スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水鳥池にペリカンを放鳥 

120100723.jpg
今日は、水鳥池に新たに放鳥されるペリカンの様子をお伝えします。
検疫を終えたモモイロペリカン4羽とコシベニペリカン4羽が放されます。

1120100723.jpg
カモ類の移動と違い体格の大きなペリカンの移動はなかなか大変そうです。
飼育スタッフの五味川さんと石倉さんが手際良く移動ケージにペリカンを入れていきます。

220100723.jpg
移動ケージに入ると意外にも大人しくしています。
ちょっと狭いですが少々ガマンしてもらいます。

320100723.jpg
水鳥池に到着しました。
放鳥の前に体重を測ります。コシベニペリカンは約4㎏、モモイロペリカンは約8㎏ありました。
やっぱりモモイロペリカンは大きいですね、コシベニの倍も体重があります。

420100723.jpg
まずはコシベニペリカンを放します
五味川さんがよいしょと持ち上げて池に放しました。

520100723.jpg
広ーい池に戸惑いつつも泳いでいきます。
羽根をあげている感じがバイバイしているみたいですね。

620100723.jpg
すると・・・コクチョウとハクチョウが集まってきました。
新人に対して怒っているのかと思いきや、五味川さんがエサをくれるんじゃないかと集まっているようです。

720100723.jpg
ですがこんな大群で来られれば体の大きなペリカンでもビビっちゃいますよね。
引き返して奥の方に逃げて行きました。

820100723.jpg
そして最後はモモイロペリカンです。
肩乗りペリカンのゴリちゃんのように肩に乗らないかなーと嬉しそうな五味川さんです。

920100723.jpg
着水後はあっという間に奥の方へと泳いで行きました。

1020100723.jpg
もともとこの池には9羽のペリカンが暮らしていましたが、今回8羽加わりさらににぎやかになりそうです。しばらくは餌づけに慣れるまで寄ってきそうにはありませんが、頭のいい鳥ですのですぐに慣れると思います。
ダイナミックな餌づけをぜひご覧ください。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://vogelpark.blog47.fc2.com/tb.php/904-69ad87c4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。