スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クロワシミミズク 

今日はクロワシミミズクの紹介です。
英名 : Verreaux’s Eagle Owl 学名 : Bubo lacteus 
生息地 : サハラ南からケープにかけて広く分布
名前を『コン』といいます。
こちらのフクロウも駐車場から入っていただいてすぐの
長屋門の展示室にいます。
今日はそんなコンの様子です。

11117A.jpg
大きな黒い目の上のピンク色のまぶたが特徴的なフクロウです。
体長は60cm~65cmとフクロウの中では大型です。

21117A.jpg
よくお客様で置物と勘違いされるぐらいフクロウ達昼間はあまり活動していません。
なんだかぬいぐるみみたいなんてこともよく耳にします。

31117A.jpg
カメラを構えているとゆ~っくりと足を上げていました。

41117A.jpg
ここで足のアップを一枚。
こんなかわいい顔をしていますが、やはり猛禽類ですのでとても鋭い爪です。
野生ではこの爪を使い野ウサギなどを捕食しています。
かわいい反面ハンターの内面をもっているんですね。

51117A.jpg
そうこうしている内にまたゆっくりと足を下ろしていました。

61117A.jpg
またボーっと遠くを見ていました。
そんなコンですが夕方になると前の止まり木に出てきて長屋門の門の向こうを
視線を遠くして眺めています。
そんな姿も又、愛くるしいのでまた見てみて下さいね。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://vogelpark.blog47.fc2.com/tb.php/216-f734779f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。