スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エンジェルストランペット新品種?脱力系 

今回はチョット変わったエンジェルストランペットを紹介したいと思います。
いきなりですが、花の交配してみたことありますか?
意外と目指した品種と違った植物が出来たりして面白いですよ。


エクアドルピンク

Brugmansia'Ecuador Pink'

みなさんエンジェルストランペットって言ったら普通は、上の写真をイメージしますよね。
花の先が太陽に向かっていて、いかにも元気って感じがしませんか?
交配していると中には元気のないように見える花や思惑と違った品種もできたりします。


カクテル ドレス(父)

Brugmansia’Cocktail Dress'

たとえば、この品種は2002年に交配してできました。
自慢じゃないけど、フォーゲルパークオリジナルの
日本初のピンク系八重咲きのエンジェルストランペットです。
実はこの品種の親は白花系で父は元気のないような形の八重咲きで、母は元気な形の大輪
本来目指すは白花の元気な大輪八重咲きでしたが、見てのとおりで、
なぜか生まれてきたのはちょっと元気のないピンクの八重咲き品種
一応、理由はあるけれど長くなるので・・・

たとえば、母を一枚目のエクアドルピンクに父を二枚目のカクテルドレスにして交配したらどうなると思います。


カクテルドレス(父)×エクアドルピンク

それがなぜだかこの品種、ピンクに白いマーブルの模様の品種
まさに脱力系エンジェルストランペット!・・・これでも開花2日目!
予定では、ピンクの色の八重咲きで父にはない元気良さの品種のはずなのに・・・
生まれてきた品種は花色も形も異端児
花は汚らしく、形は水切れしたような品種でまだ展示するには至らないけど、花色が面白いから
いつかは展示したい品種

みなさんもご家庭の植物でやってみませんか?
まれに、このような品種が出来たりするので交配は面白いですよ
もしかしたら、私みたいにやめられなくなるかも。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://vogelpark.blog47.fc2.com/tb.php/674-d732e1f4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。