スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バードグライダー飛ばし大会 

120140727.jpg
今日開催されたバードグライダー飛ばし大会の様子です。

ショーが終わったフクロウショー会場に沢山の参加者が集まりました。
参加条件はバードグライダー(100円)を買ってくれた人。
なので大人でも参加できます。

620140727.jpg
バードグライダーはこんな感じでフクロウショー会場とセンターハウスの入り口で販売しています。
大会へ参加したい方はこちらでお気に入りのグライダーをお買い求めください。

12種類も絵柄があるので迷っちゃいますね。
スタッフに相談すれば飛びやすいグライダーを教えてくれるかもしれませんよ。

220140727.jpg
みなさん大会前に入念に飛行チェック。

あまり力を入れて練習しすぎて本番前にグライダーを壊さないでくださいね。

320140727.jpg
420140727.jpg
大会は予選、敗者復活、決勝戦とあります。

大人の方が参加される場合はハンデとしてヒザをついた状態でやってもらいます。

520140727.jpg
白熱の大会を制した方には賞品と賞状をプレゼント!!

さて、これを見て参加したいと思ったかた、安心してください。
次回は8月3日に開催となっています。
1日2回、11:40からと15:40からとなっています。

是非たくさんのご参加お待ちしています。

720140727.jpg
この大会にともないフクロウ飛行ショー後の手乗せ体験は場所が少し移動しています。
飛行ショー会場のそばの幸せの椅子があるゾーンで行っていますのでよろしくお願い致します。

スポンサーサイト

ツキノワテリムク 

120140712.jpg
熱帯鳥温室に暮らすツキノワテリムクにヒナが産まれました。

バードスタッフが作った巣の中で孵化していたのですが、やっと出てきてくれたころには割と大きく成長していました。

ですがスタッフが苦心して作った巣で巣立ってくれたことにとてもうれしく、また次回はもっと多く繁殖出来るようにと手ごたえを感じたようです。

220140712.jpg
親鳥なみに大きいですが見た目は全然違います。
名前がテリムクというだけあって成鳥は照りがあります。
太陽の光が当たるとキラキラときれいなんです。

子供が目立っても危険にさらされるだけですので、この頃はこの地味さが大事なんでしょうね。

320140712.jpg
ガラス越しにこの若鳥を観察していると、餌を口にいっぱいくわえた親鳥が飛んできます。

巣立ってもまだまだかわいいんでしょうね。

420140712.jpg
私がガラス越しにずっと見ていると親鳥はこれ以上若鳥に近づきません。
こちらを警戒しているんでしょうね。
餌を与える瞬間を撮りたかったのですが、一向に与えません。

ちょっとこちらが陰に隠れた途端に若鳥がクチバシを大きく開けて親鳥から餌をもらっていました。


ガラス面より下に体を隠して、腕だけ伸ばして撮影してみたんですが・・、やっぱり撮ってるのばれてますね。お食事の邪魔をして失礼いたしましたー。

甘酸っぱい香り 

120140701.jpg
暑い日が続いているここ松江です。

動く歩道に乗っていると山の方からセミの鳴き声が聞こえてくるようになりました。
ですが不思議なことに展望台から水鳥温室への歩廊を歩いていると、全くセミの鳴き声はなくなり野鳥のさえずりが心地いです。

そしてこのヤマモモ。
良い香りに気付かされて木の上の方を見ると沢山の実が生っていました。

220140701.jpg
道路に落ちた実が車のタイヤに轢かれてますます良い香りを漂わせています。

甘酸っぱいいい匂いです。

320140701.jpg
さて、久々のショウジョウトキの様子です。

巣ができてから結構経っているんですがまだヒナの誕生報告はありません。
卵もまだかもしれません。

420140701.jpg
それぞれの巣がますますパワーアップしているように思えます。
準備は万端のようですね。

520140701.jpg
紅白のショウジョウトキのペアが作った巣は今はアフリカクロトキのペアが乗っ取っていました。

一番高い木の目立つ場所だったので競争率がとても激しい場所だったようです。

620140701.jpg
そして、追い出された紅白のペアは、ちょっと下の方の木にしっかりと新しい巣を作っていました。

ぜひぜひ子供が誕生してほしいですね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。