スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パウレンシスその後 

以前ご紹介した根茎ベゴニア パウレンシス(Begonia paurensis)の
その後の様子を紹介したいと思います。
以前ご紹介した記事はこちら→ひっつき虫
以前はひっつき虫(オモナミ)っということで紹介したんですが、花の蕾の状態が
オモナミにそっくりだったのですがそのそっくりな形から変化がありました。
200909011P.jpg
あれだけあった蕾のトゲトゲが花の表面からあまりみることができなくなり、
花の付け根のほうに集まってきているように見えます。

200909012P.jpg
こちらはまだ出てきてすぐの蕾なんですが、蕾の表面にびっしりと
いうのが見てすぐ分かるかと思います。

あまりこのように一つの植物を日においてじっくりと観察する機会があまり
なかったのですが、こうして何度か気にしてみていると植物一つ一つの変化も
またとてもおもしろく感じます。

200909011P.jpg
ここまで写真を撮りながら観察していたのでしっかりと蕾が花開くその様子も
お伝えできればなぁと思います。
どうぞ次回も楽しみお待ちいただければと思います。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://vogelpark.blog47.fc2.com/tb.php/547-31e86886

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。