハウスにて11:30から行います。

昔なんかは家を建てるときに行われてたものですが、最近はなかなかこんな風なお餅まきもないですよね。

ぜひぜひ、ご家族連れでご参加ください。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。