スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地湧金蓮花に花が咲きました 

12009722.jpg
22009722.jpg
植物スタッフが今年こそ花が咲きそうなんで撮っておいてと撮ったのが7月5日のこの↑画像です。
地湧金蓮花(ちゆうきんれんか)というバショウ科の植物です。
バショウ科の植物で有名なのはよく皆さんが耳にするバナナを思い描いて
いただくと葉の形などがよくにているのでピンときます。
別名はチャイニーズ・イエロー・バナナというそうです。
昨年は姉妹園の神戸花鳥園のブログでも紹介されていましたが、やっと当園も初の花が咲きました。↓
62009722.jpg
こちらが今日の状態です。。
仏炎苞(ぶつえんほう)と呼ばれる黄色い星状のものが花びらの役割をしているそうです。

72009722.jpg
真上から覗き込むとさらにキレイですね。
この花が300日以上も咲き続けるというのですが今後の状態が楽しみです。

52009722.jpg
こちらは花のアップ画像です。
古い花は茶色くなり枯れていくようですが次々に仏炎苞(ぶつえんほう)が開いていくので蜜の香りで虫が寄ってくるんだそうです。
私も匂ってみたのですが、そんなに香りは無かったように感じました。

地湧金蓮花の展示場所は、動く歩道の入り口付近ですのでどうぞこの珍しい花をご覧になってください。

コメント

種ができると面白いですね。

じゅんじさんへ

コメントありがとうございます。
地湧金蓮花の苗を姉妹園の掛川花鳥園から貰い受けてから2年たってやっと花がきました。初の試みでしたのでここからどうなるか私も楽しみです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://vogelpark.blog47.fc2.com/tb.php/496-67bcc6a2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。