スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フクロウショー会場の・・・ 

今日はまず初めにゴリちゃんの落鳥に伴いまして、多くのお客様より沢山の追悼の
コメントをいただきましてお礼を申し上げたいと思います。
ゴリちゃんもきっと皆様からのコメントに対してよろこんでいると思います。
200909285B.jpg
ゴリちゃんに代わりまして今日こちらのブログよりお礼申し上げます。



200909281B.jpg
今日紹介するのはフクロウショーではなく、フクロウショー会場にある
大きな植物を紹介したいと思います。

200909282B.jpg
ブルグマンシア ヴァイセス コルネット
Brugmansia  ‘Weisses Kornett’

ブルグマンシアは、ナス科ブルグマンシア属の低木または高木です。
主に熱帯アメリカが原産で花を下向きにして咲かせます。
近縁の植物にダチュラと呼ばれるものもありますが、
これはインドが原産で一年草です。花も上向きに咲かせ、
ブルグマンシアとは別物として扱われています。
ブルグマンシアは、そのエキゾチックで華やかな大輪の花が人気で、
夕方になると甘い香りが漂います。

200909283B.jpg
園芸品種でエンジェルストランペットともよばれております。
花の形をみているとトランペットなんて名前で呼ばれているのもうなずけます。

200909284B.jpg
ショーの最中の主役はフクロウたちなんですが、こうして会場を覗いてみると
大きな存在感で甘い香りとともにご覧いただけます。
元気に飛び交うフクロウたちもいいですが、このブルグマンシアもぜひとも
じっくりとご覧いただきたいです。
又、ショー会場だけでなく熱帯鳥温室内にも展示してありますので、
そちらもご覧になってみてくださいね。



 

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://vogelpark.blog47.fc2.com/tb.php/579-cfa533b0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。