スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベゴニア移植作業公開 

今日は球根ベゴニアの移植作業の様子を紹介します。

5628.jpg
これは、球根ベゴニアの播種後約20日の様子です。
鉢の直径が6cmで一鉢に約200粒くらいまいてあります。

この小さい芽を、一つ一つピンセットで抜き取って・・・・・
6628.jpg
植え替えます。。。

この後も、成長に合わせて植え替えていきます。
展示できるような優秀な株は、播いた種の一割ほどでしょうか。
もったいないようですが、こんな厳しい選抜によって、いつも美しい花がみられるわけです。

2628.jpg


1628.jpg
この作業を花売店横で行っていると、お客様に囲まれました。
皆さん足を止めて覗き込んでいました。
なかなかこのような作業は普段はなかなか見られないもので、皆さん興味深々でした。

11628.jpg

10628.jpg

そして約6ヶ月後には、厳しい選抜で残った美しい花達が展示用として皆様のご来園をお待ちすることになります。

コメント

播いた種の1割くらいしか展示できないのですね。
そんなに厳しい選別をされているのは、
知りませんでした。
たくさん播かれても優秀な花は少ない
のですね。

水野さんへ

準平さん、いつもコメントありがとうございます。

華やかな花を、育てて展示する・・・
お客様に、「良い仕事ですね」と声をかけていただくことも多いのですが、実際には、9割の株を片付けていくという作業時間の方が多いので、いつも服には泥がついています。

少しずつ、良い花を増やせるように努力していますので、ぜひまた来てくださいね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://vogelpark.blog47.fc2.com/tb.php/38-38b2db1e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。