スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水鳥温室のコシベニペリカン 

120121219.jpg
毎日のようにチェックしたくなるホオジロカンムリヅルの若鳥の冠の育ち具合。
親とはまた違った質感の羽根の様に見えます。

イヤー今日も立派な冠を見せてもらったなーと水鳥温室を後にしようと出口付近まで歩いて行くと、
「あれっ、この鳥も冠があるのか?」という鳥に出会います。

220121219.jpg
モショモショと羽繕いをしているコシベニペリカンです。
頭の羽が長いので下を向くとリーゼント風になってます。


320121219.jpg
普通の状態に戻ると頭の羽はダラーンと下がってますね。
ちょっと王冠とはいかないですが、ドレッドヘアーのようなオシャレさがあります。

420121219.jpg
正面から見るとこんな感じです。
ウルトラの母みたい・・たとえが古いですかね・・。

当然頭の後ろはクチバシで手入れとか出来ませんから自然にまかせた髪型です。

520121219.jpg
後姿はまるで間欠泉からお湯が飛び出したか、路上で消火栓が破裂して水が飛び出したかのようなシルエットですね。

コシベニペリカンは、水鳥温室の出口付近の島にいることが多いですので注目して見てくださいね。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://vogelpark.blog47.fc2.com/tb.php/1640-26506238

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。