スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショウジョウトキのふれあい 

120100910.jpg
水鳥温室のふれあいと言ったら、やっぱりこの鮮やかな羽色のショウジョウトキですよね。
この温室内では数が一番多いのでエサを持つと真っ先に飛んできてくれます。

このクチバシの形状から、つつかれたら痛そう、なんて敬遠されるお客様もいらっしゃいますが
全然痛くありません。箸で手のひらのエサをつまんでいる感覚です。

220100910.jpg
さて、そんなショウジョウトキとのふれあいですが、ひとつ注意していただきたいことがあります。
こんな風にエサを売っている台の上または箱の上にショウジョウトキが乗っていたら、その子には
エサをあげないでください。
ここに乗ることが癖になると色々問題がありまして・・・。

320100910.jpg
エサ箱のフタにショウジョウトキが乗ってるとフタが開けれないことと、フンをしてこれまたフタが開けれない
なんてことになっちゃいます。

快適なふれあい体験をしていただくためにもぜひご協力をお願いいたします。

420100910.jpg
広い場所でエサをあげていただくとトキ以外にもカモ類も寄ってきてくれるので、より楽しくふれあい体験ができますよ。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://vogelpark.blog47.fc2.com/tb.php/959-963dd85f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。