スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストレプトカーパス・サクソルム 

イワタバコ科
ストレプトカーパス サクソルム
Streptocarpus saxorum
原産地 ケニア、タンザニア
ストレプトカーパスは大きく二つに分けて無茎種、有茎種に分かれます。

200906112S.jpg
こちらのサクソルムは有茎種にあたり写真を見ていただくと、
字の通り、茎があるのが分かるかと思います。
この茎から花茎がでてきてその先端にツボミをつくり花がつきます。
サクソルムの葉は肉厚で無茎種と比べると小ぶりな葉です。

200906113S.jpg
サクソルムは、淡い紫色のスミレにちかい形で、
大きさ3cm程度の小ぶりな花を咲かせます。

200906114S.jpg
当園で見ていただけるサクソルムはこのような感じで
上に吊るしてあるのが主です。

ちなみに無茎種の花茎ってどこからでているの…っと疑問が生じますよね?
200906115S.jpg
こちらはロゼットタイプのカーパスです。
サクソルムと違い大きな葉ですね。
花茎がどこから伸びているんでしょうか・・・?

少しばかり鉢の中を覗き込んでみると・・・。

200906117S.jpg
葉の付け根のあたりから花茎が伸びてきて、
ちょど手前に見えるのが花のつぼみですね。
ついつい温室の花を全体的にみてしまい、個々の花を見ることを
忘れがちですが、こうして一つ一つゆっくり見ていくのもおもしろいかもしれませんよ。




コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://vogelpark.blog47.fc2.com/tb.php/449-48ec3fdd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。