スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツクシガモの成長/万博の様子 

120100506.jpg
GW中はたくさんのお客様に出会いますます人に馴れたツクシガモのヒナたちです。
6羽とも順調に成長しています。それぞれ性格も出てきているようで、わんぱくな子や大人しい子など様々です。

220100506.jpg
子供達だけの写真だと分からないかと思いますが、大人と並ぶとその成長ぶりがうかがえます。


水鳥温室内の池の中を家族みんなで泳いでまわっています。
子供6羽と親2羽で泳いでいく姿はさながら大艦隊のようで、他の鳥ちたも避けていきます。
コブハクチョウのそばを通るときはこっちがヒヤヒヤします。
ですがコブハクチョウは気にしていない様子です。(コクチョウが来たときはすごい勢いで追っ払いますが。)

可愛い盛りのツクシガモのヒナを見に来てくださいね。



最新の上海万博での花鳥園グループの展示をご紹介いたします。
1.jpg

今回の撮影は、当グループ社長の加茂元照によるものです。

上は、当グループが頭上の花の吊り鉢で協賛した、上海万博 生命陽光館の内部です。

2.jpg
生命陽光館は、万博史上初の障害者館ということで、障害者福祉に関する様々なテーマ、製造品が展示紹介されています。写真は障害者協会、副主席の呂氏(右)

3.jpg
階段を上がり降りできる車椅子。すごいですね!

4.jpg
館内のいたるところの頭上は花で覆われています。全くの人工空間、人工の照明によって、自然光線以上に植物がみごとに成育し、花を咲かせています。

5]
上の写真の白いピアノでは、盲人のかたのピアノ演奏も行われます。

6.jpg
頭上に吊ってある吊り鉢は、側面からみると、このように高低さを付けて吊られており、これによって鬱蒼とした感じをさらに演出することができます。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://vogelpark.blog47.fc2.com/tb.php/820-c0d615e8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。