スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リビングストンエボシドリにヒナが誕生しました。 

2008.3.20リビングヒナ1

当園で孵化(ふか)するのは2度目になる、リビングストンエボシドリ。現在、孵化後7日目です。

昨年の7月に孵化したヒナは残念ながら生後9日目で落鳥しました。今回のヒナはがっしりとした体格なので元気に育ってほしいです。

2008.3.20リビングヒナ6

親鳥が卵をあたためなかったため、この孵卵器(ふらんき)で卵をあたためて人工孵化させました。

2008.3.20リビングヒナ5

産まれた後の卵の殻です。(右側) 卵の大きさは3.5cm×3cm

2008.3.20リビングヒナ3

食べ物は、バナナ・小松菜・リンゴをすりつぶしたものに、鳥のベビーフードを混ぜて与えます。

1日6回 7:00 9:00 11:00 13:00 15:00 17:00 と2時間おきに給餌します。

2008.3.20リビングヒナ4

おなかいっぱいにご飯を食べてスヤスヤと眠っています。

2008.3.20リビングヒナ2

大人になるとこんなにキレイな鳥になります。

パラダイスホールのふれあいコーナーでは、1カップ100円のエサをもっていると人懐っこいオオハシ・エボシドリが上記写真のように手や肩に乗ってきます。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://vogelpark.blog47.fc2.com/tb.php/3-2034467e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。