スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬の水鳥池 

120091207k.jpg
朝一番に水鳥池の様子を撮って来ました。
鳥たちはエサをくれる人がまだいない時間帯に行くと広い池に全体的に散らばって過ごしています。
そこへエサをばら撒くと、激しい水音を立てて寄ってきてくれます。

さて、私のエサ撒きに集まってきてくれた鳥の中にどれくらい当園に所属の鳥達がいるのか赤い丸をつけてみました。
320091207k.jpg
すると、こんな感じでした。
渡り鳥が断然多いですね。頭が鮮やかな茶色のホシハジロと白と黒のコントラストが
かわいいキンクロハジロがほとんどです。
当園の鳥は、コブハクチョウ、コクチョウ、マガモ、アイガモ、アカツクシガモが写っています。

220091207k.jpg
10月の初め頃からやってきているキンクロハジロのオスの羽色もよりオスらしくなりました。
今は白と黒の羽の境がはっきりとしてますが、来た当初はメスと間違えてしまいそうなくらいの羽色でした。

お客様からたくさんエサをもらって成長してきたんですね。
ここでお知らせが、只今水鳥池では渡り鳥もたくさん加わり大賑わいということで、
通常ふれあい1カップ100円が冬季限定で2カップ100円となっています。(水鳥池に設置してあるかもえさに限ります。)
と言うことは、いつもの2倍はふれあい体験が出来るということですね。
ブワーッと1カップ一気に撒いてもいいですし、お気に入りの鳥を見つけてその子だけに一粒づつあげてもいいですよ。

ぜひ、この機会にたくさんのふれあい体験をしてください。

コメント

マガモは渡ってきていないんですね。
カルガモは日本の留鳥ですが、そちらにお邪魔(でもないか)してることはあるのでしょうか.

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://vogelpark.blog47.fc2.com/tb.php/658-e8276ed1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。