スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカワシミミズク 

今日は展示室にいるアメリカワシミミズクのご紹介です。
名前の通りアメリカ大陸に広く分布する大型のミミズクです。
砂漠や広葉樹林や針葉樹林の森林など様々な環境に生息しています。
足のつかむ力は強力で、野ウサギやガンなどを捕らえ、時にはシチメンチョウまでも
捕食することもあるようです。
夜間の低い『ホーッ』という声は数キロ先にまで聞こえるといわれています。
200901291A

写真を撮りにいくと耳をピーンっと立てて緊張状態です。
展示室にいるフクロウの中でも少し気の荒いフクロウのようです。
200901292A
ちょうど隣で物音がしたので二羽ともに左をむいて反応していました。
ちなみにこちらの二羽の愛称は『ザイル&モモ』という名前がついています。
当園に入られてすぐ両脇にいる展示室にまだまだ紹介していないフクロウたちもいるので
ぜひぜひご覧下さい。



今日はもう一つご紹介します。
歩廊で見かける野鳥を紹介します。
sirohara 2009121

シロハラ  スズメ目 ツグミ科
英名:pale Thrush     学名:Turdus pallidus

体長25cmでヒヨドリよりちょっと小さめ。日本では冬鳥で、フォーゲルパークでもこの冬の間によく見かけます。
地上をピョンピョンと跳ねて獲物をしています。冬はあまり鳴かないそうですが、たまに「キョッキョッ」と地鳴きするのが聞こえます。
こんな鳥も見られるかもしれませんよ。



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://vogelpark.blog47.fc2.com/tb.php/298-e6c937ce

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。