スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とても神秘的です。 

120091202.jpg
これは今日の朝9時に展望台から撮った画像です。
この時期になると晴れの日の朝は放射冷却現象で松江市とその周辺は濃い霧に覆われることがあります。
画像の右側が宍道湖なんですが、完全に霧に覆われて見ることができません。

ですが太陽が昇るに連れ大地のある部分から霧が晴れていきます。
220091202.jpg
朝一でご来園の団体のお客様もこの状況を一緒に眺めていただきました。
段々と展望台の周りの霧がなくなり、そのうち宍道湖の上には霧が大きな雲海をつくります。

320091202.jpg
南側の窓から宍道湖を見ると対岸の山の頭しか見えていません。
まるでこの大地が天空にあるかのように錯覚させる光景です。

420091202.jpg
一方、北側の窓から園の全体を眺めるとすっかり霧は晴れて紅葉に染まる山々がとてもきれいに見えます。


520091202.jpg
620091202.jpg
今度は12時くらいに展望台から撮ってみました。
宍道湖の対岸は霞んでいましたが朝のような雲海はまったくなくなっています。
北側はきれいな青空が広がり、山々の紅葉がより濃く見えました。

9:00からの30分間くらいはとても神秘的な光景を眺めることが出来るくにびき展望台です。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://vogelpark.blog47.fc2.com/tb.php/653-5e130759

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。