スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アカツクシガモのヒナ 

人工飼育しているアカツクシガモのヒナ、前回羽根の色が変わりつつあると紹介しましたが、あれからどうなったでしょう?

1200941.jpg
まずは翼部分のアップ。
大人の羽根と変わらないくらいに立派になってます。
もう産毛とういう感じではありませんね。
灰色の羽根が生えて、その先が茶色く変わりつつある様子が分かりますね。

2200941.jpg
そしてお顔のアップ。
太い羽根が産毛です。ヒゲみたいですよね。
この羽根が完全に抜け落ちる頃にはオス・メスの判別が可能になるそうです。

3200941.jpg
と言うことでアカツクシガモの3兄弟登場ー。
当然といえば当然ですが、みんな同じように羽根の生え変わり真っ最中です。
鳴き声はというとまだ「ピヨッピヨッ」とヒナのままでした。


↓ちなみに40日前はこんなヒナでした。
5200941.jpg
お互いが寄り添って暖をとってました。かわいいですね。

4200941.jpg
もちろん今でも仲良しな3羽です。
誰かが何かを発見すればみんなで見に行き、ビックリしたらみんなで逃げていきます。

ヒナの時期が短すぎて寂しいとおもいつつも成長もまたうれしいものですね。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://vogelpark.blog47.fc2.com/tb.php/367-de7225cf

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。