スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木立性ベゴニア 

木立性ベゴニア
ベゴニアの仲間のうちもっとも種類が多く、名前の通りに「木」のように
育ちますが、実際には木ではなく草になります。
そんな木立性ベゴニアは以下の4つのタイプがあります。

矢竹型 あまり枝分かれせずまっすぐに伸びるタイプ。
シルフィ
200906121K.jpg
200906122K.jpg



叢生型 よく枝分かれして全体的にこんもりとしげります。
リッチモンデシス・プルプレア
200906123K.jpg
200906124K.jpg


つる性型 茎がつる状に伸びて下垂します。
Tiny Gem
タイニー・ジェム
200906125K.jpg
200906126K.jpg


多肉型 茎葉が多肉質になったもの。
B.ludwigii Irmsch
ルドゥウィギィ
原産地 エクアドル
200906127K.jpg
200906128K.jpg
写真を並べてみてみると木立ベゴニアの違いがなんとなく
わかっていただけたんではないでしょうか?
ぜひとも当園を訪れて木立性ベゴニアの違いを実際にみてみて下さいね。


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://vogelpark.blog47.fc2.com/tb.php/450-1557a724

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。